「He's So Fine」The Chiffons 「My Sweet Lord」George Harrison 、Edwin Star、Billy Preston & Eric Clapton、Boy George 、Nina Simone - ザ・ビートルズ、Jレノン、Gハリソン、Pマッカートニー
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

「He's So Fine」The Chiffons 「My Sweet Lord」George Harrison 、Edwin Star、Billy Preston & Eric Clapton、Boy George 、Nina Simone

今日は、2曲。
まずは、シフォンズの「He's So Fine」です。


何かの曲に似てますか?

はい、ジョージ・ハリスンの「My Sweet Lord」です。


「He's So Fine」の作曲者であるリチャード・セルフは1967年に他界していたのですが、楽曲を管理するブライト・チューンズ社にジョージは訴えられ、敗訴しています。
ジョージはこう語っています。
「何年も前に死んだ彼(セルフ)の会社を引き継いだ会計士たちが、金目当てに僕を訴えている」と。
さらには、「1969年に全米トップ20ヒットを記録したエドウィン・ホーキンス・シンガーズによる18世紀のゴスペルナンバー「オー・ハッピー・デイ」に「My Sweet Lord」はインスパイアされた」と語っています。

音楽界に似通った楽曲は腐るほど存在しています。
こういった特集をやろうかなとも思っています。
ジョージは運が悪かったのか、嵌められたのかもしれませんね。

「My Sweet Lord」のカバーをアップします。
エドウィン・スターのヴァージョンです。


ビリー・プレストン&エリック・クラプトン他のヴァージョンです。
フォールもいる?


ボーイ・ジョージのヴァージョンです。


ニーナ・シモンのヴァージョンです。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村




COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。