ジャズやロックといったジャンルを飛び越えたミュージシャン、チャールス・ロイドは只者ではありゃしまへん! - ルシンダ・ウィリアムス
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

ジャズやロックといったジャンルを飛び越えたミュージシャン、チャールス・ロイドは只者ではありゃしまへん!

「Vanished Gardens」Charles Lloyd & The Marvels & Lucinda Williams


チャールス・ロイド&ザ・マーヴェルスの2018年のアルバムである。
ゲスト・ヴォーカルにルシンダ・ウィリアムズが参加している。
チャールス・ロイドのサックス及びフルートは、ゆったりとしたプレイもあれば、鬼気迫る新進気鋭のプレイもある。
この爺さんは只者ではない!

チャールス・ロイドは、1938年3月15日にテネシー州メンフィスに生まれた。
現在81歳である。モンゴル人の血をひくアメリカ人である。
10歳でサックスを始め、10代の頃はR&Bのバンドでアルト・サックスを演奏する。大学で作曲を学び、卒業後、1961年まで教鞭を取る。
B.B.キングやボビー・ブランドのグループで演奏し、61年にチコ・ハミルトンのグループに加わり本格的なプロとしての活動を始める。
キャノンボール・アダレイのグループでの活躍後、自らのカルテットを66年に結成。 キース・ジャレットを擁したこのグループでの作品 『フォレスト・フラワー』 が大ヒット。 一躍ジャズロックのビッグ・グループとして知られるようになった。
その後はビーチ・ボーイズなどのサポートを務めるが、体調を崩し、精神も病み、自宅隠居生活を送る。
しかし、ピアニストのミシェル・ペトルチアーニに復帰するように導かれ、『A Night in Copenhagen』という1983年のCopenhagen Jazz Festivalでパフォーマンスしたカルテットでのライヴ・レコーディング作品を1985年にリリースする。
そして2015年、30年ぶりの新作『Wild Man Dance』を発表する。
復帰後は、精力的にアルバムを出し続けている。

そして、マーヴェルズのメンバーが凄い。
ギタリストのビル・フリゼール、ペダル・スティール・ギター&ドブロのグレッグ・リーズ、ベースのルーベン・ロジャース、ドラムスのエリック・ハーランドと、全員強者の名手ばかりである。よくこれだけのミュージシャンを集めたものである。

そして極めつけは、ヴォーカルのルシンダである。
本作には彼女の自作の曲が4曲含まれている。
「Dust」など、彼女のアルバムにも当然入っている曲なのだが、
聴き比べてみても本作の方が数段いい。
本作は、ルシンダにとってもチャールスにとっても良い効果をもたらしている。

ルシンダのヴォーカル曲はどの曲も素晴らしいが、特にラストの「Angel」が最高である。
正直言って、この曲を聴きたくてこのアルバムを買ったようなものなのである。
メロディーもいいんですが、「昨日、天使が天国から降りてきた」「天使は月と深い青い海との間にあるスウィート・ラヴについて語ってくれたんだ」という歌詞もいいんですね。実にロマンチックです。
この曲はジミヘン作の名曲なんだが、ジミヘンはギタリストとしての印象が強すぎますが、このような甘い詩を書くメルヘンチストでもあったんですね。
フェイセズのカバーも大好きなんですが、この演奏もいいんですよね。
やっぱチャールスのサックスがゆるゆるで味わい深い。
チャールスは、ロック・フェスでジミヘンと共演した経験があるんですよね。
チャールスにとっても、この曲は思い入れがかなりあるんでしょうナ。

インストでは、チャールスの自作である「Blues For Langston And LaRue」が特にいい。
この曲は、時代が経過しても人々に聴き継がれる、“知る人ぞ知る名曲”になることは間違いないでしょう。

ジャズやロックといったジャンルを飛び越えたミュージシャン、チャールス・ロイドは只者ではありゃしまへん!





評点:100点



ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント