レゲエとジャズをまたにかけるサックス奏者、コートニー・パイン - ジャズ・フュージョン・フラメンコ・ラグタイム・ボサノヴァ
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

レゲエとジャズをまたにかけるサックス奏者、コートニー・パイン

「to the eyes of creation」COURTNEY PINE


1992年のコートニー・パインのアルバムである。
コートニー・パインは、1964年ロンドン生まれのジャマイカ人サックス奏者である。
レゲエとジャズをまたにかけるサックス奏者と言ってもいいだろう。
さて、本作だが、一言「メッチャいい」。以上である。
これだけではあまりにそっけないので(笑)、少しだけ書いておく。
ジャズについて蘊蓄を傾けるほどの知識はないのだが、いいものはいいのである。

「the healing song」は、コートニーの自作である。
ゆったりとした曲調で、コートニーのサックスも感情豊かに感じられる。

「country dance」は、コートニーのサックスとジュリアン・ジョセフのアコースティック・ピアノの掛け合いが絶妙である。

「psalm」は、これまたゆったりとした曲調であり、時間の流れを忘れさせてくれる。

「eastern standard time」は、ズバリ、レゲエである。
ジャズの中にレゲエを挿むことで全体の雰囲気が明るくなる。

「the meditation of contemplation」は、和訳すると「黙想による瞑想」といったところか。如何にもと言った感じで、中近東の雰囲気が感じられる。

「cleopatra’s needle」は、「クレオパトラの針」という古代エジプトのオベリスクのことである。現在、ロンドン・パリ・ニューヨークに移築されている。ちなみに、クレオパトラ以前に建てられたものであり、クレオパトラとは何の関係もないらしい(笑)コートニーの作である。サイケな雰囲気がする。

「redemption song」は、“レゲエの神様”ボブ・マーリー作の名曲だが、本作のハイライトである。この曲1曲のためにこのCDを買う価値はあるだろう。名曲がコートニーのサックスによってさらに哀愁を帯びている。







評点:100点





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

COMMENT

この曲も素晴らしいですね。
ジャズとレゲエのコラボってあるんですね。
2曲目もピアノとサックスが奥深いです。

まだまだ知らないコラボ楽曲があります✨美しいです✨

先ずはビートルズを制覇してから。。
ネックがここなのです。

今までロックンロールもあまり聴いた事無かったけれど、本物ポールの歌が素晴らしいので、1966年までのビートルズを堪能してから沢山聴きたいなぁ~と。。

同じ曲を繰り返しなん年も聴く私なので。。
もうマニアですよね😂(視野狭すぎ)
自分でも分かってるのです(アホです💦)

ポールのヴォーカルも今後死ぬまで聴くと思います。
でもちょっとだけ視野も広げたいです。(希望的)
出来るかな😰。。出来ないかも。。。
でもいっぱい良い曲ありますね😊

色々沢山アップして下さって有り難うございます✨

Re: タイトルなし

> この曲も素晴らしいですね。
> ジャズとレゲエのコラボってあるんですね。
> 2曲目もピアノとサックスが奥深いです。
>
> まだまだ知らないコラボ楽曲があります✨美しいです✨


私もジャズはよく分かってないんですよ。
最近になって良さに気づいてきました。
音楽は奥が深いですね。


>
> 先ずはビートルズを制覇してから。。
> ネックがここなのです。
>
> 今までロックンロールもあまり聴いた事無かったけれど、本物ポールの歌が素晴らしいので、1966年までのビートルズを堪能してから沢山聴きたいなぁ~と。。
>
> 同じ曲を繰り返しなん年も聴く私なので。。
> もうマニアですよね😂(視野狭すぎ)
> 自分でも分かってるのです(アホです💦)
>
> ポールのヴォーカルも今後死ぬまで聴くと思います。
> でもちょっとだけ視野も広げたいです。(希望的)
> 出来るかな😰。。出来ないかも。。。
> でもいっぱい良い曲ありますね😊


私はいろんな音楽を聴くのが好きなので、
ビートルズもストーンズも全然制覇してないですね。
ただ、黒人音楽がなければ、ビートルズもストーンズも存在していないですね。

>
> 色々沢山アップして下さって有り難うございます✨

こちらこそ、いつも感想ありがとうございます。
励みになります(^O^)/



EDIT COMMENT

非公開コメント