「NHKも報道ステーションも根は同じ」by ソウルマン - ワクチン・AIDS・エボラ・新型コロナウイルス
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント
月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

「NHKも報道ステーションも根は同じ」by ソウルマン

「新型コロナウイルス詐欺は大昔から計画されていた!?」


NHKと比べたらちょっとはマトモな報道をしていると思われていた報道ステーションも、今や完璧に「彼ら」の配下の洗脳機関マスゴミへとなり下がったようである。
政権批判をしてきたベテランスタッフをリストラし、安倍よいしょの太鼓持ちを番組制作担当に起用しているようである。
まさに“呆道ステーション”である・・・



(リテラ)さん
https://lite-ra.com/2020/02/post-5251.html
『報ステ』がいよいよヤバい! 世耕弘成へのお詫びのあとCP更迭、ベテランスタッフ切り、安倍シンパの笹川財団研究員が出演
2020.02.11 08:46

 前身である『ニュースステーション』から数えて今年で35年目を迎えるテレビ朝日の夜のニュース番組『報道ステーション』が、いよいよ岐路に立たされている。古舘伊知郎の番組降板以降、政権批判色が徐々に薄れていった同番組だが、最近、また異変が感じられるようになっているからだ。
 顕著なのが「桜を見る会」問題をめぐる報道だ。2月3日には国会で安倍首相が「前夜祭」が政治資金収支報告書に記載されていない問題について「私と同じ形式なら問題ない」と脱法行為にお墨付きを与えたほか、茂木敏充外相が閣僚席からヤジを飛ばしたり、衆院予算委員会の棚橋泰文委員長の安倍首相びいきの議事進行によって大荒れとなったが、同夜の番組では国会の話題自体を取り上げずじまい。
 同様に、5日には安倍首相が「(安倍事務所がホテル側と)キャンセルが発生しても問題ないという契約をしている」という以前の答弁を「事務所はホテルと合意し、仲介しただけ」と修正したが、やはり番組では取り上げられなかった。
 もちろん、いまのところ、政権追及がゼロにはなったわけではないが、明らかに少なくなっているし、取り上げるタイミングも遅くなっている。
 典型的なのが、検事長人事の問題だ。安倍政権はこの2月に退官が予定されていた検察ナンバー2で、これまで数々の安倍政権の疑惑を潰し 「官邸の代理人」と呼ばれてきた黒川弘務・東京高検検事長の定年を半年間、延長することを1月31日に閣議決定。この前例のない人事には検察庁法違反の疑いが指摘されている。以前の『報道ステーション』なら真っ先に取り上げ、徹底的に批判したはずだ。ところが、ライバル局の『news23』(TBS)がこの問題をしっかり報じた一方、『報道ステーション』はなかなか取りあげようとせず、結局、10日に立憲民主党・山尾志桜里議員が今回の定年延長が国家公務員法の特例規定にかんする過去の政府見解と矛盾することを指摘、その違法性を明らかにしたことで、ようやく初めて報道した。
 また、コメンテーターにも変化が起こっている。月〜木曜日のコメンテーターを担当していた後藤謙次氏が腰の手術を理由に昨年12月12日の放送以来、番組を休んでいるのだが、じつは前述した国会での安倍首相の脱法容認発言が飛び出した3日にコメンテーターとして登場したのは、笹川平和財団上級研究員の渡部恒雄氏だった。
 渡部氏は2015年の安保法制をめぐって参院地方公聴会で賛成の立場で意見陳述をおこなうなど、安倍政権の安全保障政策をバックアップしてきた人物であり、そもそも笹川平和財団は名誉会長を務める笹川陽平氏は安倍首相とゴルフや会食をおこなう仲にある。さらに、安倍首相がアメリカの笹川平和財団で講演したことの見返りに官邸が笹川平和財団に対して元TBS記者・山口敬之氏をアメリカのシンクタンクに派遣するよう求めていたという内部告発が伊藤詩織さんに寄せられ、それを伊藤さんが昨年末におこなわれた外国特派員協会の記者会見であきらかにしている。「デイリー新潮」によると、笹川平和財団は山口氏のシンクタンク就職のために約466万円の経費を捻出したことを認めているという。
 安倍政権寄りのコメンテーターを登場させ、「桜を見る会」にかんする安倍首相の驚愕答弁を取り上げず、安倍政権の強権性を象徴する官邸の人事介入問題にはなかなかふれない──その一方で、沢尻エリカに執行猶予付き有罪判決が下されたことや、年末には『M-1グランプリ2019』で優勝したミルクボーイが大阪で凱旋公演をおこなったことなどをわざわざ取り上げるなど、ワイドショー化に拍車がかかっているのだ。
 そして、こうした政権批判の弱まりとワイドショー化へのシフトチェンジの背景にあるのは、早河洋・テレ朝会長を筆頭にした『報ステ』リニューアルに向けた人事の影響だ。





報道ステーションが“呆道ステーション”になり下がったことの極めつけは、あの渡部恒雄をコメンテーター起用したことである。
先日NHKがこの男をコメンテーター起用したことを批判する記事を書いたが、今度は報道ステーションが同じことをしているわけだ。この事実は、NHKも報道ステーションも同じ勢力(=「彼ら」)に操られていることの証明である。

「NHKも報道ステーションも根は同じ」である。

NHKも報道ステーションも、ともに国民を痴呆状態にさせておくことを目的としているのである。
NHKにも報道ステーションにも気に入られている渡部恒雄が、笹川平和財団及びCSISと「協力」して喧伝していることが、国民へのワクチン接種の呼びかけである。
大事なことなので、何度でも掲載します。




http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-2813.html
CSISは子宮頸がんワクチンの接種、推進に関する日本政府への提言なども行ってきている
CSISに命じられた政策は、日本民族を滅亡させるための「政策」である


CSISには何度も触れているが、改めてウィキを見てみる。

戦略国際問題研究所(せんりゃくこくさいもんだいけんきゅうじょ、英語: Center for Strategic and International Studies, CSIS)は、アメリカ合衆国のワシントンD.C.に本部を置く民間のシンクタンク。1962年にジョージタウン大学が設けた戦略国際問題研究所(CSIS)が、後に学外組織として発展したものである[1]。現在のフルタイム常勤職員は220人[2]。議長はトーマス・プリッツカー(Thomas J. Pritzker)、所長兼CEOはジョン・ハムレ(John J. Hamre)[2]。
全世界のシンクタンクをランク付けしたペンシルベニア大学によるレポート(Go to think tank indexの2014年版)によれば、CSISは防衛・国家安全保障(Table 14) で世界第1位、外交政策・国際関係論(Table 31) で第5位、革新的政策提言(Table 44) の総合では第4位(全米で3位)にランクされており[3] 。ワシントンでもシンクタンクとして認知されている[4]。
公式には超党派を標榜し、民主党・共和党を含む幅広い人材が関与している。USニューズ&ワールド・レポートは「中道」(centrist)と表現している[5]。

「ジョージタウン大学戦略国際問題研究所」は、イエズス会の神父エドマンド・アロイシャス・ウォルシュ(Edmund Aloysius Walsh、1885年10月10日 - 1956年10月31日)が、1919年に同大学内に創った「エドマンド・A・ウォルシュ外交学院」が改組されたものである。ウォルシュは地政学者カール・ハウスホーファーの弟子であり、その学問をアメリカに移植することを目的とした組織であった。
設立にあたっては、アーレイ・バークおよびデイビッド・マンカー・アブシャイア(David Manker Abshire)[6]が主導[7]。1987年にジョージタウン大学から独立した研究機関となった。設立の経緯から、アメリカ陸軍などアメリカの国家安全保障グループとの繋がりを強みとする。

理事長には、1999年よりサム・ナンが、同研究所所長最高経営責任者には、2000年4月よりジョン・ヘイムリがついている。また、ヘンリー・キッシンジャーやカーラ・ヒルズ、リチャード・アーミテージ、ズビグニュー・ブレジンスキーが理事を務め、顧問にはキッシンジャーと弟子のブレント・スコウクロフトがいる。彼らの多くはアメリカ国家安全保障会議の国家安全保障問題担当大統領補佐官でもあった。
イラク戦争後の“復興”において、リポート「より賢い平和(A Wiser Peace)」を作成し、時のアメリカ合衆国国防長官ドナルド・ラムズフェルドに提出した。
日本人では小泉進次郎や、浜田和幸辻清人渡部恒雄などが一時籍を置いた。現在では日本から多くの将来有望な若手官僚や政治家(候補含む)がCSISに出向して学んでくる慣習が確立している。日本部には、防衛省、公安調査庁、内閣官房、内閣情報調査室の職員の他、日本貿易振興機構や損害保険会社、日本電信電話の職員も、客員研究員として名を連ねている。また、日本の現役政治家とも縁が深く、麻生太郎安倍晋三なども度々CSISを訪れ、講演でスピーチを行っている。
CSISは日本では公益財団法人東京財団(日本財団の下部組織)と協力関係にある。東京財団の他にも笹川平和財団、特定非営利活動法人世界開発協力機構が、パシフィックフォーラム CSISを通じてフェローシップ・プログラムの提携を行っている[8]。また、2011年には日本経済新聞社と共同で「日経・CSISバーチャル・シンクタンク」の創設を発表し、2012年に立ち上げた。
稲盛財団理事長の稲盛和夫は国際評議員を務め、2002年4月1日には政界・経済界等の若手リーダーを養成するための設立基金500万ドルを財団から寄付し、「アブシャイア・イナモリ リーダーシップ・アカデミー」(Abshire-Inamori Leadership Academy:略称AILA)をCSIS内に共同で設立した[9]。パシフィックフォーラム CSISでは、半田晴久と稲盛の他、オリックス元会長の宮内義彦が日本在住の理事を務めている[10]。
CSISは子宮頸がんワクチンの接種、推進に関する日本政府への提言なども行ってきている。






