<リック・オケイセック追悼>「Good Times Roll 」「My Best Friend's Girl」 「Just What I Needed 」The Cars - ロック
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

<リック・オケイセック追悼>「Good Times Roll 」「My Best Friend's Girl」 「Just What I Needed 」The Cars

カーズのリック・オケイセックが亡くなった。75歳だった。

https://www.barks.jp/news/?id=1000171856
リック・オケイセックの家族「起こそうと思い頬に触ったとき、亡くなっているのに気づいた」
2019.9.17 11:42

9月15日に急逝したザ・カーズのフロントマン、リック・オケイセックは、高血圧およびアテローム性動脈硬化症を患っており、『NY Daily News』によると、それらに肺気腫が彼に死をもたらしたという。

最近、詳細は不明ながら手術を受けていたそうで、彼の家族は月曜日(16日)、以下のような声明を出した。「リックは手術後、自宅で順調に回復中でした。2人の息子、ジョナサンとオリバー、それに私は、食事を注文したり一緒にテレビを見たりして、彼が快適に過ごせるよう努めていました。日曜の朝、私がコーヒーを持って行ったとき、彼はまだ寝ていました。起こそうと思い頬に触り、そして、彼が夜の間に安らかに息を引き取ったと悟ったのです」

オケイセックの死は「時期尚早で予期せぬもので、家族と友人たちは多大な衝撃を受けており、プライバシーを尊重して欲しい」という。



高校生の時、カーズのライヴを観に行きました。
ギターのカッティングがかっこよくて、ヴォーカルは語るような調子の独特のサウンドでした。
リックはひょろっとした風貌で、個性的なギタリスト兼シンガーでした。
ソロ作品はほとんど聴いていないのでよく知りません。
私にはやはりカーズのデビュー当時の印象が強いです。
カーズのデビューアルバム『錯乱のドライブ』(The Cars)から出だしの3曲、「Good Times Roll 」「My Best Friend's Girl 」「Just What I Needed 」で追悼します。
これを初めて聴いた時、私はまだ中学生でした。
中学生のガキにはあまりに刺激的なサウンドでした。









ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント