「Dark End of The Street」Dan Penn & Spooner Oldham、James Carr 、Percy Sledge 、Joe Tex、Aretha Franklin 、Linda Ronstadt 、Ry Cooder 、Jimmy Barnes &Dan Penn - ライ・クーダー
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

「Dark End of The Street」Dan Penn & Spooner Oldham、James Carr 、Percy Sledge 、Joe Tex、Aretha Franklin 、Linda Ronstadt 、Ry Cooder 、Jimmy Barnes &Dan Penn

今日でダン・ペン&スプーナー・オールダムの特集は終わりとなります。
最終回の今日の1曲は、ダン・ペン&スプーナー・オールダムではなくダン・ペン&チップス・モーマンによって書かれた「Dark End of The Street」です。
歌詞は、いわゆる”不倫”をテーマにしているのだが、よく分からないところもある。
それは、「They gonna find us(彼らは僕らを見つけるだろう)」という歌詞です。
不倫をして逃げるような日々を送っている二人を追いかけているのは、不倫をしている当人の旦那であり奥さんなのだろうが、見つけたところでどうするつもりなのだろうか?
首根っこを捕まえて連れ戻すつもりなのだろうか?
この曲の最大の”決め台詞”は、ラストの歌詞である。
英語は省略するが、「昼間に二人が偶然下町で出会っても、そのまま歩き去ってくれ。今夜通りの行き止まりで出会うんだから」といった内容です。
「昼間は素知らぬ素振りをしなければならない二人だが、そうであるからこそ夜に密会したときは燃え上る」ということなんでしょうね。
世の東西を問わず道ならぬ恋こそ人の心に訴えるものなんでしょうね。

ダン・ペン&スプーナー・オールダムのヴァージョンです。


ジェイムス・カーのヴァージョンです。


パーシー・スレッジのヴァージョンです。


ジョー・テックスのヴァージョンです。


アリサ・フランクリンのヴァージョンです。


リンダ・ロンシュタットのヴァージョンです。


ライ・クーダーのヴァージョンです。


ジミー・バーンズ&ダン・ペンのヴァージョンです。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント