「第三次世界大戦は、シオニストとアラブ人とのあいだに、イルミナティ・エージェントが引き起こす、意見の相違によって起こるべきである。世界的な紛争の拡大が計画されている……」 byアルバート・パイク - 戦争
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

「第三次世界大戦は、シオニストとアラブ人とのあいだに、イルミナティ・エージェントが引き起こす、意見の相違によって起こるべきである。世界的な紛争の拡大が計画されている……」 byアルバート・パイク

「嘘八百の”八百長”第三次世界大戦”勃発”報道に騙されてはなりません!」



ずっと前に書いていたと思い込んでいたのだが、
意外や意外、書いていなかったようである。
何のことかって?
はい、アルバート・パイクについてである。
第一次世界大戦・第二次世界大戦・第三次世界大戦を予言していた人物である。
予言というよりも、「実行計画」なわけですけどね・・・
アルバート・パイクの予言を紹介しているブログ記事から紹介します。



https://matome.naver.jp/odai/2148164276472707401
■■謎の男、アルバート・パイク
弁護士、詩人、多作な作家として活躍していた南部連邦の将軍、アルバート・パイクは、

1857年に秘密結社イルミナティの最高幹部(最高位33階級)にまで登り詰め、「黒い教皇」と呼ばれるようになった。(彼は「KKK」の創始者でもある)。


彼が1871年に、イタリア建国の父であるジュゼッペ・マッチーニに送った書簡(手紙)には、予言ともいえる恐るべき「未来計画」が書かれていた。

それによると、まず、「世界を統一するために今後3回の世界大戦が必要だ」と書いてあり、

「1回目はロシアを倒すために、2回目はドイツを倒すために。3回目はシオニストとイスラム教徒がお互いに滅し合い、いずれ世界の国々もこの戦争に巻き込まれ、それが最終戦争に結びつくだろう」

と書かれていた。

■■アルバート・パイクの“予言”(未来計画)

「第一次世界大戦は、ツァーリズムのロシアを破壊し、広大な地をイルミナティのエージェントの直接の管理下に置くために仕組まれることになる。そして、ロシアはイルミナティの目的を世界に促進させるための“お化け役”として利用されるだろう。」

「第二次世界大戦は、『ドイツの国家主義者』と『政治的シオニスト』(パレスチナ地方にユダヤ人国家を建設しようとする人々)の間の圧倒的な意見の相違の操作の上に実現されることになる。その結果、ロシアの影響領域の拡張と、パレスチナに『イスラエル国家』の建設がなされるべきである。」

「第三次世界大戦は、シオニストとアラブ人とのあいだに、イルミナティ・エージェントが引き起こす、意見の相違によって起こるべきである。世界的な紛争の拡大が計画されている……」

「キリストの教会と無神論の破壊の後、ルシファーの宇宙的顕示により、真の光が迎えられる……」>



この文章を説明する必要はないですよね。
少なくとも、「1871年」に書かれたこの予言は実際に起きたということです。
第一次世界大戦・第二次世界大戦は「予定通り」起きたのです。
ということは、第三次世界大戦もこの通り起きるのじゃないでしょうか?
皆さん、ご理解いただいてますよね。

「全ての戦争が八百長である」という「事実」を。

そして、このニュースです。



https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020010801000669.html
イラン、米に報復攻撃 イラク空軍基地にミサイル十数発
2020年1月8日 13時42分
【テヘラン、ワシントン共同】イランは8日未明(日本時間同日午前)、米軍が駐留するイラクの空軍基地など2拠点を十数発の弾道ミサイルで攻撃した。国営イラン放送や米国防総省が明らかにした。米軍によるイラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官殺害に対する報復。大規模反撃を警告してきたトランプ米大統領は対応に言及しておらず、米東部時間8日午前(日本時間8日夜から9日未明)に声明を発表する。
 米メディアによると、中西部アンバル州のアサド空軍基地に10発、北部アルビルの基地に1発が着弾。米側の死者は確認されておらず、米軍が被害状況を調べている。





「第三次世界大戦は、シオニストとアラブ人とのあいだに、イルミナティ・エージェントが引き起こす、意見の相違によって起こるべきである。世界的な紛争の拡大が計画されている……」


そのまんまじゃないですか・・・

今日の12時のNHKニュースで、このニュースに解説者(怪説者?)としてある人物がしゃべっていました。
渡部恒雄という男が。笹川平和財団(?)に属しているらしい。
ウィキで見てみる。




渡部 恒雄(わたなべ つねお、1963年〈昭和38年〉11月13日 - )は、日本の研究家、歯科医師、笹川平和財団特任研究員を経て上席研究員(元東京財団上席研究員)。戦略国際問題研究所非常勤研究員、沖縄平和協力センター上席研究員。父親は元衆議院議員の渡部恒三。


戦略国際問題研究所って何ですか?



戦略国際問題研究所(せんりゃくこくさいもんだいけんきゅうじょ、英語: Center for Strategic and International Studies, CSIS)は、アメリカ合衆国のワシントンD.C.に本部を置く民間のシンクタンク。1962年にジョージタウン大学が設けた戦略国際問題研究所(CSIS)が、後に学外組織として発展したものである。
「ジョージタウン大学戦略国際問題研究所」は、イエズス会の神父エドマンド・アロイシャス・ウォルシュ(Edmund Aloysius Walsh、1885年10月10日 - 1956年10月31日)が、1919年に同大学内に創った「エドマンド・A・ウォルシュ外交学院」が改組されたものである。
理事長には、1999年よりサム・ナンが、同研究所所長最高経営責任者には、2000年4月よりジョン・ヘイムリがついている。また、ヘンリー・キッシンジャーやカーラ・ヒルズ、リチャード・アーミテージ、ズビグニュー・ブレジンスキーが理事を務め、顧問にはキッシンジャーと弟子のブレント・スコウクロフトがいる。彼らの多くはアメリカ国家安全保障会議の国家安全保障問題担当大統領補佐官でもあった。
イラク戦争後の“復興”において、リポート「より賢い平和(A Wiser Peace)」を作成し、時のアメリカ合衆国国防長官ドナルド・ラムズフェルドに提出した。
日本人では小泉進次郎や、浜田和幸、辻清人、渡部恒雄などが一時籍を置いた。現在では日本から多くの将来有望な若手官僚や政治家(候補含む)がCSISに出向して学んでくる慣習が確立している。日本部には、防衛省、公安調査庁、内閣官房、内閣情報調査室の職員の他、日本貿易振興機構や損害保険会社、日本電信電話の職員も、客員研究員として名を連ねている。また、日本の現役政治家とも縁が深く、麻生太郎や安倍晋三なども度々CSISを訪れ、講演でスピーチを行っている。
CSISは日本では公益財団法人東京財団(日本財団の下部組織)と協力関係にある。東京財団の他にも笹川平和財団、特定非営利活動法人世界開発協力機構が、パシフィックフォーラム CSISを通じてフェローシップ・プログラムの提携を行っている。また、2011年には日本経済新聞社と共同で「日経・CSISバーチャル・シンクタンク」の創設を発表し、2012年に立ち上げた。
稲盛財団理事長の稲盛和夫は国際評議員を務め、2002年4月1日には政界・経済界等の若手リーダーを養成するための設立基金500万ドルを財団から寄付し、「アブシャイア・イナモリ リーダーシップ・アカデミー」(Abshire-Inamori Leadership Academy:略称AILA)をCSIS内に共同で設立した。パシフィックフォーラム CSISでは、半田晴久と稲盛の他、オリックス元会長の宮内義彦が日本在住の理事を務めている。
CSISは子宮頸がんワクチンの接種、推進に関する日本政府への提言なども行ってきている。





はいはい、あのCSISのことですよ。
アホウが勝手に「日本の水道を民営化します」って話したところですよ。
分かりやすく言えば、「彼ら」がチーム・イルミナティの売国奴連中を従えて、日本民族絶滅計画を推進するために存在している組織ですよ。
元はと言えば、あのイエズス会が作った組織ですよ。
この組織が何者であるかは察しがつきますよね。
キッシンジャー、アーミテージ、ブレジンスキーと、イルミナティの極悪メンバーが理事を務めていますね。
小泉の息子が年金を75歳支給に改悪しようとしているのも、ここからの指示なんですよ。
子宮頸がんワクチンを推進しているのも、ここからの指示なんですよ。
あの笹川良一関連の笹川平和財団とやらも、ここと繋がっているんですよ。
「平和」が逆の意味を表していることは説明不要ですよね。
嘘情報拡散媒体であるNHKがこの人物を“用意周到”に招いたのも、
すべて予定通りの行動だったのです。
さも中東危機が「偶然」発生したかのように「解説」させるためのね。
この超ヤバイ状況で自衛隊が派遣されようとしているのは、
決して「偶然」ではありません。
自衛隊員は、退職も許可されず、無理やりにでも派遣させられようとしているようですが、こんな大義のない殺し合いに参加してはなりません。

嘘八百の”八百長”第三次世界大戦”勃発”報道に騙されてはなりません!

このツイッター(自衛隊員は退職も許可されず、派遣先で何があっても責任は自分で負うという誓約書を強要され、家族がこの現状をSNSで拡散しようとしてもアカウントごと停止されてしまうことを訴えています)は削除されたようです。
これが”民主主義国家”日本の現状です・・・


https://twitter.com/puglife0957/status/1214233185283788801




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント