「帰ってきたヨッパライ」ザ・フォーク・クルセダーズ - ジャパニーズフォーク・ブルース
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

「帰ってきたヨッパライ」ザ・フォーク・クルセダーズ

「「自分の好きな音楽やプロ野球や歴史や戦争や世界の真相についてジャンルごちゃまぜで好き勝手にぼやいていた変わった奴がおったな」と皆さんの心の中に少しでも残っていただけたなら、故人はこれ幸いに思う次第です(爆)」



昨晩就寝中に胸が締め付けられるような痛み・苦しみを感じ、家人に救急車を呼んでもらった。
幸い救急車が来る前に痛みは和らいだのだが、そのまま救急車で病院に行くことになった。
採血や心電図やレントゲンを撮られたが、特に心筋梗塞等の異常はなかったようである。
医者は、私が何故そうなったのかという原因は分からないくせに「採血の結果肝臓が良くない」と言い、改めて検査に来るように勧めた。
「今回の私の症状と肝臓が関係している可能性があるのか」と訊くと、「それは関係ない」と言われた。
「私が不安に思っているのは今回のようなことが再発することであるのに、それには全く触れずに良くもまぁ別の病気のセールスをするもんだ」と心の中で思った。
「明日食事を取らないで検査に来てください」とも言われた。
「今度何かあったら救急車じゃなくて直接うちの病院に連絡して来てくれ」とも言われた。
医者の商魂のたくましさには呆れるばかりである。
“罠にかかったバカな患者は根こそぎ食いつぶす”と顔に書いてあるようだ。
誰が検査などに行くもんか!

まさに医療の実体は医猟である。

でも今回のことで「いつ人間って死ぬか分からんものだな」と思った。
「死ぬのは全然怖くないのだが、痛みや苦しみだけは勘弁してほしい」とも思った。
そして「生きているうちにもっと人生を楽しまなアカンな」とも思った。

もう十分好き勝手に生きているか(爆)

「このブログもこのまま終わってしまうのか」とも思った。
単に理由もなく休眠することもよくある当ブログだが、本当にブログ主が亡くなって更新が止まったブログがあることも知っている。
「私が死んでもブログが残るということは、ブログという奴も私という人間が生きていたという一つの証かもしれないな」とも思う。

「自分の好きな音楽やプロ野球や歴史や戦争や世界の真相についてジャンルごちゃまぜで好き勝手にぼやいていた変わった奴がおったな」と皆さんの心の中に少しでも残っていただけたなら、故人はこれ幸いに思う次第です(爆)

こんなことを書くともう死ぬみたいだが、生きている間は生きてやろうと思っています(笑)
私にピッタリの諺のように。

憎まれっ子世にはばかる(爆)

皆さん、くれぐれもお体は大事にしてください。
そして残りの人生をエンジョイしてください!

今日の1曲は、昔懐かしいザ・フォーク・クルセダーズの「帰ってきたヨッパライ」です(笑)






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

COMMENT

No title

うーん・・・西日本にも放射能が飛んでいますからね・・まだまだがんばって沢山書いてください!!!!!

No title

いつも楽しく真剣に拝見してます。
どうぞご自愛ください。

Re: No title

> いつも楽しく真剣に拝見してます。
> どうぞご自愛ください。


ありがとうございます(*^-^*)

EDIT COMMENT

非公開コメント