fc2ブログ
ソウルマン

「アバターとは「ロボット化された奴隷人間」のことを指しているんですよ」byソウルマン

「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!㊳」


なんか嫌になってきますね。
狂った世界であるにもかかわらず、周囲は世界が狂っていることに気づいておらず、狂った世界政府の狂った指示を疑うことなく受け入れている。
「この世界は狂っているんだ!」と心の中で叫んでも、誰にも理解されない。
「この世界は狂っている」という真実を口に出そうとすれば、逆に「狂っているのはお前の方だ」とみなされてしまう。
そうなるのが怖くて、狂った世界に気づいているにもかかわらず、狂った世界政府の指示を受入れてしまう。

とりあえずマスクをしておこう。(マスクは全く意味がないどころか免疫を下げてしまう存在であることを知っているにもかかわらず)

このような「実は知っている少数派」が、けっこういるんじゃないのだろうか。
いくら自分が真実を理解していると言っても、所詮少数派であるため多数派の行動に合わさざるを得ないという“もどかしい想い”を抱いているのではないのだろうか。

そのような「実は知っている少数派」が心配しているのはこのことだろう。

はい、「ワクチンの強制接種がされたらどうしよう」という心配である。
心配どころかワクチンの到来を待ちわびているコロナ脳の方は論外である。
オーストラリアでは首相がワクチン接種の義務化を呼びかけたようである。



https://nichigopress.jp/ausnews/businessnews/199977/
コロナウイルス・ワクチン接種国民全員に義務化も
2020年8月19日

モリソン連邦政権、オクスフォード大学ワクチン契約

 8月19日、スコット・モリソン連邦政府は、コロナウイルス・ワクチン開発を進めているオクスフォード大学とAstraZeneca社からの供給や豪国内メーカーでのライセンス製造などの話し合いを進めていると発表した。
 ABC放送(電子版)が伝えた。

 オーストラリア国内でもQLD大学でワクチンの開発が進められており、政府はどちらが先に完成しても利用できる体制を取っており、ワクチンを全国民に無料で提供するだけでなく、医学的にワクチンを受けられない人を除いてすべての人に義務化することを検討している。

 モリソン連邦首相は、「人口の95%に接種することを目標としている。このパンデミックは世界経済を破綻に追いやり、世界で何十万人もの生命を奪ってきた。オーストラリアだけでも430人以上の人が亡くなっている」と語った。

 さらに、「イギリスの大学と企業との契約により、オクスフォード大学でワクチンが完成すれば、オーストラリア政府はオーストラリア国内でワクチンを量産化することができる。ただし、量産化は早くとも2021年になる」と語っている。

 連邦のポール・ケリー主席医務官代理は、「ワクチンが認可されれば接種を望む人は多いと予想している。最初は進んで受ける人を呼びかけることになってもその後には長い行列ができるはずだ」と語っている。

 現行の規則でも保護者が子供の予防接種を拒むとFamily Tax Benefit Aを削減され、Child Care Subsidyを受けられなくなる。



さらには、「接種を拒否した人に対して社会給付金の受給資格をはく奪する可能性がある」と言っているようである。


https://www.nna.jp/news/show/2084109
2020/08/21(金)
豪政府、ワクチン接種拒否者への給付金中止も

オーストラリア連邦政府が、新型コロナウイルスのワクチン接種を義務化しない代わりに、接種を拒否した人に対して社会給付金の受給資格をはく奪する可能性がありそうだ。




「予想通りの動き」が既に表に出てきている。
「我々の計画を否が応でも受け入れるのだ」という脅しである。
「我々の計画を受入れないのであれば、保険証も免許証も渡さないぞ。社会から隔離させるぞ」という脅しである。
オーストラリアが先に発表しただけであり、世界中が順番に発表するでしょう。
間違いなく日本もそうなるでしょう。
実際、このような報道がすでにされています。
何が「医療従事者や高齢者を優先」だ!
「全国民にワクチンを強制接種する」という前提で書かれている。
ワクチンの危険性やワクチンを拒否する人権尊重については一言も触れられていない。



https://news.yahoo.co.jp/articles/3e2e84154bafd7c5998aa807a48ee321e7645358
医療従事者や高齢者を優先 ワクチン接種で合意、対策分科会
8/21(金) 13:17配信1623
政府は21日、新型コロナウイルス感染症対策分科会(尾身茂会長)を開き、開発が進むワクチンについて、診療に当たる医療従事者や重症化リスクの高い高齢者、持病のある人から優先して接種するという案を議論した。尾身会長は終了後、「ワクチンに関しては、ほぼコンセンサスが得られた」と話した。  西村康稔経済再生担当相は冒頭のあいさつで感染状況について「中高年層への感染拡大が見られ、重症者も徐々に増加傾向を示している」と警戒感を示した。  世界保健機関(WHO)が公表したリストによると、ワクチンは169の開発計画が進行中。うち30は臨床試験が始まっている。




首相や大統領は所詮人形に過ぎず、「彼ら」の指示命令によって行動しているのです。
すべては「彼ら」悪魔勢力の「計画」である。
「彼ら」の指示命令の下、各国の首相や大統領が行動し、その配下の与野党政治家・マスゴミから似非陰謀論者までがグルになって国民完全奴隷化に向けて「協力」しているのです。

「仕方ない、ワクチンを打とう。社会から隔離されてしまうということは、死刑宣告されるようなものだからな」と判断されますか?
ワクチンに毒物やチップが入れられている可能性が高いことを知っているにもかかわらず、ワクチンを受入れてしまうのですか?

「あなたはどうしますか?」と言われそうだが、正直言って迷うところです。
勿論ワクチンなど拒否したいですが、社会から隔離されるという宣告も辛いですね。
どこかに逃亡して仙人のような生活をするのも一つの方法ですが、「彼ら」はそのような人間に対する対策を考えているでしょうね。
しかし、私は最後の最後まで、ワクチン拒否の姿勢を貫くつもりです。
人間以外のロボット人間はなりたくないですから。
そして、対策としては「残されたこの期間に真実を多くの人びとに伝えること」しかないと思います。これまでもそうやってきたつもりです。

「彼ら」の望む「未来の計画」は、内閣のホームページに発表されています。
所謂、「ムーンショット計画」というやつです。



https://www8.cao.go.jp/cstp/moonshot/sub1.html
ムーンショット目標1 2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現

ターゲット
誰もが多様な社会活動に参画できるサイバネティック・アバター 基盤
• 2050年までに、複数の人が遠隔操作する多数のアバターとロボットを組み合わせることによって、大規模で複雑なタスクを実行するための技術を開発し、その運用等に必要な基盤を構築する。
• 2030年までに、1つのタスクに対して、1人で10体以上のアバターを、アバター1体の場合と同等の速度、精度で操作できる技術を開発し、その運用等に必要な基盤を構築する。


注:サイバネティック・アバターは、身代わりとしてのロボットや3D映像等を示すアバターに加えて、人の身体的能力、認知能力及び知覚能力を拡張するICT技術やロボット技術を含む概念。Society 5.0時代のサイバー・フィジカル空間で自由自在に活躍するものを目指している。
サイバネティック・アバター生活
• 2050年までに、望む人は誰でも身体的能力、認知能力及び知覚能力をトップレベルまで拡張できる技術を開発し、社会通念を踏まえた新しい生活様式を普及させる。
• 2030年までに、望む人は誰でも特定のタスクに対して、身体的能力、認知能力及び知覚能力を強化できる技術を開発し、社会通念を踏まえた新しい生活様式を提案する。





いまだに「陰謀論だ!」などと宣う人はいませんよね。
内閣府が公式に発表しているんですよ。
デーヴィッド・アイクの本に書いていることを紹介したんじゃないんですよ!
ところで、ここに出てくるアバターとは何でしょう?
コトバンクより。



(アバター)
「化身」という意味で、ネットワーク上の仮想空間でのユーザーの分身のこと。オンラインゲームやチャット、ブログなどには、動物などのアニメーションのキャラクターや、自分の好みの顔や服装をした分身を使ってコミュニケーションを楽しめるサービスがある。





はい、「ネットワーク上の仮想空間でのユーザーの分身」のことのようです。
この国の政府は、2030年までに、1つのタスクに対して、1人で10体以上のアバター(ネットワーク上の仮想空間でのユーザーの分身)を、アバター(ネットワーク上の仮想空間でのユーザーの分身)1体の場合と同等の速度、精度で操作できる技術を開発し、その運用等に必要な基盤を構築する社会を目指しているんです。
あと10年ですよ。
冗談じゃなくて本気みたいですよ。
SF映画の世界のようですが、現実世界での計画のようですよ。
一体全体政府は何を考えているんでしょう?
はい、何も考えていません。
安倍はいい人とはとても思えませんが、このような「計画」を立てられるほどの脳は持ち合わせていないでしょう。
じゃあ、誰がこのようなトンデモ計画を考えたのか、ですか?
勿論、「彼ら」です。
これが「悪魔の計画」の集大成なのです。
悪魔の僕に過ぎない安倍及びこの国の政府は、「彼ら」に命じられたとおりに内閣府のホームページに掲載し、言われたとおりに行動しているだけなのです。

この国の政府自体がすでにアバターのようなものなのです。

でも、冗談のようだけど、冗談じゃないようですよ。
このような「未来の計画」を成し遂げるために「スーパーシティ構想」を計画し、現在進行中のコロナ詐欺をやってるんですよ。
「彼ら」が必死になってワクチンを国民に強制接種しようとしているのは、このような「未来の計画」を実現させるためなんですよ。
製薬会社の金儲けなどという小さい目的ではないのです。
ワクチンに入れる可能性が高いですが、どんな手段を使ってでも「彼ら」は国民にチップを埋め込むつもりです。
それが「彼ら」の「未来の計画」ですから。
「ロボット化された奴隷人間を使って自分たちだけが快適な生活を手に入れる」という「未来の計画」を手に入れるためです。
皆さん、もうご理解いただけましたよね。

アバターとは「ロボット化された奴隷人間」のことを指しているんですよ。

毒ワクチンを打たれても生き残り、チップを入れられても生き残った国民は、「ロボット化された奴隷人間」としてのみ社会参加を認められたアバターなのです。

「ロボット化された奴隷人間」となった未来の人類が「彼ら」悪魔勢力の僕としていいように使われる社会、それが「スーパーシティ」であり、「ムーンショット計画」というものなのです。

政府は国民のために「ムーンショット計画」を内閣府のホームページに掲載したのではなく、「彼ら」悪魔勢力のために掲載したのです。

あなたが人間でいるためには、本気でこの「計画」をつぶさなければなりません。
マスクをして物も言わずにただ国の指示命令に従っていてはダメなのです。
悪魔の手先に「非国民」と罵られても、真っ当な行動をするべきなのです。
さあ声を上げましょう。大阪弁ですみません(笑)

「おい安倍、お前何を考えてこんなトンデモ計画を発表したんや!」と。

「おい山本太郎、こんなトンデモ計画をなんで必死になって反対しないんだ。
安倍と一緒になってコロナ詐欺を演じているのはもうバレているぞ!」と。

「おい共産党をはじめとした野党の政治家ども、コロナが詐欺であることに気づかないとは言わせないぞ。お前らの中でワクチンに反対している奴は一人もいないのか。おかしいじゃないか。お前らも安倍と一緒になってコロナ詐欺を演じているのはもうバレているぞ!」と。

「おいダマスゴミの似非ジャーナリストども、俺のような個人でもコロナやワクチンやムーンショット計画が詐欺であることに気づいているのに、お前らの中には誰一人この詐欺に気づかないのか。お前らに良心はないのか!」と。

「おい医者や製薬会社の詐欺師ども、お前ら自分が儲かったら何をやってもえーんか。ワクチンの真実を知っているくせに知らないふりをするんじゃないよ。お前らのやっていることは凶悪殺人犯となんら変わらないんだぞ!」と。

「コロナ詐欺、ワクチン詐欺に加担しているすべてのカスども、お前らも結局は悪魔どもに利用されているだけなんだぞ。最終的に殺されなくても、悪魔どものアバターにされるのが関の山なんだぞ。今からでも今までの自分の行動を悔い改めろ!」と。

最後にもう一度(いや何度でも)言っておきます。

新型コロナウイルスなるものは存在していない可能性が高いのです。
少なくともその存在証明はいまだにされていません。
存在していない可能性の高いウイルスを使ったキチ○イどもの国際詐欺に騙されてはいけません。
これはあなただけの問題ではありません。
あなたが無知であれば、少なくともあなたの家族も巻き添えになります。
自分の家族を守るためにも、真剣に考えてください。
そして声を上げてください。
人間らしい声を。

「俺は(私は)こんなキチ○イどもに騙されるためにこの世に生を受けたんじゃないのだ」
という声を。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


嘘八百のこの世界 - にほんブログ村




ソウルマン
Posted byソウルマン

Comments 3

There are no comments yet.

オリジナル「ポール・マッカートニー」は素晴らしいヴォーカリス

個人は無力かもしれないが、できることはする。

お気持ちがよくわかります。
私も同じような懸念を持っています。
それにしてもオーストラリア!
心が折れそうですね。
オーストラリアに住む「真実に気づいている人々」の不安や葛藤は如何許りか。。。

日本の場合、
多くの人々は「常識という枠に囚われている」あるいは「集団圧力に怯える」無知なだけなのだと思っています。私の考えでは、
「政府の中枢には関わったことのない政治家」「製薬会社のトップ以外の従業員」「一般の医師や看護師等の医療従事者」の大半は真実を知らされておらず、闇の計画もまったく知らないだろうと思います。
闇の連中からすれば、末端の人間に真実を知らせる必要などあるはずもなく、多くの人間を自分たちのために利用し尽くすだけでしょう。無知のままの方が利用しやすいはずですから。
とはいえ、安倍首相や日本の政府関係者、電力会社の幹部や電通のトップ、竹中平蔵等はそれなりの事実を知っているのかもしれません。
日本会議を裏で操る連中は真実を知っていそうですね。

いずれにしても、世界中の人々が闇の餌食になるのを何としても食い止めないといけない。
でも手立てが浮かびません。
ワクチンは断固拒否するしかないですね。








2020/08/23 (Sun) 01:05
ソウルマン

ソウルマン

Re: 個人は無力かもしれないが、できることはする。

> お気持ちがよくわかります。
> 私も同じような懸念を持っています。
> それにしてもオーストラリア!
> 心が折れそうですね。
> オーストラリアに住む「真実に気づいている人々」の不安や葛藤は如何許りか。。。
>
> 日本の場合、
> 多くの人々は「常識という枠に囚われている」あるいは「集団圧力に怯える」無知なだけなのだと思っています。私の考えでは、
> 「政府の中枢には関わったことのない政治家」「製薬会社のトップ以外の従業員」「一般の医師や看護師等の医療従事者」の大半は真実を知らされておらず、闇の計画もまったく知らないだろうと思います。
> 闇の連中からすれば、末端の人間に真実を知らせる必要などあるはずもなく、多くの人間を自分たちのために利用し尽くすだけでしょう。無知のままの方が利用しやすいはずですから。
> とはいえ、安倍首相や日本の政府関係者、電力会社の幹部や電通のトップ、竹中平蔵等はそれなりの事実を知っているのかもしれません。
> 日本会議を裏で操る連中は真実を知っていそうですね。
>
> いずれにしても、世界中の人々が闇の餌食になるのを何としても食い止めないといけない。
> でも手立てが浮かびません。
> ワクチンは断固拒否するしかないですね。


「製薬会社のトップ以外の従業員」「一般の医師や看護師等の医療従事者」は、どこまで知っているかは別ですが、基本的に薬やワクチンが有害であることは十分知っているでしょう。
だから、知らないから仕方ないといって逃げることは許せません。
その証拠に、ほとんどすべての医者はワクチンや抗がん剤を拒否しています。

同じく安倍や竹中などは、十分知り抜いているこことは間違いありません。
市会議員・県会議員レベルは別として、与野党ともに国会議員のほとんどの政治家が確信犯でしょう。
仮に知りえていなかったとしても、結果として凶悪犯罪に加担している輩を許すことはできません。
マスゴミや芸能界の連中も含めて。

2020/08/23 (Sun) 15:59

オリジナル「ポール・マッカートニー」は素晴らしいヴォーカリス

追伸

日本においてはワクチンの危険性についてだけでなく、闇の存在やその仕業に関する話は陰謀論として退けられるように仕向けられていることは「真実を求める人々」の中では周知のことだと思います。
なぜ、この国ではこのような「陰謀論として排除」がまかり通ってしまっているのか?
多くの国民は常に周りの人々を見て「常識の調整」をしています。それがこの国で平穏に暮らすための生活の知恵なのでしょう。
だから多くの人が常識とされることから逸脱することを極度に恐れる。
権力側はこの国民性をうまく利用して、世論を自分たちの思う方向へと誘導したり、形作ったりするのだと思います。
そればかりか自ら国や権力側に都合のよい国民になるべく、権力や国家におもねる人間も少なくありません。
日本人は「無知であること」と「権力には逆らわない」ということで身を守ってきたのかもしれません。(歴史の授業で「生かさず殺さず」という言葉を習った記憶があります。)
そういう「生かさず殺さず」を身の安全と信じる大多数の人々の選択に、少数の人々は自らの運命を委ねるしかない。理不尽そのものだと思います。
政治家に期待しても無駄だと思います。良心を持つ政治家が居たとして、もしも本気で国民のために動こうとすれば即刻排除されます。
(鳩山由紀夫氏など判りやすい例)
鳩山氏は総理を降ろされたのち、政治家を辞める形になりましたが、それは命を守るためだったのでしょう。
中には石井議員のように殺されてしまった政治家もいます。日本だけではなく世界中でそれが起きています。

ワクチンが入ってくるのはもう避けられないかもしれませんが、ガンジーの先例に倣って「不服従」という方法を
選択する道は残されていると信じます。

2020/08/23 (Sun) 16:35