「Long Tall Sally」Little Richard 、The Beatles、Elvis Presley、Led Zeppelin、John Fogerty - ロック
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

「Long Tall Sally」Little Richard 、The Beatles、Elvis Presley、Led Zeppelin、John Fogerty

昨日は何もなかったですね。何も起こらない、何も「起こさせない」のが、これ幸いなのです。これも気になりますので、記しておきます。
とりあえず、新幹線は避けた方がよさそうですね。
今日の1曲は、リトル・リチャードの「Long Tall Sally」です。
1956年に発表された曲で、19週に亘ってリズム・アンド・ブルースのチャート入りし、6週間に亘って1位の座を獲得しています。
リトル・リチャード、ロバート・ブラックウェル、エノトリス・ジョンスンが、作詞・作曲しています。
リトル・リチャードがゲイだったことは有名な話だが、この「のっぽのサリー」という奴も、女に見せかけた男、つまりゲイだったという噂がある。
「ジョンおじさんは、のっぽのサリーと会っているところをメアリーおばさんに見つかって、路地裏に隠れた」と歌っているのだ。
”禁じられた恋”ちゅーやつですかね(笑)
ノリが最高なんで、そんなことどーでもいいけどね。



ビートルズのヴァージョンです。
ビートルズでこの曲を知った人は多いでしょうね。
やっぱ本物ポールは歌がうまい!


エルビス・プレスリーのヴァージョンです。


レッド・ツェッペリンのヴァージョンです。
全然違う曲になっちゃってますね(笑)


ジョン・フォガティのヴァージョンです。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

COMMENT

ビートルズの曲じゃなかったんですか😵
毎日必ず聴く曲の一つです。
もう、毎日ノリノリで夕飯作ります。
私の中ではオリジナルを越えてます。
プレスリーも霞みます。
5曲聞いた中でダントツにポールに軍配が上がってます(完全にひいき目線?)。

ビートルズの本を読んだのですけれど、
ポールが生きている事を前提としているので、ので327頁ある内の67頁しか読めませんでした。

1966年中盤までしか無理でした。
その後はフォールの「デマカセ」インタビューを元にしていたりと、沸々と沸き上がるものがあり、体調崩しそうなので。

亡くなった事を前提にすると、出版すら出来ないのかもしれないですが良い本があると良いなと思ってます。

何度も連投で本当にすみません。
細切れになってしまって。

ソウルマンさんに伺いたくて。

日本昔話でお馴染みの
常田富士男の歌で、
「私のビートルズ」と言う曲があるのです。
作詞、、吉田治
作曲、、神津善行
編曲、、佐々永治

この歌詞がこの間から引っ掛かっていて、
ちょっとバタバタして(昼寝していたり)したので、忘れていたのです。

ビートルズを調べるに当たって、
レノン=マッカートニーのクレジットからもこの二人が強い結びつきがあったのは承知してます。

これだけの天才二人がお互い尊敬し合わない訳はなく、友愛が愛情に変わっても不思議ではなく。
なのでこの曲の歌詞にも特に違和感も無かったのですが(中二病ではありまっせん!)。

余裕のある時に歌詞だけでも読んで頂きたいです。


地震が不振です

取り敢えず、良かった良かった😀🗾
でも、一説には、何が何でも日本に大地震を起こしたい輩はいるし、その地震の規模もある方曰くM9.2なんてでかいやつです。その大きさなので、溜に溜めてではないかという事で、今年でなく来年以降説‼もちろん、それを、中地震 or 小地震に変えることは可能=人々の意識で出来るそうです。人間の集合意識で良い方向に。やるぞい(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

No title

原曲のリトル・リチャードも素晴らしいですね。でも私はやっぱりオリジナル「ポール」のヴァージョンが好きです。

オリジナル「ポール」は1966年秋に極秘でスペインへ行ったはず。
その時のパスポート用写真をネットで見ました。
その後の足取りが不明です。スペインで亡くなったのかもしれません。
(確信はないですが・・・。)
そのすぐ後、フォールのケニア旅行のビデオがありますね。ケニアで整形したという説はかなり有力のような気がします。
フォールが生きているうちに真実を語ることは願っても無理かな。。。

ソウルマンに宛てたコメントに返信しても良いのかな?

オリジナル「ポールマッカートニーは素晴らしいヴォーカリスト」だった様へ。。。

私も事実が公になる事を本物に願ってます。

シェイクより。

ソウルマンに宛てたコメントに返信しても良いのかな?

オリジナル「ポールマッカートニーは素晴らしいヴォーカリスト」だったさんへ。。。

私も事実が公になる事を本物に願ってます。

シェイクより。

タイトルのソウルマンさんに「さん」をつけてないの気づかず、ご免なさい(T_T)

Re: タイトルなし

> ビートルズの曲じゃなかったんですか😵
> 毎日必ず聴く曲の一つです。
> もう、毎日ノリノリで夕飯作ります。
> 私の中ではオリジナルを越えてます。
> プレスリーも霞みます。
> 5曲聞いた中でダントツにポールに軍配が上がってます(完全にひいき目線?)。

ご多分に漏れず、私もビートルズでこの曲を知りました。
あまりにノリ過ぎて夕飯こがしてしまったらヤバいですね。

>
> ビートルズの本を読んだのですけれど、
> ポールが生きている事を前提としているので、ので327頁ある内の67頁しか読めませんでした。
>
> 1966年中盤までしか無理でした。
> その後はフォールの「デマカセ」インタビューを元にしていたりと、沸々と沸き上がるものがあり、体調崩しそうなので。
>
> 亡くなった事を前提にすると、出版すら出来ないのかもしれないですが良い本があると良いなと思ってます。

基本的に嘘に基づいた情報で作られた伝記本でしょうから、真実を知ると嫌になってしまいますね。

Re: タイトルなし

> 何度も連投で本当にすみません。
> 細切れになってしまって。
>
> ソウルマンさんに伺いたくて。
>
> 日本昔話でお馴染みの
> 常田富士男の歌で、
> 「私のビートルズ」と言う曲があるのです。
> 作詞、、吉田治
> 作曲、、神津善行
> 編曲、、佐々永治
>
> この歌詞がこの間から引っ掛かっていて、
> ちょっとバタバタして(昼寝していたり)したので、忘れていたのです。
>
> ビートルズを調べるに当たって、
> レノン=マッカートニーのクレジットからもこの二人が強い結びつきがあったのは承知してます。
>
> これだけの天才二人がお互い尊敬し合わない訳はなく、友愛が愛情に変わっても不思議ではなく。
> なのでこの曲の歌詞にも特に違和感も無かったのですが(中二病ではありまっせん!)。
>
> 余裕のある時に歌詞だけでも読んで頂きたいです。


また見てみます。

Re: 地震が不振です

> 取り敢えず、良かった良かった😀🗾
> でも、一説には、何が何でも日本に大地震を起こしたい輩はいるし、その地震の規模もある方曰くM9.2なんてでかいやつです。その大きさなので、溜に溜めてではないかという事で、今年でなく来年以降説‼もちろん、それを、中地震 or 小地震に変えることは可能=人々の意識で出来るそうです。人間の集合意識で良い方向に。やるぞい(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!


今のところは大丈夫そうですね。
意識が大事なんですね。
やたらと意識を煽っているスピ系(?)ブログがあったの(今もあるのかな?)を思い出しました。

Re: No title

> 原曲のリトル・リチャードも素晴らしいですね。でも私はやっぱりオリジナル「ポール」のヴァージョンが好きです。
>
> オリジナル「ポール」は1966年秋に極秘でスペインへ行ったはず。
> その時のパスポート用写真をネットで見ました。
> その後の足取りが不明です。スペインで亡くなったのかもしれません。
> (確信はないですが・・・。)
> そのすぐ後、フォールのケニア旅行のビデオがありますね。ケニアで整形したという説はかなり有力のような気がします。
> フォールが生きているうちに真実を語ることは願っても無理かな。。。


オリジナル「ポール」のヴァージョンは、リトル・リチャードを上回っているでしょうね。
フォールは死ぬまで偽物ですから無理でしょう。リンゴがちょっと言いかけましたけどね・・・

Re: ソウルマンに宛てたコメントに返信しても良いのかな?

> オリジナル「ポールマッカートニーは素晴らしいヴォーカリスト」だったさんへ。。。
>
> 私も事実が公になる事を本物に願ってます。
>
> シェイクより。
>
> タイトルのソウルマンさんに「さん」をつけてないの気づかず、ご免なさい(T_T)


全然気にしてもらわなくて結構ですよ!(^^)!
私が中々フォローできないので、皆さんで「意見交換」していただけたらと思います。

常田富士男 私のビートルズに関して

先程、ご紹介させて頂いた
常田富士男の「私のビートルズ」は
ボブ・ディランを彷彿(いや、越えたかな?)させる程の歌詞でした。

調べるとサイケ調との事なのですが、
これってサイケ調なの?って感じです。
ちょっと怖いです。

作詞家の吉岡治(間違って吉田になってます)は、どこまで何を知って居たのかしら。
あちらの世界は情報回るの早いみたい。

因みに「ハッシッシ」とは麻薬の事だそうです。

No title

シェイクさん、コメントありがとうございます。
真実が明らかになる日が来てほしいですね。

意見交換の件
有り難うございます😊

Re: 常田富士男 私のビートルズに関して

> 先程、ご紹介させて頂いた
> 常田富士男の「私のビートルズ」は
> ボブ・ディランを彷彿(いや、越えたかな?)させる程の歌詞でした。
>
> 調べるとサイケ調との事なのですが、
> これってサイケ調なの?って感じです。
> ちょっと怖いです。
>
> 作詞家の吉岡治(間違って吉田になってます)は、どこまで何を知って居たのかしら。
> あちらの世界は情報回るの早いみたい。
>
> 因みに「ハッシッシ」とは麻薬の事だそうです。


遅ればせながら、聴きました。
歌詞は相当謎多き内容ですね。
吉岡治という人は、けっこう有名な曲の作詞をしてたんですね。
「天城越え」とか。
なんらかの情報を知っていた可能性が高そうですね。
そして、曲もいい。
貴重な情報、ありがとうございます!(^^)!

そうなんです💦
慌てん坊のサンタクロースとか子供達がちびっこだった頃の作詞もされています。

ちょっと不気味で私にとってはリアルでオカルト的な歌に感じます。

ご精査お願いいたします。

EDIT COMMENT

非公開コメント