ビール・ストリート・ブルース・ボーイ・キング、B.B.KING - アルバート・キング、B.B.キング、フレディ・キング

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

ビール・ストリート・ブルース・ボーイ・キング、B.B.KING

「BLUES IS KING」B.B.KING



1966年11月5日のシカゴでのライヴ録音(発売は67年)アルバムである。
私は、メンフィスのビール・ストリートにあるBBが経営するライヴハウス「BB KING’S BLUES CLUB」に行ったことがある。BBは見れなかったが、BBのTシャツは買った。
BB(本名ライリー・B・キング)の名前のいわれは、BBがビール・ストリートで活躍していたことから名付けられたビール・ストリート・ブルース・ボーイ・キングから来ている。世界最大のブルース、ソウルの本場として名高いビール・ストリートだが、実際はそんな大きな通りではない。しかし、昼間から熱気ムンムンで、店内から聞こえてくる女性のソウルフルな歌声にも度肝を抜かれたものである。無料コンサートを開催している公園もあり、そこで話しかけられた白人夫婦とビールを飲みながら(彼に奢ってもらった)、黒人音楽談義に花を咲かせたのが懐かしい。私は黒人音楽(ブルースやソウル)がいかに優れているかを語った。しかし、有名な「スイート・ホーム・シカゴ」がロバート・ジョンソンが作った曲であることをその時は知らず、彼にそのことを教えてもらった。彼はクラプトンが一番好きなようだった。ライヴも良く、ビールもうまく、本当にメンフィスに来て良かったと思ったものだ。

脱線してしまったが、このアルバムは最高である。客の臨場感も最高で、BBがルシールと呼ぶギターのうねりも実に良く、BBのヴォーカルも迫力満点である。数ある史上最高のライヴアルバムの一つに数えられるであろう。
「キング・オブ・ソウル」が誰かというと、オーティス・レディングをさしおいて右に出る者がいないことは誰もが認めることだとは思うが、「キング・オブ・ブルース」が誰かということは非常に判断が難しいと思う。ロバート・ジョンソン、サン・ハウス、サニー・ボーイ・ウィリアムソン、マディ・ウォーターズ、ハウリン・ウルフ、ライトニン・ホプキンス、ジョン・リー・フッカー、アルバート・キング、フレディ・キング、オーティス・ラッシュ・・・、あまりに偉大なブルース・ミュージシャンが多すぎる。しかし、メンフィスの観光案内所には、これらの名前を挙げたミュージシャンやオーティス・レディング等をさしおいてBBの銅像が建っていることをお伝えしておく。ちなみに、隣にエルビス・プレスリーの銅像も建っていたが、エルビスにほとんど関心の無い私は、世界で最も訪問者数が多い私邸と言われているグレイスランドというエルビスの生家にも訪ねていないことを付け足しておく。















評点:100点




ブルース・イズ・キング(紙ジャケット仕様)ブルース・イズ・キング(紙ジャケット仕様)
(2012/12/19)
B.B.キング

商品詳細を見る

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。