“普通の曲”を“普通じゃなく聴かせるシンガー”、それがウィルソン・ピケットである。 - ソウル・ファンク・ゴスペル・ドゥーワップ
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

“普通の曲”を“普通じゃなく聴かせるシンガー”、それがウィルソン・ピケットである。

「RIGHT ON」WILSON PICKETT


ウィルソン・ピケットの1970年のアルバムである。CD化されたのは2013年であり、ピケットのアルバムで最後にCD化された作品である。
ウィルソン・ピケットのことを語れば誰でもが思い浮かべるような有名曲は収められていないのだが、どの曲も秀作であり、パワーに満ち溢れている。
先日紹介したスウィート・インスピレーションズだが、本作でピケットのバック・コーラスを務めている。単調になりがちなピケットのヴォーカルに彩を添えている。
マスル・ショールズのリズムセクションが素晴らしいことは言うまでもない。

こういった作品を聴くと、「やはりベスト盤だけでなく個別のアルバムを聴かないといけないな」と思わされる。
意外とウィルソン・ピケットが好きな人間でも、本作を聴いていない人がけっこういるんじゃないのだろうか。
何を隠そう、私もその一人である。実は、最近になって初めて本作を聴いたのだ。
有名曲じゃない曲を歌うウィルソン・ピケットの熱いヴォーカルに、改めて圧倒させられた。

“普通の曲”を“普通じゃなく聴かせるシンガー”、それがウィルソン・ピケットである。











評点:80点






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。