「Cantaloupe Island 」Herbie Hancock - 映画
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

「Cantaloupe Island 」Herbie Hancock

映画『ブルーノート・レコード ジャズを超えて』を観に行ってきました。
ブルーノートやジャズについて蘊蓄を垂れるほどの知識はありませんが、ブルーノートに関わる著名なミュージシャンの発言が散りばめられており、ジャズの名曲と併せて、そこそこ楽しめました。

それにしても、ブルーノートやチェス等、黒人ミュージシャンが在籍していたレコード会社は、何故か偽ユダヤ人が創業者であることが多いようである。この映画では「第二次世界大戦前夜、ナチス統治下のドイツからアメリカに移住した二人の青年、アルフレッド・ライオンとフランシス・ウルフ。大のジャズ・ファンであった彼らは、1939年にニューヨークで小さなレコード会社「ブルーノート・レコード」を立ち上げた」と創業者の二人が紹介されていたが、「何か裏があるのでは?」と思ってしまう。やはり黒人ミュージシャンは偽ユダヤ人に搾取されていたのだろうか?

今日の1曲は、ハービー・ハンコックの「Cantaloupe Island 」です。








ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント