「My Girl」The Temptations 、Michael Jackson 、Rolling Stones、Phil Collins 、Stevie Wonder 、Al Green 、Aaron Neville、、Otis Redding - 映画音楽・スタンダード・トラディショナル
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

「My Girl」The Temptations 、Michael Jackson 、Rolling Stones、Phil Collins 、Stevie Wonder 、Al Green 、Aaron Neville、、Otis Redding

今日の1曲は、「My Girl 」です。
スモーキー・ロビンソンとロナルド・ホワイトは、ミラクルズがニューヨークのアポロ・シアターで公演を行っていた頃に「マイ・ガール」を作り、その後デトロイトでレコーディングが行われました。歌詞はロビンソンの妻クローデットにインスパイアされた内容であり、イントロのギター・フレーズは、当時モータウンの専属バンドであったファンク・ブラザーズのロバート・ホワイトが作りました。
歌詞もメロディーも素晴らしいのは言うまでもありませんが、決めてとなるイントロのギター・フレーズを作ったファンク・ブラザーズのロバート・ホワイトの功績は大ですね。
冒頭の「曇りの日に太陽の光を手に入れた」という歌詞は、シンプルだけど心に突き刺さるものであり、この曲を後世に残る名曲にさせた究極の”決め台詞”となりましたね。
私も大好きな1曲あり、大好きなフレーズです。

1964年に発表されたテンプテーションズのヴァージョンです。


幼少時のマイケル・ジャクソンのヴァージョンです。
かわいい声ですね。


ローリング・ストーンズのヴァージョンです。


フィル・コリンズのヴァージョンです。


スティーヴィー・ワンダーのヴァージョンです。


アル・グリーンのヴァージョンです。


アーロン・ネヴィルのヴァージョンです。


最後は、オーティスに締めてもらいましょう。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント