「いかに多国籍企業が、研究を容易に買収し、一般大衆に信じ込ませてしまうことができるか。製薬会社は自分がでっち上げた製品(薬品)で病気を発明している。 」by ファイザー製薬の元副社長 - モンサント・遺伝子組み換え食品・TPP
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

「いかに多国籍企業が、研究を容易に買収し、一般大衆に信じ込ませてしまうことができるか。製薬会社は自分がでっち上げた製品(薬品)で病気を発明している。 」by ファイザー製薬の元副社長

「悪魔が来たりて毒をまく」



悪魔の企業モンサントの悪事が欧米では糾弾されています。
ところが、どこかの島国ではこういった重要な報道は一切されないようです。
高齢者の運転免許の問題だとか、年金2000万不足発言問題だとか、吉本芸人の闇営業の問題だとか、悪魔の会議G20だとか、様々なスピン報道はされているようですが・・・




(山田正彦OFFICIAL BLOG)さん
https://ameblo.jp/yamada-masahiko/entry-12483540404.html
日本では報道されませんが 、米国、EUでは今大変なことが 起きています。
2019年06月20日

日本では報道されませんが 、米国、EUでは 今大変なことが 起きています。 最後まで読んでよければシェア拡散して頂けませんか。
最近、モンサントにラウンドアップで癌になったとして、米国では3件目の判決、癌患者夫婦に2200億円の賠償を命じる判決がでました。
 
まだ同様の裁判が1万1000件申し立てされて現在審議中ですが、これからも続々と判決がだされそうです。

 
昨年モンサントを買収したドイツのバイエル社は株価が5割下がって、ついに買収した農業部門から1万1000人のリストラを発表しました。
 
バイエル社そのものも、このままでは傾くのではないかと噂されているほどです。
 
日本では始めて雑誌”選択”がモンサントの落日を掲載しました。
 
モンサント敗訴の最大の理由は証拠として出された内部の機密資料で、すでに十数年前にグリホサートで癌になることを 同社が認識していたことが 明らかにされたのです。
 
同社はその事実をひた隠しに隠し悪質な隠蔽工作を長い間続けていたのです。
 
恐いことに米国、カナダ、オーストラリアでは小麦などの収穫前に乾燥の手間を省くためにラウンドアップを散布しているのです。
 
農水省は10年前から米国などから輸入される小麦のほぼ全量からグリホサートが検出されたにもかかわらず、小麦商品の調査すらしなかったのです。
 
最近、日消連で調査したところ日清製粉等大手3社の小麦粉等からグリホサートが検出されたのです。

 
グリホサートは癌になるだけでなく、脳神経を直接侵すものとして、米国では発達障害の原因のひとつだと指摘されています。
 
モンサントはこれまで尿としてすぐに排泄されるので心配はいらないと 主張してきました。
 
しかし、私たちは日本人の体の中に グリホサートが蓄積されているのではと考え、フランスのクズサイエンスに毛髪を送って検査していただきました。
 
ようやく国会議員 23人を含む28人からの62品目の全ての毛髪検査結果が出揃いました。
 
なんと28人中21人から 70%の割合でグリホサートが検出されたのです。 恥ずかしいことに私からも検出されました。
 
農薬の毒性を研究されている、木村ー黒田純子博士も高い割合 に驚いていました。
 
同博士の話では、グリホサートはラットの実験で2代3代と、代を重ねるごとに異常が増幅されるそうで、 許容される値はないそうです。
 
遺伝子そのものを直接害するものではなく遺伝子のスイッチ部分をオフにするものだそうで、私達の孫やひ孫が心配になります。
 
昨日、今日と検査結果を国会議員の先生方に各々に説明に回りました。
 
国会議員の先生方もこの結果に驚いていましたが、近く女性議員を中心に記者会見してその内容を公表して頂けるようです





モンサントがラウンドアップとセットで行っている悪事が遺伝子組み換えの推進です。
遺伝子組み換えは食品だけではありません。




https://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201906/CK2019062502000194.html
患者増加 潰瘍性大腸炎 症状抑えて再発防ぐ
2019年6月25日

大腸の粘膜に炎症が起き、ただれや潰瘍ができる潰瘍性大腸炎(UC)。国の難病に指定されており、患者数は現在、20万人前後と推測。ここ10年で2倍に増えた。主な症状は粘液と血液が混じった粘血便や下痢で、ひどくなると1日に何度もトイレに駆け込まないといけない。治療が長期に及ぶため、心身両面での支援が必要とされる。 (花井康子)

 一年前、名古屋市西区の不動産会社社長の男性(46)は、腹痛と下痢が続き、食事が取れないように。下血もあった。内視鏡検査の結果、UCと診断された。
 UCに根本的な治療法はない。炎症は肛門に近い直腸から次第に上へ広がる傾向があり、結腸まで及ぶことも=図上。大腸全体に炎症が広がっていた男性は総合病院の消化器内科に入院。一カ月間、絶食して炎症を抑えるステロイドの点滴などを受けたが、下痢は治まらなかった。転院し、免疫抑制剤を服用すると、効果が出た。今は症状が落ち着いた寛解の状態にある。
 UCは若い人から高齢者まで男女関係なく発症するが、多いのは二十~三十代の発症だ。免疫の働きの異常や腸内細菌の関与、食生活、喫煙、遺伝などが原因と考えられるが、はっきりしない。以前はまれな疾患とされていたが、今は同じ消化器の胃がんや大腸がんに並ぶほど患者が増えた。一方、専門医は少なく、適切な診断や治療を受けづらい点が問題になっている。
 完治しないため、寛解の状態を長く保つことが鍵になる。患者の半数は寛解と再発を繰り返す。ステロイドを用いた治療を勧める医療機関が多いが、専門医で医療法人錦秀会インフュージョンクリニック(大阪)院長の伊藤裕章さん(66)は「ステロイドに寛解維持の効果はない」と指摘。長く服用すれば、多汗や不眠といった副作用も心配だ。
 ここ数年は新薬が相次いで登場。治療の選択肢が増えつつあり、以前に比べて再発は防ぎやすくなったとされる。しかし、患者は定期的に内視鏡検査を受ける必要がある。炎症が見つかれば、その都度、それを抑える薬を投与して対処しないといけない。伊藤さんによると、大腸全摘など外科手術に至る例もあるが、多くの場合はこうした内科治療で避けられるという。国の難病に指定されているため、症状によっては医療費の助成も受けられる。
 闘病が長期にわたることから、患者数が増えている今、精神面も含めた幅広い視点からの支援の必要性が叫ばれている。同クリニックでは医師や看護師、カウンセラーらがチームを組んで支援。薬の服用状態や副作用の確認、刺激物を控えるといった食事指導を行っている。自分で体調管理をできるようにし、再発の予防につなげるのが目的だ。
 この病気の特徴は、進学や就職、結婚といった人生の節目を迎える世代に患者数が多いこと。胎児に影響を与える薬を避けるなどすれば妊娠、出産も可能だ。看護部課長の阪上佳誉子さん(52)は「結婚や出産といった人生の出来事と治療を両立できるよう、日常生活にも目を配って支えることが大切」と話す。

◆製薬会社が情報サイト
 製薬会社ファイザー(東京)は五月、潰瘍性大腸炎の患者や家族向けの情報サイト「UC Tomorrow」を開設した。不安を解消し、前向きに治療に取り組んでもらうのが目的。症状や治療の流れ、薬の種類などについて、Q&A形式で紹介している。
 「患者はどれくらいいるの?」「医療費の助成を受けるには?」「どうしたら悪化を防げる?」など、治療の段階ごとに、よくある質問を提示。クリックすると回答が読める。
 相談したいことや症状などを列挙したチェック欄付きのシートも。印刷して医療機関に持参すれば、効率的に医師に相談ができる。サイトは「UC Tomorrow」で検索。





私は「病気そのものよりも薬自体に問題があるのでは?」と疑っているのですが・・・



https://www.mixonline.jp/tabid55.html?artid=67336
薬食審 4月26日に第一部会 潰瘍性大腸炎治療薬エンタイビオなど3製品の追加承認が議題
2019/04/15 03:50

厚労省は、4月26日に新薬の承認について検討する薬食審・医薬品第一部会を開催する。同日は、武田薬品の潰瘍性大腸炎治療薬エンタイビオ点滴静注用(一般名:ベドリズマブ(遺伝子組換え))の適応にクローン病を追加するなど3製品を議題に取り上げる。今回、新薬の承認の可否を検討する「審議品目」はない予定。
【報告予定品目】(カッコ内は一般名、申請企業名)
報告品目は、医薬品医療機器総合機構(PMDA)の審査段階で承認して差し支えないとされ、部会では審議せず、報告のみでよいと判断されたもの。

▽エンタイビオ点滴静注用300mg(ベドリズマブ(遺伝子組換え)、武田薬品):効能・効果に「クローン病」を追加する新効能医薬品。

同剤はヒト化抗ヒトα4β7インテグリンモノクローナル抗体。炎症を起こしている腸管組織に炎症性細胞の一種であるTリンパ球の遊走を阻害することで、炎症を軽減するようデザインされている。18年7月には、「中等症から重症の潰瘍性大腸炎の治療及び維持療法(既存治療で効果不十分な場合に限る)」を効能・効果に承認された。すでに欧州や米国などではクローン病についても承認されている。

▽ビクトーザ皮下注18mg(リラグルチド(遺伝子組換え)、ノボ ノルディスクファーマ):効能・効果の「2型糖尿病」に新たな用法・用量を追加する新用量・その他の医薬品。

今回は、効果不十分な患者に対し増量を可能にする用法・用量を追加する。同剤は、2型糖尿病に対し、1日1回皮下投与するヒトGLP-1アナログ製剤。2010年1月に承認された。

▽ブロプレス錠2、同4、同8、同12(カンデサルタン シレキセチル、武田テバ薬品)
▽カンデサルタン錠2㎎、同4mg、同8mg、同12mg(同、あすか製薬)
:効能・効果の「高血圧症」に小児の用法・用量を追加する新用量医薬品。

ブロプレス錠は、厚労省の「医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議」で小児の用法用量について公知申請が妥当と判断されていた。あすか製薬の製品はオーソライズドジェネリック(AG)。





https://answers.ten-navi.com/pharmanews/11012/
ゼルヤンツの適応拡大 FDAが申請を受理

2017年7月13日、米ファイザーはヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬「ゼルヤンツ」(トファシチニブ)の潰瘍性大腸炎に対する適応拡大の申請が、米FDA(食品医薬品局)に受理されたと発表した。

ファイザーは順風満帆だ。ゼルヤンツは今年3月、5年前の最初の申請では承認に至らなかった欧州で、関節リウマチの治療薬として承認を取得した。乾癬性関節炎への適応拡大では、FDA諮問委員会が承認を支持。さらに、米イーライリリーのJAK阻害薬バリシチニブがFDAの承認獲得に失敗したことで、米国での市場競争も免れた。これはファイザーにとって歓迎すべきニュースだ。FDAが潰瘍性大腸炎への適応拡大を承認するかどうか判断する来年3月まで、ファイザーは我が世の春を謳歌することになる。
安全性への懸念は解消方向に
ゼルヤンツが潰瘍性大腸炎に対する承認を得られるかどうか、現時点ではわからない。

当初、関節リウマチへの承認を得るにあたってゼルヤンツが手こずった安全性の懸念は、実臨床での使用と継続的な試験から長期データと使用経験が得られるにつれ、解消に向かっていると思われる。重大な心血管イベントの発生率を上昇させないことが明らかになっており、JAK阻害薬服用患者に見られる脂質レベルの上昇に対する懸念もやわらぐ可能性がある。

潰瘍性大腸炎を対象としたゼルヤンツの臨床第3相(P3)試験「OCTAVE Induction」「CTAVE Sustain」から得られた有効性のデータは、P2試験から期待されたほど目覚ましいものではなかったが、奏効率と寛解率ではプラセボを明らかに上回り、現在販売されている生物学的製剤と比べても遜色なかった。安全性への懸念がやわらぎ、プラセボとの比較で有効性が示されたことを考え合わせると、潰瘍性大腸炎に対する適応拡大はおそらく承認されるだろう。





https://www.mixonline.jp/tabid55.html?artid=65732
ファイザー レミケードのバイオ後続品を発売 
2018/12/11 03:50

ファイザーは12月10日、田辺三菱製薬の生物学的製剤レミケードのバイオ後続品であるインフリキシマブBS点滴静注用100mg「ファイザー」(一般名:インフリキシマブ(遺伝子組換え)[インフリキシマブ後続3])を同日に発売したと発表した。レミケードのバイオ後続品は3製品目。ファイザーが製造販売するバイオ後続品はこれが初めて。

効能・効果は、「既存治療で効果不十分な関節リウマチ(関節の構造的損傷の防止を含む)、尋常性乾癬、関節症性乾癬、膿疱性乾癬、乾癬性紅皮症」「中等度から重度の活動期、または外瘻の状態を示すクローン病の治療及び維持療法(既存治療で効果不十分な場合に限る)」「中等症から重症の潰瘍性大腸炎の治療(既存治療で効果不十分な場合に限る)」。

先行品のレミケードと異なり、効能・効果には、ベーチェット病による難治性網膜ぶどう膜炎、強直性脊椎炎、腸管型・神経型・血管型のベーチェット病、川崎病の急性期がない。薬価は5万42円(100mg1瓶)。





ファイザーの実体とは・・・



(オルタナティブ通信)さん
http://alternativereport1.seesaa.net/article/158011484.html
2010年07月31日

貧困国に軍事政権と、戦争が起こる「仕組み」


 医薬品メーカー最大手のファイザー製薬は、ナイジェリアで子供に対し、薬物の残虐な人体実験を繰り返して来た。

この企業がナイジェリアで展開した大人用の抗生物質トロバフロキサシンが、「子供にも効果があるか、どうか」という人体実験等では、ナイジェリアの現地の人間達に対し、「この薬品は、子供に対しても安全な薬品」と説明が行われ、人体実験が行われた。


この強制的人体実験の結果、ファイザー製薬によって「病気の治療のために必要な薬品の投与を行う」と説明を受けていたナイジェリア人の子供11人が死亡し、この薬物投与によって障害を持つ結果になった子供を含む、ナイジェリア人30家族が、現在、ファイザー製薬を米国ニューヨーク連邦裁判所に告訴している。

このファイザー製薬は、オバマ大統領の大統領選挙の際、「多額の政治献金を行っていた」企業でもある。


 アフリカ第2位の軍事大国と言われるナイジェリアでは、過去、軍人によるクーデターが繰り返され、軍事独裁政権によるマスコミ弾圧、民主化のホープと言われた司法長官の暗殺等、政治の混乱と、軍人による政権の「たらい回し」が続いて来た。

ファイザー製薬のような先進国の多国籍企業等が、ナイジェリア現地で「子供に対し強制的な人体実験を行う許可」と引き換えに、こうした軍事政権は政治献金を受け、その献金がナイジェリアの市民を弾圧する兵器購入費用に「姿を変えてきた」。

 過去、乱立したナイジェリアの軍事政権と結び付き、ナイジェリアの原油開発利権を入手し、軍事政権の「運営資金=兵器購入資金」を出して来たのがロックフェラーのシェブロン石油である。

このシェブロンは米国・前ブッシュ政権の国務長官コンドリーザ・ライスが経営に関与して来た企業である。






ファイザーの元副社長が「本当のこと」を暴露しちゃってたようです。
こんなこと言って大丈夫なんですカネ?
本当なら命懸けのこの発言に、我々は真剣に耳を傾けるべきでしょう。




(隊長ブログ)さん
https://taicho2006.exblog.jp/26415137/
ファイザー製薬の元副社長の警告
2018年 02月 04日
2016.02.16 blog さとうクローバー歯科

ファイザー製薬の元副社長

ファイザー元副社長からの警告がインターネット上に流れました。
僕ら医療関係者にとっては、今更という感じですが、一般の皆様はまだ知らない方もいらっしゃると思いますので、以下に訳をそのまま掲載します。



いかに多国籍企業が、研究を容易に買収し、一般大衆に信じ込ませてしまうことができるか。
製薬会社は自分がでっち上げた製品(薬品)で病気を発明している。

製薬会社は、賄賂で研究や規制を買うだけではない、薬の過剰投与とそれによる中毒症状こそが最大の売り上げの元になっている。
薬漬けになった患者は決してやめることができなくなる。
薬の中毒症状は、コカインより麻薬よりも強いモンスターである。
製薬会社は、文字通り自分がでっち上げた製品(薬品)で病気を発明しているのである。
私のキャリアー(ファイザーの副社長)で出会った人々は、政府も、大学も、研究者も、ひとり残らず、お金を欲しがった。
彼らは喜んで、製薬会社が利益を生み出すためのプログラムに協力した。
知らないのは、公衆のみだ。


<以上>





http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-161.html
本当の問題は、社会全体が偽装であることだ
「“エビでタイを釣る”の悪用作戦、“小さな偽装で大きな偽装を隠す”偽装塗れの極悪社会」


このモンサント社と手を握った数社のうちのひとつが住友化学です。住友化学が描いている戦略は、モンサント社やカーギルと手を握って世界の農業市場支配の一翼を担うことによる膨大なシェアの独占です。
 そのためにGMO種子を「頑迷に」拒んでいるわが国を、「TPPは平成の開国」などいう虚ろな掛け声でこじ開ける必要があります。まさに国を売る所業と言えます。わが国の農業を国際競争力がないと不当に貶め、TPPでGMO導入の道を拓き、そして合わせて財界型農業改革を断行する、これが米倉経団連会長・住友化学会長の戦略です。





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。