私がこれまで書いてきた問題となるキーワードだらけですよね。
これって陰謀論でも何でもないですよ。ウィキに書かれていることですよ。
しっかりとイエズス会が関係していますね。
日本国民は、ここに記された“CSISの協力者”の名前をしっかりと覚えておくべきです。
こいつらが、私がチーム・イルミナティと呼んでいる売国奴集団である。
こいつらは、その名の通り“戦略的に”日本民族を根絶やしにしようとしているのである。
その一つが「子宮頸がんワクチンの接種、推進に関する日本政府への提言」なのです。
「この国の政策を誰が決めているのかという重要事項を頭に入れないで、このことを問題視しない政治家に加担しても何の問題解決にもならない」ということを理解してください。
併せてこの重要な問題を問題視しないマスゴミは日本国民の敵であることを理解してください。
そのことを理解したうえで、改めて下記の「事実」を頭に叩き込んでおいてください。



・CSISに命令されたとおりに安倍がこの国の政策を決めている

・CSISに命じられた政策は、日本民族を滅亡させるための「政策」である

・CSISに命じられたマスゴミは、日本国民を騙すために存在している






「彼ら」が何故にワクチンを推奨するかがご理解できましたか?
そうしたら次のニュースの「本当の意図」が理解できますよね。
WHOも「彼ら」の支配下であることは「常識」ですヨ。



https://www.asahi.com/articles/ASN2F4JY6N2FUHBI00F.html?iref=comtop_8_02
「新型肺炎ワクチン4種開発中」WHO、実用化に1年超
2020年2月13日 14時09分

世界保健機関(WHO)は12日、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大について、4種類のワクチンが開発中だと明らかにした。実用化されて普及するには12~18カ月はかかるという。WHOの感染症専門家、スワミナサン氏が記者会見で明らかにした。
 スワミナサン氏によると、世界で開発中の4種類のワクチン候補のうち、1~2種類が3~4カ月後に人への治験に使える見通しだという。一方で、ワクチン開発はあくまで「中期的な優先事項」だとも強調。11~12日にWHOで開かれた各国の専門家や保健当局者による会合では、まずは簡単な感染の検査方法を確立することが最優先の課題だと一致したことも明らかにした。高度な機器に頼っていては、途上国での感染拡大を防げないという危機感が共有されたという。(ジュネーブ=疋田多揚)





ご自身の責任でご判断いただいたらEと思いますが、私はワクチンだけはやめといた方がEと思いますヨ。
最後に、この記事を紹介しておきます。



(天下泰平)さん
http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51987682.html
2020年02月13日
新型コロナウイルスも予言したイルミナティカード

そんなイルミナティカードが、現在大きく話題となっているのが、あの新型コロナウイルスに関わるもの。

「Place of Demons(悪魔の疫病)」

と名付けられたカードの絵柄には、アメリカの国会議事堂と、それを囲むように悪魔とたくさんのコウモリの存在が。

新型コロナウイルスの感染源は、当初コウモリ由来ではないかと言われ、そして武漢には、アメリカ国会議事堂を模倣したと思われる建築中のホテルが存在しているそうです。


世界中で話題となっているウイルス感染だけに、今回のイルミナティカードのことは東スポが取り上げるほど。






イルミナティカードは1995年に発売されていたわけですから、「新型コロナウイルス詐欺は大昔から計画されていた」ちゅーわけですナ・・・






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

COMMENT

No title



SA*Sでも脚光浴びたウ〇ルス〇知会社の栄〇〇学、最近は軒並み株価も順調で、株主はスピ昭〇夫人が大好きな麻薬で有名な大〇〇薬とか日〇会議の黒〇(〇山)、黒▽というのは川〇学▽というのを経営していてそこの教授がなぜか加〇(〇崎)とかいう人。加〇とかいう人は大昔から親の代から安〇ちゃん人脈とずぶずぶ。大○○薬は長〇産業とかとずぶずぶであ〇ちゃんと親しい企業。バイオ企業だった林〇とかも関係があるらしい。〇山といえば〇医学部で話題になったところだけどなぜか旧日〇軍とかかとの関係が噂されている。理事長はなぜかあ〇ちゃんの祖父とそっくりといわれている。

EDIT COMMENT

非公開コメント