<アンディ・ギル追悼>「Damaged Goods」「To Hell With Poverty」「What We All Want」Gang of Four - ロック
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

<アンディ・ギル追悼>「Damaged Goods」「To Hell With Poverty」「What We All Want」Gang of Four

ギャング・オブ・フォーのリーダーでありギタリストであったアンディ・ギルが他界したようである。


https://www.barks.jp/news/?id=1000178200
ギャング・オブ・フォーのアンディ・ギル、急逝
2020.2.3 10:11

英国のポストパンク・バンド、ギャング・オブ・フォーのギタリスト、アンディ・ギルが2月1日、64歳で亡くなった。ギャング・オブ・フォーは10月に日本公演を行ない、11月終わりにアジア/オーストラリア・ツアーを終えたばかりだった。

バンドは、「これを書くのはとても辛いが、今日、僕らの素晴らしい友で究極のリーダーが亡くなった」と、SNSを通じ訃報を伝えた。BBCによると、ツアー後、呼吸器疾患が発症したという。病床で、新作のミックスを聴いたり、次のツアーの計画を立てていたと言い、突然の最後だったようだ。

メンバーは、「僕らは、彼の優しさ、寛大さ、畏れ多いほどの知性、悪いジョーク、クレイジーな逸話、きりがないダージリン・ティーのことを忘れない。彼はそれに、ちょっとした天才でもあった。最高の出来事の1つは、ギター・ミュージックと創造的プロセスにおける彼の影響力は、僕らだけでなく、彼と共作したり、彼の音楽を聴く全ての人たちにインスピレーションを与えていたことだ」と、その才能を称えた。

アンディ・ギルは1977年に、ジョン・キング(Vo)、デイヴ・アレン(B)、ヒューゴ・バーナム(Ds)とギャング・オブ・フォーを結成し、現在にいたるまでバンドに在籍し続けた唯一のメンバーだった。彼らは昨年4月にニュー・アルバム『Happy Now』をリリース。また、昨年はデビュー・アルバム『Entertainment!』のリリース40周年にもあたり、英国、ヨーロッパ、北米、アジア、オーストラリアと精力的にツアーを行なっていた。




私はアンディのソリッドで冷たいギターが大好きでした。
「Damaged Goods」「To Hell With Poverty」「What We All Want」で追悼します。








ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村




COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント