<金田正一氏追悼>“記録にも記憶にも残る豪傑” - 千葉ロッテマリーンズ・プロ野球
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

<金田正一氏追悼>“記録にも記憶にも残る豪傑”

「金田正一氏の訃報にあたって思うこと」


金田正一が亡くなった。

https://www.daily.co.jp/baseball/2019/10/06/0012766532.shtml
2019.10.06
400勝投手、金田正一氏が死去 死因は急性胆管炎による敗血症 86歳で
プロ野球の国鉄、巨人で通算400勝を挙げた金田正一氏が死去したことが6日、分かった。同日午前4時38分、急性胆管炎による敗血症のため、都内の病院で亡くなった。86歳だった。巨人が発表した。
 金田氏は愛知県出身。享栄商高を中退し、1950年に国鉄(現ヤクルト)入り。8月入団ながら速球と縦に落ちるカーブを武器に8勝、打者としても17歳2カ月で史上最年少本塁打を記録した。51年から14年連続で20勝以上をマークし、球界を代表する大投手に。対巨人、対長嶋茂雄に闘志を燃やし、58年4月5日の開幕戦(後楽園)では、デビュー戦の長嶋から4打席連続三振を奪った。
 巨人移籍5年目、通算400勝を達成した69年に現役を引退した。前人未到の400勝、4490奪三振と298敗はともに史上最多。沢村賞には3度輝いた。背番号34は巨人の永久欠番になっている。
 引退後は73年から78年まで、90年と91年にロッテ監督を務め、74年にはリーグ優勝と日本一に導いた。88年に野球殿堂入り。「カネやん」の愛称で親しまれ、ロッテ監督退任後は野球解説者、タレントとして活躍した。
 巨人の発表によると通夜、告別式は近親者のみで行われ、喪主は長男・賢一さん。後日、お別れの会を行うという。




ロッテファンの私にとって金田氏の印象は強烈である。
小学生の頃、それまで高校野球にしか関心がなかったのだが、昭和49年のロッテと中日の日本シリーズ(ロッテが勝ち、日本一になった)をテレビ観戦していたことがきっかけでロッテファンになり、同時にプロ野球のファンになった。当時の監督は、カネヤンこと金田正一であった。よって私にとっての金田正一の記憶は、選手としてではなくロッテの監督としての金田正一である。その監督ぶりは、今考えてもメチャクチャであった。
とにかく気が短い。退場にもよくなった。
審判を蹴っ飛ばすなど今なら考えられない素行の悪さは有名であった。
試合前に行ったゴルフが原因で試合に遅れたこともあった。
自分には甘いが他人には厳しいのも金田氏の特徴であった。
あれだけの記録を持つ大投手故か、自軍の投手が打たれることに対して我慢が出来なかったのだ。ちょっと打者に打たれるたびに投手を変えるので、1日に7人の投手を使うこともザラであった。その中でも一番記憶に残る事件が「八木沢事件」だ。
八木沢投手が打たれて負けたことに腹を立てた金田は、なんと試合後に「八木沢に現役は無理だ。今季限りで引退してもらう」といった趣旨の発言をし、八木沢を即2軍に降格させたのだ。いくら腹が立ったとはいえ、試合後即座に選手の進退まで決めてしまうとは超メチャクチャである。監督に選手生命を決めてしまう程の権限があるのか!
金田のこの発言を問題視したオーナーは、八木沢を2軍から1軍に復帰させたのだ。
八木沢は1軍に復帰した最初の試合で好投し、勝ち投手になったと記憶している。
まさに意地の勝利であった。
ちなみに八木沢は、その後ロッテの監督になっている。
八木沢は金田の訃報に関して発言を求められたが、この事件のことには一切触れていない。



https://www.nikkansports.com/baseball/news/201910060001280.html
八木沢荘六氏「懐の深い人でした」恩人金田さん悼む
[2019年10月6日22時55分]
金田正一氏がロッテ監督時代に現役投手としてプレーした八木沢荘六・日本プロ野球OBクラブ理事長(73) 1週間か10日くらい前に体調が悪いと耳にしまして、大丈夫かなと思っていたんですが。大変驚いています。金田さんがロッテというチームを一から作り上げ、日本一にまで導いた。厳しい人でしたが、懐の深い人でした。
最後にお会いしたのは約1年前ですね。金田さんが小山市(栃木)でOBを中心とした野球チームの監督を務めた時に、会いに行きました。その時は元気そのものでした。
金田さんが監督時代に、いくつか改革をされました。特に体作り。2月のキャンプ中の食事がガラリと変わりました。和洋中と何でもそろい、豪華になりました。その話が他球団にも伝わり、今ではどの球団も食事には力を入れていると思います。
あとたばこはダメ、冷房もダメ、試合の飲み物は冷たいものは禁止で温かい水やお茶を飲んでいました。体力を消耗するものはやってはいけない、という教えでした。野球については、フォームなどを矯正されたことは1度もありません。選手の個性を尊重してくれました。私にとって恩人ですから、非常に残念です。





ロッテの監督時代の金田には、許し難い有名な発言がもう一つある。
それは、ロッテガムのコマーシャルに出演した時の発言である。
はい、「ガムはロッテ、野球は巨人」である。
「ロッテの監督をしておきながら「野球は巨人」とは何事か!」と当時は思ったもんだ。
友達にもこのことでよくからかわれた。
しかし今考えてみると、金田にこの発言をさせたのはロッテである。
当時のロッテは何を考えていたのだろう?
「ガムが売れれば自分の球団を卑下しても気にしない」ということなのか?
本当にわけの分からない企業である。

金田氏について悪いことばかり書いたようだが、別に金田氏を嫌っているわけでも何でもありません。私の記憶に残っている事実と印象をそのまま書いただけです。
それだけ金田氏の存在は強烈でした。あの豪快な性格は他には見られません。
選手時代の大記録と併せて“記録にも記憶にも残る豪傑”でした。






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。