<ジョン・プライン追悼>「That's the Way the World goes Round」「The Other Side Of Town」「Lake Marie」「Souvenirs」「Sam Stone」「Hello In There」 - フォークロック・シンガーソングライター・ネオアコ
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

<ジョン・プライン追悼>「That's the Way the World goes Round」「The Other Side Of Town」「Lake Marie」「Souvenirs」「Sam Stone」「Hello In There」

ジョン・プラインが亡くなった。


https://www.cnn.co.jp/showbiz/35152063.html
米シンガーのジョン・プラインさん、新型コロナで死去 73歳

2020.04.08

(CNN) 米カントリーミュージックの大御所シンガーソングライター、ジョン・プラインさんが7日、新型コロナウイルスによる合併症のため死去した。73歳だった。

ツイッターの公式アカウントに家族が掲載した声明によると、プラインさんは3月に突然、新型コロナウイルスの症状を発症し、入院して挿管処置を受けていた。

プラインさんはシングルやアルバムを大ヒットさせたことはない。しかし熱心なファンに支持されてグラミー賞を数回受賞、2度のがんを克服して、70代に入ってもレコーディングやツアーを続けていた。

楽曲の多くはプラインさんを慕う多数のミュージシャンによってカバーされ、ボブ・ディランさんは2009年のインタビューの中でプラインさんを絶賛。ローリング・ストーンズ誌は「米作曲界のマーク・トウェイン」と評していた。

シカゴの郊外で育ち、1970年に音楽の道に入るまでは郵便の仕事をしていた。シカゴのバーで飛び入りで歌声を披露していたところ、当時新聞記者だった評論家のロジャー・イーバートさんに見出され、「歌う郵便配達人」として紹介された。

やがてプラインさんの歌声を聴くための行列ができるようになり、当初からのファンだったシンガーソングライター、クリス・クリストファーソンさんの紹介でレコード会社と契約。1971年にデビューアルバムをリリースした。

その後20年以上にわたってアルバムのリリースやコンサートなどの活動を続けていたが、1996年には頸部のがんと診断されて摘出手術を受けた。この手術で舌の神経が傷ついて声のトーンが変わり、復帰できるまでに1年以上を要した。

2013年には再びがんに見舞われたが、この時も左肺の一部を摘出する手術を受けて克服していた。




「That's the Way the World goes Round」「The Other Side Of Town」「Lake Marie」「Souvenirs」「Sam Stone」「Hello In There」で追悼します。








ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村




COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント