夜は灯火を消して、闇の中で豆を投げ、棒で空を打って魔物を追いたてる。闇の中では悪魔のかわりに親しい友人や妻を叩き、その顔に豆を投げつけることもしばしばある。 by ヒュースケン - 歴史・宗教
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

夜は灯火を消して、闇の中で豆を投げ、棒で空を打って魔物を追いたてる。闇の中では悪魔のかわりに親しい友人や妻を叩き、その顔に豆を投げつけることもしばしばある。 by ヒュースケン

「ヒュースケン日本日記 1855-61」青木枝朗訳


1989年に出版された書である。
1858年に日米修好通商条約調印の際のアメリカ側全権使節ハリスの通訳兼書記として活躍したヒュースケン(1832-1861)の日本滞在日記である。
幕末のアメリカ人が残した日記に何か“隠された歴史の一面”が書かれているかと思って読んだのだが、特にそれらしき箇所は見当たらなかった。
ただ、幕末期の日本の自然・文化・習慣について記されており、外国人から見た幕末期の日本の姿を感じ取ることが出来たため、少しは読む価値があったかもしれない。
その幕末期の日本の自然・文化・習慣に関する記述を記しておく。



*谷間におりて、天城の山頂に去来する雲から外に出ると、田畑がひらけてくる。やわらかな陽ざしをうけて、うっとりするような美しい渓谷が目の前に横たわっている。とある山裾をひと巡りすると、立ち並ぶ松の枝間に、太陽に輝く白い峰が見えた。それは一目で富士ヤマであることがわかった。今日はじめて見る山の姿であるが、一生忘れることはあるまい。この美しさに匹敵するものが世の中にあろうとは思えない。

*日本の宮廷は、たしかに人目を惹くほどの豪奢さはない。延臣は大勢いたが、ダイヤモンドが光って見えるようなことは一度もなかった。わずかに刀の柄に小さな金の飾りが認められるぐらいだった。シャムの宮廷の貴族は、その未開さを泥臭い贅沢で隠そうとして、金や宝石で飾りたてていた。しかし江戸の宮廷の簡素なこと、気品と威厳をそなえた延臣たちの態度、名だたる宮廷に栄光をそえる洗練された作法、そういったものはインド諸国のすべてのダイヤモンドよりもはるかに眩い光を放っていた。

*しかし、明日からは日本の祭日で、その日には豆を投げつけて悪魔(鬼)を追い出さねばならないので、委員たちはこられない。夜は灯火を消して、闇の中で豆を投げ、棒で空を打って魔物を追いたてる。闇の中では悪魔のかわりに親しい友人や妻を叩き、その顔に豆を投げつけることもしばしばある。



今回は、皆さんが期待していただいているような記述ではありません。
全く持って私らしからぬ“普通の感想”で申し訳ないですが、これぐらいにしておきます。




評点:40点






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。