「I Feel Fine」「She's A Woman」「Baby's In Black」「Ticket To Ride」「Long Tall Sally」The Beatles - ザ・ビートルズ、Jレノン、Gハリソン、Pマッカートニー
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

「I Feel Fine」「She's A Woman」「Baby's In Black」「Ticket To Ride」「Long Tall Sally」The Beatles

今日は、1965年のNME Awardsからビートルズのライヴをお届けします。
会場は熱気と興奮で溢れかえっており、ビートルズの演奏は最高の出来です。
特にポールのヴォーカルがいい。やっぱホンモノは違う。
私は、ビートルズのベストライヴだと思っています。
曲は、「I Feel Fine」「She's A Woman」「Baby's In Black」「Ticket To Ride」「Long Tall Sally」の5曲です。
後半は表彰式になっており、なんとストーンズのメンバーも登場する。
煙草をくわえて登場するキース・リチャーズに続いて、同じく煙草をくわえてブライアン・ジョーンズが登場する。
ともに演奏したわけではないが、ビートルズとストーンズが同じステージに立つという設定は超レアだろう。








ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

COMMENT

No title

ロックをしてる方達は大まかにビートルズ派とローリング・ストーンズ派に分かれてますよね。

この動画は知らなかったのでとても嬉しいです✨
アップして頂いて有り難うございます!

やっぱりポールのロックンロールは凄い✨✨
メロディな曲とは違う顔を持ってますね。

この頃のビートルズは生き生きしてますね✨
こちらまで笑顔になります。
宝石の様です✨

No title

https://www.youtube.com/watch?v=ywhNRaGi63g
よくテレビに出てくる尾身氏ってWHOの重鎮なんですね
しかも昔都立・墨東病院にいた
偶然ですけどね

No title

ライフ・エクステンション研究所付属永寿総合病院

ってのは慶応病院や731につながるみたいですね

真実は指をくわえて見ているだけでは手に入らない

ビートルズの次にローリング・ストーンズ登場なんて、本当に今では信じられないようなステージですね。
「このステージをじっくり視聴すれば、ポールがこの後、別の人物と入れ替わってしまったことに気づける人も居るのでは?」とも思います。
フォールとは醸し出す雰囲気一つ取っても全く違っています。もちろん声質も発声も、英語の発音さえ違う。(オリジナル・ポールは少々リバプール訛りがあるけど、フォールは全然ない。
「ペニー・レイン」は突然訛りが消えて、声も誰の声かわからない。「いったい誰が歌ってるの?」と思ったら、
ポール・マッカートニーだという。。
それに疑問を感じないというのは思い込みに縛られているからではないでしょうか?
この世界で起きていること、今まで起きたこと、全てをただ受け身で知らされるまま、教えられるまま、何の疑問も感じず、自分で確かめようともせず、言われた通りに信じるのは「素直」ではなく「怠慢」でしかない。
自分の頭と五感をもっと活用して
真実を求めていくことが大切だと感じます。
それは今世界中をパニックに陥れている新型ウィルスについても、この騒ぎに乗じて法案が可決されようとしている種子法や、安倍政権及び日本会議の企む改憲問題に関しても言えることだと痛感しています。
海外ではポールの入れ替わりに関する情報がいくつもネット上に揚がっていますが、日本人はほとんどこの問題をフェイクだと片付け、トンデモの類の扱いです。ポール入れ替わり説を唱える人間は「情報リテラシーがない」とさえ言われる。
「おかしいと思うことをおかしいと言うこと」が、この国では変人扱いされてしまうのです。
こういうことはもうやめないといけないと思います。
真実を求めてひとりひとりが受け身を捨てて自分で考え、調べ、確認し、
常に情報を見極める目を持つよう不断の努力が必要なのではないでしょうか?



Re: No title

> ロックをしてる方達は大まかにビートルズ派とローリング・ストーンズ派に分かれてますよね。
>
> この動画は知らなかったのでとても嬉しいです✨
> アップして頂いて有り難うございます!
>
> やっぱりポールのロックンロールは凄い✨✨
> メロディな曲とは違う顔を持ってますね。
>
> この頃のビートルズは生き生きしてますね✨
> こちらまで笑顔になります。
> 宝石の様です✨


日本人のロック好きはビートルズ派とローリング・ストーンズ派に分かれると言われますが、
欧米ではそうでもないようです。
私は実はストーンズ派なんですが、初期のビートルズはいいですね。
ビートルズではジョンの方が好きだったんですが、
フォールの件を知ってから、ポールのミュージシャンとしての才能を改めて感じるようになりました。
このライヴでも、ポールの歌の上手さは際立っていますね。

Re: 真実は指をくわえて見ているだけでは手に入らない

> ビートルズの次にローリング・ストーンズ登場なんて、本当に今では信じられないようなステージですね。
> 「このステージをじっくり視聴すれば、ポールがこの後、別の人物と入れ替わってしまったことに気づける人も居るのでは?」とも思います。
> フォールとは醸し出す雰囲気一つ取っても全く違っています。もちろん声質も発声も、英語の発音さえ違う。(オリジナル・ポールは少々リバプール訛りがあるけど、フォールは全然ない。
> 「ペニー・レイン」は突然訛りが消えて、声も誰の声かわからない。「いったい誰が歌ってるの?」と思ったら、
> ポール・マッカートニーだという。。
> それに疑問を感じないというのは思い込みに縛られているからではないでしょうか?
> この世界で起きていること、今まで起きたこと、全てをただ受け身で知らされるまま、教えられるまま、何の疑問も感じず、自分で確かめようともせず、言われた通りに信じるのは「素直」ではなく「怠慢」でしかない。
> 自分の頭と五感をもっと活用して
> 真実を求めていくことが大切だと感じます。
> それは今世界中をパニックに陥れている新型ウィルスについても、この騒ぎに乗じて法案が可決されようとしている種子法や、安倍政権及び日本会議の企む改憲問題に関しても言えることだと痛感しています。
> 海外ではポールの入れ替わりに関する情報がいくつもネット上に揚がっていますが、日本人はほとんどこの問題をフェイクだと片付け、トンデモの類の扱いです。ポール入れ替わり説を唱える人間は「情報リテラシーがない」とさえ言われる。
> 「おかしいと思うことをおかしいと言うこと」が、この国では変人扱いされてしまうのです。
> こういうことはもうやめないといけないと思います。
> 真実を求めてひとりひとりが受け身を捨てて自分で考え、調べ、確認し、
> 常に情報を見極める目を持つよう不断の努力が必要なのではないでしょうか?


フォールの件に限らず、911も、311も、何もかもすべてが嘘だらけです。
マスゴミが拡散する情報のほとんどすべてが嘘であることは世界中で知れわたっていますが、
不思議の国ニッポンにおいては、いまだに嘘を真実だと信じている”マジメな人”ばかりであるようですね(呆)

Re: No title

> https://www.youtube.com/watch?v=ywhNRaGi63g
> よくテレビに出てくる尾身氏ってWHOの重鎮なんですね
> しかも昔都立・墨東病院にいた
> 偶然ですけどね


そーですか。WHOは知っていましたが、他は知りません。
動画を観ようとしたら、既に消されてました・・・

No title

昔から知っていた方達の情報には脱帽します。

私が産まれた時には既にふてぶてしいフォールで、ビートルズは全く興味がありませんでした。
本物ポールの素晴らしさに目覚めて1966年までのライブを毎日聞いてます。

知らなかったとはいえ、これだけ沢山の方達が偽者ポールに気付いていて理不尽な思いをされていたのだなと思い、もっと早くに調べていれば良かったと後悔しきりです。

911,311,しいては過去の沢山の戦争、ゲイツからこの理不尽で忌々しいフォールに至りました。

ファンの方達すら騙す洗脳とは恐ろしい。。。
今の情報はそれこそ「嘘八百」なので疑う事から始めないと真実に辿り着けないのかもしれません。

EDIT COMMENT

非公開コメント