歴史・宗教

ミロク=666?

 ←「Where Did Our Love Go 」Diana Ross & The Supremes  →「Having A Party」SAM COOKE
「超図解 竹内文書Ⅱ 天翔(あまか)ける世界天皇(スメラミコト)」
高坂和導





前書に続く。1995年11月の書である。以下、引用する。



超古代文明の真実を追究していくとき、そこに厳然と姿を現すのは、世界政府の統治者としての天皇の姿なのである。神とは秩序の担い手である。その神の霊流を受けて、宇宙や地球の秩序法則を体現しつつ、地球を統治する役割を任じていた存在が天皇だったのだ。
ファシズム体制のなかの最高権力者という意味ではないのだ。ちょうど太陽が地球上の四季の移り変わりや、生態系の循環システムの要となっているように、人間界におけるバランス維持の要としての役割を、天皇が果たしていたわけである。
その当時は、天皇の統治のもとで高度な科学技術と自然の摂理とを調和させ、争いのない秩序の整った平和な文明を築いていたことが、竹内文書に記録されている。
だが、天皇に任命されたはずの各国の王が権力指向に陥り、調和と秩序を省みなくなったところから、世界政府のきしみが始まり、天皇の権威が失墜していくのである。そしてついにだれもが知るように、世界政府の秩序は完全に崩壊し、天皇は統治者の座を追われ、後の権力者たちによって改ざんされた歴史だけが、ひとり歩きを始めてしまった。文明の性質も変わってしまい、もはや人類は地球とともに集団自殺を図ろうとしているかのような、悪循環の生活システムを築きあげてしまった。

近代日本を代表する霊能力者である出口王仁三郎は、神の意図した「ミロクの世」の到来を予言した。その後を受けて、岡本天明の日月神示が、「ミロクの世」へのより具体的なアプローチの仕方を、私たちに示してくれた。
そして今、私たちは超古代に一時的に実現した「ミロクの世」の姿を、竹内文書によって垣間見ることができる。つまり竹内文書とは、神が私たち人類を完全なる「ミロクの世」へと導くために、その具体的な指針として用意しておいてくれた、過去の不完全な「ミロクの世」のスケッチなのである

今年(平成七年)に入ってからも、阪神大震災、オウム・サリン事件、韓国のデパート崩壊事件、インドの大洪水、サハリン大地震等、神がさまざまな神示を通じて伝えてきた、現代文明の立て替え立て直しのための大峠に匹敵する事件、災害が続出している。神は人類が改心しなければ、すべてを泥の海に返すといっているのだ。事実、過去に何度も神の警告に反した文明が、地震や水没で泥の海に返されてしまったことが、竹内文書にはっきりと記録されている。
私たちに残された時間は、極めて少ないのかもしれない。これからはいよいよ、立て替え立て直しの大詰めがやって来ることだろう


*一体なぜ日本の天皇の紋章が世界中の遺跡から出てくるのか。ひとつには、天皇の万国巡幸の際に、各国が歓迎のために日章紋を用いたことが考えられる。
バビロンのイシュタル門へ続く行列道路に描かれた十六日章菊形紋は、その典型的な例である。
バビロンの有名なイシュタル門および行列道路は、現在、ベルリンのベルガモン博物館でその古代の姿を見ることができる。
・・・・・(中略)・・・・・
ローマの公園のフラワーポストに、アルハンブラ宮殿の広間の飾り窓に、高貴な方を迎える場所の装飾には、各地で菊花のモチーフが使われている。
・・・・・(中略)・・・・・
天皇より日章紋を拝受した例として有名なのは、聖都エルサレムのヘロデ門に掲げられた、メシア章と呼ばれる日章紋である。モーゼが天皇より拝受したものである

*では、実際問題として、二十一世紀を目前とした今、ミロクの世に向けてどこから動き出せばよいのだろうか
日本人は、黄人ではなく日人である。日人は天皇を助け、万国の調和のために働くことが天命である。竹内文書からこの事を学んだ方は、そのことをまず強く自覚していただきたい。
私は現在が、明治維新に非常によく似た時代であると思っている。鎖国をして狭い世界観にとらわれていた日本が、世界に向け門戸を開いたように、これからは宇宙に目を向けていく時期なのである。現代はそうした観点に立って、「ミロク維新」とでもいうべき、価値観の転換を起こさなければならないのである
そこで、地球がひとつの国として生きて行くために、私は事あるごとに、五か条の提案をお話している。その内容は以下のようなものである。
1、 核兵器をはじめとするあらゆる兵器の即時全廃
2、 軍隊の解散。軍事産業は平和産業へ転換
3、 世界政庁の設立
4、 国境の廃止と通貨の統一
5、 天皇を指導者とする霊性教育の実施




(管理人)
皆さん、もうお分かりですよネ。何も言う必要はないですよネ。
ここに述べられていることは、いつも私が警告しているイルミナティの新世界秩序の行動計画に他ならないことを・・・。
少しだけ書いておきますが、著者が唱えているのは「国境をなくす」ことであり、「通貨を統一する」ことであり、「世界政府を樹立する」ことなのです。
ただ、イルミナティの行動計画と異なっているのは、「トップに天皇を据える」というところなのです。イルミナティにとっては、天皇はあくまで世界権力の臣下の一員に過ぎないわけですから(明治以来、歴代天皇は英国のガーター騎士団員となっています。)、この考え方は「彼ら」からみると、危険思想でしょうネ。
どうやら、著者及び竹内文書・大本教・出口王仁三郎・日月神示関係者(同一勢力であることは間違いなさそうですね)は、イルミナティ勢力と接近して、ユダヤの宣伝部隊として活躍したはいいが、「トップに誰を据えるか」という問題で、「彼ら」の“ご意向”に反したため、隅に追いやられたのではないでしょうか。弾圧もされていますしネ。
オウムも似たような存在だったのではないでしょうか。「彼ら」に利用されるだけされて、切られてしまったような気がします。ある意味、可哀想な気がしてきました。
それにしても、「ミロクの世」とか、「ミロク維新」というのは勘弁してもらいたいものですナ。
まさに、「666」のことのようですナ。






評点:10点




もくじ  3kaku_s_L.png 太田龍
もくじ  3kaku_s_L.png 鬼塚英昭
もくじ  3kaku_s_L.png 人類の起源
もくじ  3kaku_s_L.png 日本人のルーツ
もくじ  3kaku_s_L.png サム・クック
もくじ  3kaku_s_L.png サム&デイヴ
もくじ  3kaku_s_L.png アル・グリーン
もくじ  3kaku_s_L.png オル・ダラ
もくじ  3kaku_s_L.png タジ・マハール
もくじ  3kaku_s_L.png プリンス
もくじ  3kaku_s_L.png ニーナ・シモン
もくじ  3kaku_s_L.png トム・ウェイツ
もくじ  3kaku_s_L.png ライ・クーダー
もくじ  3kaku_s_L.png ザ・ドアーズ
もくじ  3kaku_s_L.png レゲエ・スカ
もくじ  3kaku_s_L.png ブルース
もくじ  3kaku_s_L.png ロック
もくじ  3kaku_s_L.png オールディーズ
もくじ  3kaku_s_L.png クラシック
もくじ  3kaku_s_L.png 替え歌
もくじ  3kaku_s_L.png 頭脳警察・PANTA
もくじ  3kaku_s_L.png amazarashi
もくじ  3kaku_s_L.png スピッツ
もくじ  3kaku_s_L.png マネー詐欺
もくじ  3kaku_s_L.png マスゴミ
もくじ  3kaku_s_L.png 不正選挙
もくじ  3kaku_s_L.png 歴史・宗教
もくじ  3kaku_s_L.png 戦争
もくじ  3kaku_s_L.png 原発・放射能
もくじ  3kaku_s_L.png 旅行記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【「Where Did Our Love Go 」Diana Ross & The Supremes 】へ  【「Having A Party」SAM COOKE】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【「Where Did Our Love Go 」Diana Ross & The Supremes 】へ
  • 【「Having A Party」SAM COOKE】へ