「モンサントよ 我らが農家に育てさせてやれよ」by  NEIL YOUNG - ニール・ヤング
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

「モンサントよ 我らが農家に育てさせてやれよ」by  NEIL YOUNG

「THE MONSANTO YEARS」NEIL YOUNG


2015年のニール・ヤングのアルバムである。
以前このアルバムをアマゾンで買おうとしたが買えなかった。
しばらくして再チャレンジしたら買えた。
「彼ら」にとって大衆の手に入ることは好ましくない作品だろうから、何らかの購買規制がかかっているのかもしれない。
本作のテーマは言うまでもなく悪魔企業モンサントに対する告発である。
このようなテーマでアルバムを作る歌手は、ニール以外には見当たらない。
本作にはDVDも付いていて、皮肉たっぷりにモンサントの悪事を告発している。
この男はハンパない!

ニールが叩いているのは何もモンサントだけではない。
この世界を不当に支配している邪悪な奴らである。
私がいつもブログで叩いている勢力と同じである。「彼ら」である。
そいつらが大衆の土地や作物を不当に手に入れ、改悪していることに怒りの声を上げている。「愛の歌だけを聴きたがっている」と大衆を揶揄し、大衆に地球規模の飢餓の問題や邪悪な多国籍企業や政治家の横暴に目を向かせようとしている。

「ア・ロック・スター・バックス・コーヒー・ショップ」ではこのように歌っている。
「そう、コーヒーは飲みたいが 遺伝子組み換え食品は嫌だ 1日を始めたいから モンサントに力を貸すことなしに」
さらにはこのようにも。
「モンサントよ 我らが農家に育てさせてやれよ 彼らが育てたいものを ヴァーモントの人たちが食品に遺伝子組み換え表示を投票で決めたのは 何が入っているのかを知りたかったからだ 農家が何を育てているかをモンサントとスターバックスは 食品製造業者と手を組んでヴァーモント州を訴えた 人々の意志を覆そうと」

住友化学のようなモンサントの下請企業と与野党とマスゴミと御用学者とバカ芸能人等がグルになって種子法廃止という暴挙を行ったこの国の国民は、今こそ本作に真剣に耳を傾け、行動に移す必要がある。「子供たちに毒を食わせるな!」と怒る必要がある。
誰か本作をそのまま和訳して日本語で歌ってくれないものだろうか。
今更歌うだけでは手遅れかも知れないが、何もしないよりはよっぽどマシなのである。
ニール・ヤングの意志を引き継ぎ、悪魔企業モンサントに「NO!」を叩きつけるのだ!




評点:100点






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント