スクワレン=救われん - 歴史・宗教

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック

スクワレン=救われん

「超図解 竹内文書 宇宙超文明の果てしないはじまり」
第二回(最終回)
高坂和導





前回に続く。以下、一部引用する。

*われわれ人類が生活しているのは三次元である。その三次元の統治神が天皇である。この天皇は四次元の神々によって任命され、同時に指導も受け、三次元の世界を統治している。そして四次元の神は五次元の神の・・・、というように、それぞれの紙が、上の次元の神の任命と指導のもと、各次元を統治しているのである。
・・・・・(中略)・・・・・
五次元の神は、今までの神でないと四次元を統治することができないことを知ってはいたが、他の神々にもそれを納得させ、また、成長させるためのチャンスとして交替を許したのであった。今までの統治神は任を解かれ、他の神々の自由な学習期間を見守ることとなった。これがいわゆる艮の金神である。
四次元の神が交替すると、それに合わせて三次元の天皇の御霊もそれに即したものに変わってくる。四次元の神々が統治権を争えば、当然三次元でも地球上の国々が世界の統治権を争うようになる。神々の統治が行き詰まり、その影響が人類に及ぶと天変地異が起こるのである。
このようにいうと人間は被害者のようだが、必ずしもそうではない
その証拠に、心正しいもの、神の定めた秩序を守って生活していた人々は、天変地異のとき、神によって命を救われているのである。不合朝七十一代の記録にも、「神生まれ信仰する人、神守救助」と明記されている。

*シャクナゲ茶は、寿命を倍に延ばすことができる。そういえば、竹内文書を世に出した竹内巨麿も、当時の平均寿命に比べると、はるかに長い九十五歳まで生きている。これもシャクナゲ茶の効果なのだろうか。
・・・・・(中略)・・・・・
さらに、酸素の希薄な場所に育ったシャクナゲには、その成分をうまく体内に取り入れることによって、人間の血液中に酸素を増やす効果があるらしい。酸素を増やすという点では、深海で育ったものでも条件は同じである。ちなみに、海底にすむ深海ザメの脂から作る「スクワレン」という薬があるが、これにもやはりシャクナゲ同様、酸素を増やす作用があるという。

*そのキリスト教の始祖であるイエス・キリストが、日本に来ていた。まだ聖人として布教を始める前に日本で学び、十字架の難も逃れ、実は日本で死んでいた。そんな驚天動地ともいえる記録が、竹内文書には残っているのだ。しかも、それは単なる記録だけにとどまらず、史跡やご神宝などの物的証拠とともに、今もその足跡をうかがい知ることができるものなのである。
キリストの来日。日本でこのテーマに最初に取り組んだのは、山根キクというひとりの女性であった。彼女は神学校でキリスト教を学び、卒業後は社会福祉の仕事に従事していた。その彼女の運命を大きく変えたのが、竹内文書との出会いであった。神学校時代に聖書を学び、キリストの生涯について、かねがね多くの疑問を持っていた彼女は、竹内文書によって初めてキリストの真実の姿を知り、すべての謎と疑問が一気に氷解した。その後、彼女は何とかしてこのことを立証すべく、竹内文書にあるキリストの足跡をたどって実地調査を重ね、昭和十三年「光は東方より」を著し、ついにキリスト来日説を立証したのであった。
・・・・・(中略)・・・・・
イエスの最初の日本滞在は、足かけ五年にわたる。その間イエスは皇祖皇太神宮の神主、武雄心親王(たけおごころしんのう)の弟子となり、さまざまな修行を積むことになる。そして、天皇からユダヤの王の紋章を賜り、ユダヤの人々に道を説くために帰国するのである。帰国後、イエスは迫害に遭い、危うく十字架にかけられるところ、弟イスキリが自ら身代わりとなって、イエス自身は難を逃れる。その後世界中をまわり、再び来日、百十八歳の天寿をまっとうするまで日本を基点として過ごすのである。
イエスの来日、そして十字架の上で死んだのがイエスではなく弟だったということ。この二点が、キリストの生涯の謎を解くカギだったのである


イエスがこの世を去ったのは、景行天皇即位十八年、十二月二十五日のことであった。享年百十八歳、苦難と光輝に満ちた人生であった(現在十二月二十五日はイエスの誕生日といわれているが、本当は命日だったのだ)。
・・・・・(中略)・・・・・
現在、キリストの墓は三戸郡新郷村(さんのへぐんしんごうむら)の戸来(へらい)が丘と呼ばれる高台にある。戸来(へらい)が丘の参道を上りきるとふたつの十字架が立っている。ひとつには「十代墓(じゅだいぼ)」とあり、イエスの身代わりになったイスキリの墓である。そして、もう一つが、イエスの墓「十来塚(とらいづか)」である。
イエスの足跡を残す戸来村には、子供に赤いちゃんちゃんこを着せる風習や六芒星のマークなどユダヤとの深い関係を匂わせるものが数多く伝えられている
。その中でも、この付近に古くから伝わる「ナーニャードラヤ」という歌は、日本語では全く意味がわからないがヘブライ語で訳すことができるといわれている。そして、その意味は進軍歌であるとか、愛し合う男女の歌であるといわれている。
これらのことがイエスと関係があることはまず間違いないだろう。戸来という地名自体も「ヘブライ」の変化したものであることは明らかだ




(管理人)
“究極のトンデモ本”といってもいい竹内文書に関する書を初めて読んだが、噂通りというか、いやそれ以上だった。
簡単に超要約すると、以下のようになる。

太古の昔に宇宙人が地球にやって来て、それも日本に降り立ち(天孫降臨)、天皇となる。世界の王となった天皇は五色人という人間を遺伝子操作によって創り出す。そして、格地に散らばった人間の王を監視、任命するために天皇はUFOと思われる天空浮船に乗って世界中を巡回する。
さらに、モーゼ、イエス、マホメット、釈迦、孔子、老子などの聖人が日本で修行していた。イエスは日本で修行を積んだ後、天皇からユダヤの王の紋章を賜り、ユダヤの人々に道を説くために帰国する。十字架にはかけられずに生き延び、再び日本を訪れ、日本で亡くなる。

ざっとこんな話である・・・・・・。
信じるか信じないかはあなた次第です!
確かに偽書扱いされても仕方ないかもしれませんナ。しかし、仮に(?)作り話だとしても、よくぞこれだけの話を作ったものだと思う。本当に太古の人間が作ったのか、近年になって竹内文書を世に出した竹内巨麿が作ったのかは判らないが・・・。

私は竹内文書なるものを全く否定しているわけではない。価値があると思われるところを挙げてみる。

まず、第一にこの書を古代の人間が書いたというのが本当であったとしたらスゴイことだと思う。そうでなかったら、完璧な詐欺ですナ(笑)。
いや、ちょっと待てよ。古代の人間がモーゼ、イエス、マホメット、釈迦、孔子、老子などのことを本当に知っていたのだろうか。今でこそ彼らは“超有名人”であるが、その当時でも名前が知れわたっていたのだろうか?まあ、UFOで移動しまくれる程文明が進んでいたらしいから本当なのかもしれないけどネ(笑)。
第二に、ヒヒイロカネなるものが本当に存在し、地球上の物質からなる金属ではないとすれば、宇宙からやって来たというのも納得できる。
第三に、原典は神代文字で書かれていた、とする点である。学校教育では漢字・ひらがな文化が日本の文字であるとし、神代文字を含めてひらがな以前の日本の文字を公には認めたくないようだが、そういった古代文字が存在していたことは明らかな事実である。
第四に、数字に関する指摘である。まず、五色人の「五」という数字は五体満足や五臓や指の数にもあるように遺伝子レベルの秘密があるのでは、との点だ。ちょっと無理があるような気もするが(笑)。そして最も驚かされたのは、人間の染色体の数が四十六本だと指摘している箇所である。私はこのことは全く知らなかった。これってひょっとしたら、「彼ら」が「46」という数字に異常に拘っている理由なのではないだろうか、と感じた。
第五に、人類誕生の起源は宇宙人による遺伝子操作である、との点だ。この説は私が今まで読んだ数冊の書にも同様のことが書かれていたが、「真実に近いのではないかな」と、個人的には思っている。少なくとも、ダーウィンの進化論にあるように「猿が人間に進化した」という大嘘よりは信憑性がある。
第六に、ピラミッドの起源が日本にあるという点である。酒井勝軍の説だが、日本の山をピラミッドに見立てるというのはおもしろいと感じた。自分で調べたわけではないが、ピラミッドの言葉の起源も含めて間違ってないのかもしれない。

次に疑問に感じた点を挙げる。
全体的に疑問だらけなのだが・・・、特に気になった箇所を挙げてみる。

第一に、前に触れた大本教及び出口王仁三郎とどうやら竹内文書が関係しているらしく、これらに関する引用が本書に多々見られることです。大本教・出口王仁三郎及び日月神示に関しての疑問点については以前のブログ記事を見て下さい。
第二に、「神の定めた秩序を守って生活していた人々は、天変地異のとき、神によって命を救われているのである。」と述べている箇所である。この書が発売されたのは1995年であるから、阪神大震災後のことである。この発言はかなり問題があるのではないだろうか。
阪神大震災や東日本大震災で亡くなった人々に何の問題があったと言うのだ。しかも、両震災ともに、「彼ら」が仕組んだ人工地震である。そういった真実にも一切触れない神を信仰している宗教など信じられるわけがない。
第三に、シャクナゲ茶の効能を紹介している文面の後で、スクワレンのことを、さも良薬であるかのごとく紹介している点である。スクワレンは「彼ら」の推進している毒ワクチン等に忍ばせている毒物であり、文字通り「スクワレン=救われん」ということは知る人ぞ知ることである。さりげなく、こういった紹介文を載せていることはとても偶然とは思えないキナ臭さを感じる。
第四に、「イエスは、天皇からユダヤの王の紋章を賜り、ユダヤの人々に道を説くために帰国するのである。」との箇所である。何故に、キリストがユダヤ王の紋章を賜るのか、ユダヤの人々に道を説く必要があるのだ・・・。
著者は故人なのであまり悪く書きたくはないが、典型的な日ユ同祖論者のようであり、「彼ら」の支配下にいたと思われる。キリストはユダヤ人ではありませんヨ。「キリスト=ユダヤ人」というのはユダヤの罠ですヨ






評点:30点

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。