セックス・ピストルズよりもニール・ヤングの方がよっぽどパンクである - ニール・ヤング
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

セックス・ピストルズよりもニール・ヤングの方がよっぽどパンクである

「RUST NEVER SLEEPS」NEIL YOUNG



1979年のニール・ヤングのアルバムである。
アルバムタイトルは、直訳すると「錆は決して眠らない(永眠しない、葬られない)」という意味である。
ニールがこのようなアルバムタイトルにした意図は、元セックス・ピストルズのジョニー・ロットンの有名な発言を意識したところにあるようだ。
ジョニー・ロットンの有名な発言とは、言うまでもなくピストルズ解散時の「ロックンロールは死んだ」発言のことだ。
この発言に対してニールは、1曲目(アコースティック)とラスト(ロック)の「マイ・マイ、ヘイ・ヘイ」の中でこのように歌っている。

It’ better to burn out ‘cause rust never sleeps

「錆は決して眠らない(永眠しない、葬られない)から燃え尽きた方がいい」
つまり「錆就くぐらいなら燃え尽きた方がいい」という意味である。
「It」は勿論ロックのことである。

長くなったが、これが本作のアルバムタイトルの意味であり、当時のニールの主張であった。セックス・ピストルズはパンクロックのパイオニアであり、これまでロック市場を席捲していた当時の有名ロックバンドを痛烈に批判した。
ニール・ヤングの場合は、ロックというよりもフォーク寄りであるため、セックス・ピストルズの批判の対象になっていたかどうかは微妙なところだが、“旧体制派”という意味では批判の対象になっていてもおかしくはない。
その批判される対象であるはずの“旧体制派”のニール・ヤングが、自分たちを批判しているセックス・ピストルズのジョニー・ロットンのことを「評価」したわけである。
本作はこのようにニールの“太っ腹”な姿勢が感じられる作品であったため、当時のロックファンや評論家からも「評価」されたようである。
とはいっても、基本的に私はニール・ヤングを後追いで聴いているので当時のことはよく分かっておらず、あくまでもライナーノーツ等を読んで感じた感想を述べているに過ぎないことを断わっておく。
ひょっとしてニールの本心はジョニー・ロットンの名を語ることでアルバムセールスを上げる効果を狙ったことだったのかもしれないが、私は素直にニールの姿勢を評価したい。

ここで少し話がそれるが、当時のパンクロックについて思うところを少し述べておきます。
一口にパンクロックといっても、どこまで既存の体制を批判していたのかは疑問である。
パンクロックをきっちりと調べたわけではないが、彼らの主張はせいぜいピストルズがエリザベスを批判した程度なのではないのだろうか?
政治家や権力者を全く批判しない自称“ロックミュージシャン”よりは十分マシなのだが、その程度では偉そうに「俺たちはパンクロッカーだ」なんて言えたもんじゃないだろう。
私がブログで書いているようなことを歌っているとはとても思えない。
まぁ無理な注文でしょうけどね(苦笑)
デカい音を出して下手なりに叫んで、髪の毛を突っ立てて麻薬をやって不良を気取っているだけでは、何もパンクじゃない。ただの町のチンピラである。
本当にパンクなら、そういった見かけだけの主張でなく中身を伴った主張をするべきである。自分たちの暮らしぶりを悪くさせている「本当の敵」が誰なのかを見抜かなければならない。

デカい音でギターを弾き、声をがなり立てるだけでは、「本当の敵」にとっては痛くもかゆくもない。「本当の敵」を見破り、「核心に迫ったメッセージ」を届けるためには、しっかりとした知識を身に着ける必要があるのだ。

ほとんどの過去のパンクバンドは消え去ってしまった。
セックス・ピストルズの先輩格であるニール・ヤングは、今もしっかりと政治家や社会の矛盾を批判する歌を発表し続けている。

セックス・ピストルズよりもニール・ヤングの方がよっぽどパンクである。

偉そうなことを言っているが、当時の私はニール・ヤングを全く聴いておらず、パンクロックの方が大好きでした。今もパンクロックは好きですよ。
セックス・ピストルズはほとんど聴いてないけどね。
髪の毛も突っ立ててましたね(笑)
頭の中は空っぽで、見かけや音のデカさの方が重要でしたね(笑)
パンクロックへの批判は過去の自分に対する批判のようなものですね(爆)

アルバムの内容にほとんど触れませんでしたが(笑)、Eですよ。
特に「ポカホンタス」がいいですね。
インディアンの目線で書かれた歌詞に好感を持ちます。
本当のパンクロッカーとは、ニールのような「権力者と戦う姿勢」を持ったミュージシャンのことを指すのでしょう。



評点:80点







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。