「あとは政治力ですよね。早く、このワクチンが使えるようになるには」by 宮根誠司 - ワクチン・AIDS・エボラ・新型コロナウイルス
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

「あとは政治力ですよね。早く、このワクチンが使えるようになるには」by 宮根誠司

「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!③」


「予定通り」「計画通り」新型コロナウイルス詐欺が進行中です。


https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020030501001469.html
特措法改正案、12日衆院通過へ 新型コロナ、与野党合意
2020年3月5日 13時52分

 自民党の森山裕、立憲民主党の安住淳両国対委員長は5日、国会内で会談し、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案について、11日に衆院内閣委員会で審議し、12日に衆院本会議で採決する日程で合意した。賛成多数で可決する見通しだ。政府は10日に改正案の国会提出を予定している。立民など野党3党の国対委員長は会談し、改正案の賛否は各党内で議論すると申し合わせた。早期審議を容認する方針は確認した。
 与党は13日の改正案の成立へ調整を急ぐ。施行されれば、政府は私権制限を伴う緊急事態宣言を出せる。
(共同)



https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/269990
安倍政権目論む特措法改正「緊急事態宣言」でコロナ独裁へ
公開日:2020/03/05 14:50 

あらゆる対策に失敗し、「緊急事態」を招いた張本人が、混乱に乗じて権限強化を画策。まるで火事場ドロボーだ。

 安倍首相が新型コロナウイルス対策として、7年前に施行された「新型インフルエンザ等対策特別措置法」を改正し、「緊急事態宣言」を出す方針だ。


 10日に改正案を国会に提出し、来週中の成立を目指す。

 4日夕には野党各党の党首らと国会内でリレー会談し、改正案の成立に協力を求めた。普段は野党のことなど無視して好き放題やってるくせに、どうした風の吹き回しなのか。

 しかも、野党は当初から新型インフル特措法を新型コロナ対策にも適用する必要性を訴えていた。「適用できない」と言い続けてきたのは安倍首相の方なのだ。

 民主党政権で成立した法律だから使いたくなかったのではないか、と指摘する声も出ていたが、今頃になって特措法を持ち出し、野党とも協力する姿勢を見せているのは、なんともウサンくさい。現行の特措法では、首相が「緊急事態宣言」を出せば、外出自粛や施設の使用制限を要請できる。国会の承認は不要で、期間上限は2年間。1年間の延長が可能だ。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/269990/2
改正案では、新型コロナを指定感染症にした2月1日から「2年を経過する日までの間」を期限とし、「政令で定める日まで」を適用対象とするという。

■全権委任法と同じナチスの手口

それなら、わざわざ法改正しなくても、新型インフルエンザ“等”が対象の現行法で対応可能なはずです。時限措置といいますが、東京五輪のためなら2年間も必要ないでしょう。この先2年以内には、自民党総裁選や衆院総選挙がある。緊急事態を理由に、総裁や衆院議員の任期延長を決めてしまう可能性もあります。法を散々ねじ曲げてきた安倍政権だから、どう悪用するか分かりません。議会で全権委任法を成立させて、合法的に独裁を確立したヒトラーと同じことを企んでいるのではないか。民主党政権が作った特措法には反対できないともくろんで、野党も巻き込み、独裁の連帯責任を負わせようとしているように見える。非常に危険です」(政治評論家・本澤二郎氏)

 緊急事態宣言は、国民の人権を制限する強大な権限となる。法改正するなら、国会の承認を必要とするなどの制限を課す方向でやるべきだ。科学的根拠もないままの発令を許すわけにはいかない。




自ら緊急事態をつくり、独裁体制へと持っていく・・・
コメント氏に紹介いただいた記事を改めてアップします。



https://president.jp/articles/-/33053?page=2
なんと1日50人以上「インフル死者」が日本で急増する不気味 怖いのは新型コロナだけじゃない
2020/02/18 11:00

本川 裕統計探偵/統計データ分析家

日本で毎年3000人以上の人が亡くなるインフルエンザ

インフルエンザは、予防のためのワクチン接種が普及し、タミフルなどの治療薬もある。しかし、それでも子どもや高齢者を中心に多くの方が亡くなっている。
医師の死亡診断書にもとづく死亡届を再集計した厚生労働省の人口動態統計によると2018年にインフルエンザで亡くなった人は3325人だった。図表1には毎年のインフルエンザ死亡数の推移を掲げた。図表2には、参考のため、毎月のデータも示しておいた。

2019年1月は「1日平均54人」が亡くなっていた

月別のデータを見ると、昨年1月にはインフルエンザで1685人の方が亡くなっている。1日平均で死者54人となる計算になる。
同じように感染が広がり犠牲者が出るウイルス感染症であるのに、既知の病だからといってこの「54人」の病状についてはほとんど報道されることがないのもバランスが取れていないのではなかろうか。昨年2019年もデータが公表されている9月までにインフルエンザ死亡者数は3000人を超えている。
この人数は、医師が死因をインフルエンザと認めた人のみである。インフルエンザで入院した人でも、肺炎を併発したり、持病が悪化し心不全などその他の病気で亡くなったりした場合は含まれない。
過去からの推移を追うと、インフルエンザは流行る年と収まっている年とがあり、死者数も毎年の変動が大きいことがわかる(図表1)。




「昨年1月にはインフルエンザで1685人の方が亡くなっている。1日平均で死者54人となる計算になる」とのことである。
今回の新型コロナウイルスと比べてどちらが“脅威”なのだろうか?
あまりに酷い偏向報道であることは一目瞭然だ!
昨年1月と比べて全く脅威がないにも関わらず、ひたすら脅威を煽るダマスゴミ。
昨年1月と比べて全く緊急事態でないにも関わらず、緊急事態に持っていこうとする詐欺政府。



https://www.fnn.jp/posts/00433246CX/202003041741_CX_CX
緊急事態宣言で何がかわる 「要請」から「指示」「命令」に
2020年3月4日 水曜 午後5:41

新型コロナウイルスのさらなる感染拡大に備えて、安倍首相は、緊急事態宣言を可能にする新たな法案の成立を今、急いでいる。
このあと、首相は野党党首と会談して法案成立の協力を求めることになるが、新型インフルエンザ等対策特別措置法を、今回の新型コロナウイルスでも、最長で2年間適用できる法改正を目指している。
今まで安倍首相は、イベントの自粛や休校などを要請していたが、この宣言によって、「要請」から、段階的に「指示」などに、より強められることが大きなポイントになってくる。
では、首相が緊急事態宣言をした場合に、何ができるようになるのか。
医療関係者に医療等を行う指示、予防接種を行う指示、緊急物資の運送・配送指示。
衣料品・食品等の保管命令などもある。
さらに、不要不急の外出自粛要請もできるようになる。
また、医療施設開設のため、土地等の強制使用。
これは、中国でもすでに同じような宣言がされている。
中国の国際展示場は、臨時の病院として使われている。
同じように、日本でも土地を強制的に使用して、医療施設にあてることが可能になるという。
続いて、イベントなどの開催制限・指示だが、これは、1,000平方メートルを超える面積の映画館や劇場、ライブハウスなどの使用制限の指示ができる。
マージャン卓をハンマーで警察官がたたき割っている中国の映像。
日本では、ここまで強硬な対応はないと思われるが、現在は、自粛を要請している段階ということで、イベントやライブを実施するケースも現状ではある。
これが、緊急事態宣言で、事実上禁止することも可能になる。
続いて、学校や保育所などに、一時休校の要請・指示。
2月27日に、安倍首相が休校要請をしたが、これには法的根拠がないと批判が出ていて、自治体の判断で休校しないところもあった。
これが緊急事態宣言によって、今回の休校要請に対しても法的な根拠を持たせることができる。
このように、緊急事態宣言が可能になることで、より迅速に実効性のある対策が行えるが、一方で、共産党などからは、人権を制限することにつながるとして懸念する声も上がっているという。
政府は、緊急事態宣言を可能にする改正案を速やかに国会に提出する方針で、早ければ来週中にも成立する見通し。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200305-03050104-sph-ent
宮根誠司氏、新型コロナはSARSと81%同じと聞き「ちょっと気持ちが楽になりますね」
3/5(木) 15:41配信

5日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜・後1時55分)では、拡大する新型コロナウイルスの余波について特集した。
番組には、新型コロナ予防に効果があるワクチンの製造に着手したことを発表した大阪大大学院臨床遺伝子治療学の森下竜一教授が生出演。「大腸菌を用いたワクチンを投与することによって、免疫ができて感染を防ぐことができます」と説明。さらに、最短で6か月で人に試せるようになるのではと推測すると、宮根氏は「あとは政治力ですよね。早く、このワクチンが使えるようになるには」と、今後に期待を寄せた。

 さらに森下教授が「今回、(2002年に流行した)SARSのデータがあるので、今回のワクチン研究も驚くほどの速さで進んでいます」とコメント。出演者からも「SARSと今回のウイルスは81%一緒で、それに基づいた対策が進んでいます」という意見が出ると、宮根氏は「私たち素人は新型と聞くと、『あ~』ってなっちゃうけれど、81%、SARSと同じとか、対策が進んでいると聞くと、ちょっと気持ちが楽になりますね」と、ややホッとした表情で話していた。




日本の国番号「81」が使われていましたね。
ワクチンやアビガンだけは、「強制」されても断りましょう。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

COMMENT

流行が完全に終わる。無くなる。
日本で今まで安定していて永遠だと思っていた何かが突然終わり、パニックになる。
娯楽産業の大企業のひとつが潰れて、大きな流れ(たぶん連鎖倒産)ができる。
野菜の流通か小麦関連か、日本で食糧問題が起こる。社会問題になる。
経済か治安か、ともかく大都市神話が崩れて、都市脱出が真剣に検討され始める。

予言されていた?
またまたシンプソンズ

EDIT COMMENT

非公開コメント