何故に西郷隆盛は勝海舟との話し合いで江戸総攻撃を中止するという決断(江戸無血開城)ができたのですか? 一介の武士に過ぎない西郷隆盛に? - 歴史・宗教
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

何故に西郷隆盛は勝海舟との話し合いで江戸総攻撃を中止するという決断(江戸無血開城)ができたのですか? 一介の武士に過ぎない西郷隆盛に?

「「大河ドラマ」→「たいがい酷いドラマ」?」


相も変わらず、『西郷どん』は酷い内容ですナ。
前回は、弟の吉二郎の戦死だけを大きく取り上げて、戊辰戦争で会津をはじめとした東北の人びとを惨殺した黒歴史を全く描かないという酷いストーリーでした。
都合の悪いこと(東北人の大量殺戮)には蓋をして、一部の悲劇(弟の吉二郎の戦死)だけを大げさに描くことで幕末史を完結させるという歴史歪曲がまかり通っている。
何も知らない視聴者は、これを観て「吉二郎が可哀想。でも明治維新を成功させるためには仕方なかったのかもしれないな」と「思わされて」しまうかもしれません。
本当はあまりに酷い歴史歪曲であることにも気づかずに・・・

東北の方はNHKに抗議するべきである。

「殺されたのは西郷吉二郎だけではない!」と。

「長州人に大虐殺され埋葬さえ禁じられた東北人のことを無視するな!」と。

薩長は最大の朝敵のくせに官軍に成りすました極悪人じゃないか!」と。

NHKの仕事は国民に正しい歴史を伝えることではありません。
NHKの仕事は歴史を隠蔽し、国民を騙すことである。
NHKは歴史を隠蔽するために国民から受信料をバイトを使って強奪しようとしているのだ。

ところで改めて、テレビ・新聞・学校教育が国民に伝えている明治維新というものが嘘八百のでっち上げストーリーである証拠を述べておきます。
「こういったことはこれまで何度も書いてるじゃないか」「私もバカじゃないのだから、テレビ・新聞・学校教育が国民に伝えている明治維新というものが嘘八百のでっち上げストーリーであるということぐらい「常識」として理解しているよ」ですか?

ありがとうございます。
当ブログの読者の方で普通の思考能力を持った方ならば、テレビ・新聞・学校教育が国民に伝えている明治維新というものが嘘八百のでっち上げストーリーであることは「常識」として理解されているでしょう。
だから今回は追加情報ということで手短に、小学生でも理解できる例を一つ挙げておこうと思います。

それは何かというと、「『西郷どん』を観ていたら誰でも気づくはず」なことです。
気づかないということは、既にテレビに洗脳されてしまっているということなのです。
あのドラマを観ていて「オカシイ」と思いませんか?

これだけ言ってもお分かりになりませんか?
ならば、お答えしましょう。

西郷隆盛は藩主ですか? 違いますよね。
単なる薩摩藩の一介の武士に過ぎませんよね。
なのに何故に藩主を差し置いて軍の指揮を執り、倒幕運動を起こしたのですか?
薩摩藩は倒幕を推進していたわけでもないのに、一介の武士に過ぎない西郷隆盛にそれだけの権限を持たせたのですか?
何故に西郷隆盛は勝海舟との話し合いで江戸総攻撃を中止するという決断(江戸無血開城)ができたのですか? 一介の武士に過ぎない西郷隆盛に?

すべてが嘘八百だからです。

薩摩藩自体も謀略の一味だったからでしょう。
この謀略には西郷隆盛をはじめとした薩長の武士や坂本龍馬だけでなく薩摩藩・長州藩自体も加わっています。そうでなければ一介の武士に過ぎない西郷隆盛にこれだけの権限を与えるわけがないのです。
この謀略に徳川慶喜が加わっていることは、言うまでもありません。

この謀略を裏で指揮していたのが、グラバーであり、フルベッキであり、パークスであり、サトウら幕末に暗躍していた外国人なのです。
この謀略の最大の証拠が、フルベッキ写真の存在なのです。
幕末に暗躍していた外国人を操っていたのが、ロスチャをはじめとした「彼ら」であることは言うまでもありません。

歴史を理解するのに深く考えすぎる必要はありません。
子供のように「何故?」「どうして?」「これオカシイんとちゃう?」と、素直に感じる気持ちがありさえすればいいのです。このような気持ちが起きてこないとすれば、知らず知らずのうちに洗脳されてしまっているということなのです。

この洗脳工作は明治維新に限ったことではなく現在進行形であることをお忘れなく!




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。