何でも「したがえ」ばいいもんじゃない! - 広瀬隆
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

何でも「したがえ」ばいいもんじゃない!

「持丸長者[国家狂乱篇]~日本を動かした怪物たち」② 広瀬隆


前回に続く。以下、一部引用する。


*福島県会津藩士の息子・中野友礼(とものり)が、日曹(日本曹達)コンツェルンの母体となる苛性ソーダ工場を横浜市保土ヶ谷区に建設したのが、この1915年であった。中野はのちに五大新興財閥として台頭する。一方、石川県金沢藩士の息子・野口遵(したがう)が肥料の硫安の製造に乗り出して大きな利益を出し、五大新興財閥・日窒(日本窒素肥料)コンツェルンの基礎を築いたのも、この時であった。肥料として欠かせない石灰窒素や硫安の原料となるカーバイド(炭化カルシウム)を日本で最初に製造したのは兵庫県士族の息子である大発明家の藤山常一で、彼が熊本県葦北郡水俣村(水俣市)に工場を設置し、野口遵は三菱と組んでこの技術を奪い取り、それが後年のチッソになったのである。
・・・・・(中略)・・・・・
またもう一人の「日本の十大発明家」棚橋寅五郎が日本化学工業を設立し、棚橋と共に大倉喜八郎、鈴木三郎助が組んで、肥料のリン酸、カリを製造し、この大戦中に莫大な富が懐に転がりこんだ。
・・・・・(中略)・・・・・
ここに登場した鈴木三郎助は、ご存知、味の素創業者であり、その事業仲間が、五大新興財閥・森コンツェルンの創始者・森矗昶(のぶてる)であった。

*では、台湾銀行、朝鮮銀行、村井銀行とは何であったろう。銀行には、商業金融機関としての普通銀行もあれば、大衆の貯蓄機関としての貯蓄銀行もあるが、特別な事業の目的のために融資をする銀行は特殊銀行と呼ばれた。台湾銀行と朝鮮銀行は、事実上は植民地を経営するための特殊銀行であった。
・・・・・(中略)・・・・・
続いて1899年には、わが国最初の正式な植民地銀行として台湾銀行(台銀)が設立された。この設立を主導して初代頭取に就任した添田寿一は、次に1902年に“ロシアのロスチャイルド”グンツブルク男爵と組んでパリに日仏銀行を設立し、大規模な外資導入を図った。この日仏銀行も特殊銀行と呼んでいい。
一方、朝鮮では、先に登場した第一銀行の韓国総支配人となった市原盛宏が、1909年に第二の植民地銀行・韓国銀行を京城に設立して総裁に就任し、日韓併合の翌年、1911年に朝鮮銀行(鮮銀)と改称して、引き続き市原が初代総裁に就任した。つまり朝鮮銀行の実体は渋沢栄一の第一銀行であった。
・・・・・(中略)・・・・・
台湾銀行・日本興業銀行・日仏銀行を設立した添田寿一は福岡県遠賀郡出身で、彼の孫と日銀総裁・岩崎弥之助の孫が結婚する関係にあった。西原借款を主導した愛媛県松山藩出身の勝田主計は、甥の勝田正之が岩崎弥太郎の孫娘・岩崎寿々子と結婚する関係にあったから、添田寿一とは同じ岩崎閨閥であった。この添田と共に台湾銀行の創立に参加して理事をつとめ、のちに満州中央銀行初代副総裁(実質上の総裁)となった山成喬六は渋沢栄一の一族である。朝鮮銀行の場体は第一銀行であるから、朝鮮銀行の実質的な設立者は、渋沢栄一であった。
したがってこの時代の植民地金融機関を総論すると、三菱の岩崎家と渋沢栄一の閨閥を柱に誕生したものであった。しかも岩崎家と渋沢家は、渋沢栄一の孫である日銀総裁・渋沢敬三が岩崎弥太郎の孫娘と結婚して結ばれていた。さらに満鉄の金融機関となった横浜正金銀行頭取に就任した三島弥太郎が、第一次世界大戦時代には高橋是清の後を継いで日銀総裁となり、これらの金融機関の元締めとなった。そして三島弥太郎の娘が、渋沢栄一の孫である満州国総務長官(実質上の総理大臣)の阪谷希一と結婚したのである。
・・・・・(中略)・・・・・
日銀総裁・三島弥太郎は一体どこから出てきたかと言えば、伊藤博文内閣のもと、警視総監をつとめた薩摩藩出身の三島通庸(みちつね)の長男であった。

知っておかなければならないのは、日銀と大蔵省は国民のための金融組織だと思われてきたが、実は、金融機関と高所得者のために特化した組織だったということである。日本工業倶楽部に対して、日本金融倶楽部あるいは日本長者倶楽部が、日銀と大蔵省の役割であった。





(管理人)
改めて、野口遵について考察する。
まずはウィキより。



野口 遵(のぐち したがう、したごう、通称:じゅん、1873年7月26日 - 1944年1月15日)は、日本の実業家。日本窒素肥料(現・チッソ)を中核とする日窒コンツェルンを一代で築いた。「電気化学工業の父」や「朝鮮半島の事業王」などと称された。チッソの他にも、旭化成、積水化学工業、積水ハウス、信越化学工業の実質的な創業者でもある。
朝鮮半島進出後の野口遵は政商であった。朝鮮総督府の手厚い庇護の下、鴨緑江水系に赴戦江発電所など大規模な水力発電所をいくつも建設し、咸鏡南道興南(現・咸興市の一部)に巨大なコンビナートを造成した。さらに、日本軍の進出とともに満州、海南島にまで進出した。森矗昶、鮎川義介などと共に当時、「財界新人三羽烏」として並び称されていた。

1898年 シーメンス東京支社に入った





「シーメンスに入社した」とうのが一つの鍵となりそうですナ。
シーメンスの会長は2011年のビルダーバーグ会議に出席しているようです。
ということは、シーメンスという企業が何者なのかは察しがつきますナ。




(知識の泉 Haru’s トリビア)さん
https://amor1029.exblog.jp/12879380/
【ビルダーバーグ会議 2011年 出席国・出席者名 一覧】
●Löscher, Peter, President and CEO, Siemens AG
ピーター・ロシャ(シーメンス会長)





次に、野口遵の正体について迫ったブログ記事等を紹介する。


https://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/bunka/list/201812/CK2018121502000211.html
2018年12月15日
日本の近代化問い直し必要 チッソ創業の野口遵(金沢出身)と水俣病

水俣フォーラム 実川さん講演

 水俣病の原因企業チッソの前身である日本窒素肥料を中心とした日窒コンツェルン創業者で、旭化成、積水化学工業など日本を代表する会社の実質的な創業者でもあった野口遵(したがう)(一八七三~一九四四年)は金沢市出身。その野口と水俣病をテーマにした講演会が金沢市の石川県教育会館であった。NPO法人「水俣フォーラム」(東京)の理事長を務める実川悠太さんは、野口の実業家としての功績を顕彰するだけでなく、水俣病とのかかわりを通して日本の近代化を問い直す必要性を指摘した。 (松岡等)
 野口は加賀藩士の家系に生まれ、一八九六(明治二十九)年に東京帝国大学電気工学科を卒業後、シーメンス東京支社に入社。技術者として全国の電源開発を手掛ける一方で、カーバイドの研究を続け、一九〇八(同四十一)年に日本カーバイド商会を設立し水俣に工場を建設した。その後、社名を日本窒素肥料と改称し、石灰窒素、硫安の製造を開始する。
 日本統治下の朝鮮半島にも進出し、二五(大正十四)年に現在の北朝鮮にある赴戦江で水力発電の開発に着手して以降、化学工業を中心とした一大工業地帯に発展させ、日窒コンツェルンは新興財閥となっていく。「戦後、朝鮮半島で失われた日本の資産の七~八割は日窒のものだと言われるほど」だった。
 水俣工場が、水銀を触媒としてプラスチックの製造に需要が高かったアセトアルデヒトの製造を開始したのは三二(昭和七)年。不知火海に水俣病の原因である有機水銀が流されたのはその頃からだと考えられている。戦後、現地会社の社員の多くが引き揚げ後に水俣工場で働き、後の工場長は引き揚げ組の人物が務めた。水俣病の原因が工場廃水にあることが疑われる中で企業として対策が遅れたことについて実川さんは「植民地支配や戦争で、人を人と見ない心の慣性が残っていたこともあったのではないか」と指摘する。
 野口自身については、生前に財産のほとんどを寄付し、それが化学工業のための野口研究所(東京)や朝鮮奨学金になっていることも紹介。「野口自身がどんな人物だったのは分からないことも多い」としながら、野口が健在だった四一(同十六)年には水俣病の症状とみられる人がいたことが、残されたカルテから判明していることを挙げ、「水俣病と全く無関係だったとは言えないのではないか」と述べた。
 水俣フォーラムが一九九六年から開催する「水俣展」に尽力し、水俣病の実態を学び、伝える活動を続ける実川さん。「高度経済成長のひずみとして公害が起きたという言われ方をするが、公害を無視したから高度経済成長ができたと言うべきだ」と話した。




http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-2434.html
「どこにもない国」の「どこにもない国民」
「NHKが放送しない「満州の闇」を調べてみれば、「現代社会の闇」が見えてくる」


北朝鮮域で “核の研究・開発” を始めたのは,日本帝国だった.

しかし,タングステンも,核 (ウラン) も,途方もない大電力を必要とする.当時の貧しい北朝鮮域に,そんな大電力を供給する発電所があったのか?

なかった.だから日本帝国は,先ず,発電所 (ダム) づくりから始めた.朝鮮半島の北部地域には,豊富な水資源がある.これが今でも大洪水を起こす….

今後,世界で最も逼迫する資源は,石油,水,ウラン,タングステンだ.この全てが北朝鮮にはある.無尽蔵にある!
ここに最初に目をつけた人物が…,
日本帝国の実業家・野口遵 (のぐち したがう) だった.

(今,北朝鮮の無尽蔵の地下資源は,日本を除く全世界の国々が狙っている.)

野口遵 (のぐち したがう).

野口の大計画に全面協力したのは,日本陸軍 (宇垣一成) と朝鮮銀行だった.

そして,野口の計画どおりに大発電所 (ダム) 群が陸続と完成し,稼動し始める.

その総発電能力は,驚くなかれ,なんと 100万キロワット!
当時の世界一は,ソヴィエト連邦・ドニエプル発電所,31万kw.

ともかく日本は,断トツ世界一の発電能力をもつ巨大ダム群を北鮮に築造したのだ.
同時に,この巨大電力をフルに利用する大工業地帯も北鮮域につくっていった.

こうして,大電力を確保した日本帝国は,化学繊維,窒素火薬,アルミ,石油精製,やがて,タングステンからウランの製造までをも開始する.
そして,ついには,“核” の研究と開発も,積極的に開始する….

北朝鮮には 脱北者の弾圧収容所がある.テロ機関がある.拉致機関もある.謀略機関もある.

ホラとオドシ専門のTV局がある.世界一の舞踊団がある.偽ドルの印刷所がある.

とくに凄いのは,タングステンとウランだ.埋蔵量,ダントツ世界一! 無尽蔵だ.この世界一の “財産” を生かしきれば,北朝鮮は世界の最強国家になる.

しかし,世界中の “帝国主義国家” や,巨大資本が虎視眈々と狙っている.タングステンとウラン.

・・・・・(中略)・・・・・

ウランやタングステンなど北朝鮮の豊富な地下資源に,世界で最初に着眼した国家は,大日本帝国だった.

北の “核開発” に社運を賭けた会社があった.

野口遵 (のぐち したがう)が率いる日本窒素肥料(現・チッソ)である.

帝国は,野口らの提案を受け,ウラン235の分離・濃縮を開始した.






野口遵について整理すると、会長がビルダーバーグ会議に出席したことのあるシーメンスに入社しており、後年、水俣業の原因となる有機水銀をばら撒いた問題企業チッソを創設し、旭化成、積水化学工業、積水ハウス、信越化学工業の実質的な創業者でもあり、北朝鮮では地下資源の開発と核開発に関わっており、大日本帝国と深く関わっていた人物である。
「限りなく怪しい人物」としか、私には思えない。
そして見落としてはならないのは、「野口遵は三菱と組んでカーバイドの技術を奪い取った」という本書の記述である。
またしてもグラバーの三菱がここで関係している・・・
さらにはこの時代の植民地金融機関を振り返ると、しっかりと渋沢栄一が関わっている。
最後に引用した本書の記述は非常に重要なので、再度記しておく。


知っておかなければならないのは、日銀と大蔵省は国民のための金融組織だと思われてきたが、実は、金融機関と高所得者のために特化した組織だったということである。日本工業倶楽部に対して、日本金融倶楽部あるいは日本長者倶楽部が、日銀と大蔵省の役割であった。



「日銀と大蔵省は国民のための金融組織」だなんて、私は端から思っていませんよ。
「彼ら」のための金融機関だと、理解していますよ。
そして、「彼ら」に「したがう」売国奴が紙幣に選ばれたり、偉人として「評価」されていることも、理解していますよ。
それにしても、「したがう」とは分かりやすい名前がつけられたものですナ(笑)
当たり前ですが、水俣病患者に水俣病のことを問い詰められて、「したがう」氏が「私は「彼ら」の命令に「したがった」だけだ」と言い訳したとしても、決して許されはしませんよ。

ところで、現在のこの国の首相は何て名前でしたっけ?
「安倍したがう」でしたっけ(爆)

最後に、一言言いたい。

「何でも「したがえ」ばいいもんじゃない!」と。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。