そんなアホな→そんなバカな→そんなカバラ - ワクチン・AIDS・エボラ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

そんなアホな→そんなバカな→そんなカバラ

「人工地震では飽き足らず、ノロウィルス・ワクチンで人口削減を企む悪魔カバラ主義者」




以前、「武田薬品工業が、次期社長に英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)のクリストフ・ウェバー氏(47)=フランス国籍=を起用することを決めた。」ことに関する記事を書いたが、その記事の配信日時が「12月1日(日)11時31分」なのである。

(1+2)・1・1・1・3・1=「311」「131」
偶然でしょうか?

そして、グラクソ・スミスクラインの子会社社長だったクリストフ・ウェバー氏が社長に就任した日が配信日の前日である11月30日なのである。
11・3=3・11
偶然でしょうか?

そんなカバラ(“そんなバカナ”に引っ掛けた苦しいダジャレ(笑))!
これで皆さんも、人工地震が大好きな勢力と、毒ワクチンが大好きな勢力が、同一の悪魔カバラ主義者(=ユダヤ・フリーメーソン・イルミナティ)であることを理解できたのではないかと思いますカ?(そこで“カ”はいらん(吉本新喜劇のボケのパターンです(笑))
「そんなアホなことはせーへんでしょ」と、思うかもしれませんが、「彼ら」の数字に対する思い入れは半端じゃないので、本当に“そんなアホな”と思うようなことを、真剣にやるのです。「彼ら」は基地外ですから。

さらにまた、「グラクソと武田が極悪タッグを組んで、何をやらかそうとしているのか」ということを、velvet morningさんが暴いてくれてます。
どうやら「彼ら」は、「ノロウィルスをばら撒いて(問題)、マスゴミにノロウィルスの危険性を誇張するデマ情報を発信させ(反応)、グラクソと一体となった武田薬品工業に毒ワクチンを接種させることによって人口削減計画を推進する(解決策提示)」と、新たな極悪計画を企んでいるらしい。
まさに、「問題・反応・解決策提示」という得意技の本領発揮ですナ。
本当に「彼ら・チーム・イルミナティ」は、チーム一丸となって次から次へと極悪計画を推し進めはりますネ。あきれて物が言えません。少なくとも、このブログを見ている皆さんは騙されないでくださいネ。
ノロウィルス・ワクチンなんか打たないでくださいネ。

ついでに丁度1年前の板垣英憲さんの情報だが、当時の「産業競争力会議」メンバーがイルミナティ・フリーメーソンのメンバーばかりだったそうだ。
しっかりと武田薬品工業の会長さんも入ってますネ(笑)。
この日本内イルミナティで、“日本を地獄絵図にする計画”を企んでいるのでしょうか?

さらに驚くことに、都知事選で、あの広瀬隆氏藤原家の末裔である細川氏の支持にまわるらしい・・・。
ということは、広瀬氏が日本内イルミナティの筆頭クラスにあたるポチ小泉と手を組むことになる・・・。世も末、としか言いようがない。
宇都宮氏の善悪の判断は難しいところだが、宇都宮氏以外の舛添や田母神といった、いかにも“日本内イルミナティっぽい”候補者に勝たさないためには、広瀬氏も苦渋の選択をせざるを得なかったのかもしれませんナ。ただ広瀬氏は、細川氏のブレーンとして原発政策に物を言おうとアピールしているので、それが実現できたら「彼ら」の好き勝手にはできないかもしれませんネ。





(velvet morning)さん
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2014/01/23/7202074
浜松のノロウィルステロですが、本命情報が出てきました
2013年10月07日

武田薬品工業株式会社
米国感染症学会におけるノロウイルスワクチンの臨床第1/2相試験の
結果発表について

当社は、米国サンフランシスコで開催されている米国感染症学会週間(Infectious Disease (ID) Week 2013)のLate-Breakingセッションにおいて、当社が現在開発中のノロウイルスワクチン(筋注、GI/GII の2価ワクチン)の臨床第1/2相試験の結果をオーラルプレゼンテーションで発表するとともに、プレスカンファレンスでも発表しましたのでお知らせします。本試験は、胃腸炎の原因となり最も頻繁にみられる遺伝子型(GII.4型)のノロウイルスを試験服用する方法で健康成人を対象に実施されました。本試験では、ノロウイルスワクチン2回投与の忍容性が良好であり、ノロウイルスワクチンがノロウイルス感染症状の発現および重症化の予防に好影響を与えることが示唆されるとともに、排泄物中のノロウイルス量の減少もみられました。また、本試験結果から、実臨床下での試験実施に向け、最適な検証試験系の確立に向けての重要な知見も得られました。

ノロウイルス胃腸炎は、多くの場合、嘔吐と下痢を伴い、年齢に関わらず発症します。本試験では、ノロウイルスワクチン接種群はプラセボ群と比較し、副次評価項目である、あらゆる重症度における嘔吐・下痢の発現について有意な減少を示しました。また、ノロウイルスワクチン接種群はプラセボ群と比較して、主要評価項目である胃腸症状の発現の減少を示したものの、統計学的な有意差は示されませんでした。

本試験の実施責任者であり、シンシナティ小児病院 感染症科DirectorのDavid I. Bernstein博士は、「世界各地で流行している非細菌性感染性胃腸炎の原因の約90%がノロウイルスであり、米国だけでも年間71,000人もの方がノロウイルス感染症が原因で入院しています。この世界的な問題を解決するワクチンが切望されており、当社のノロウイルスワクチンがそのアンメット・メディカルニーズを満たすものと期待しています」と述べています。

当社のワクチンビジネス部長であるRajeev Venkayyaは、「本臨床試験により、最も頻繁にみられる遺伝子型(GII.4型)ノロウイルスの試験服用による症状をノロウイルスワクチンが軽減することが初めて示されました。ウイルスを試験投与する方法としてはかなり規模の大きい今回の臨床試験結果から、ファースト・イン・クラスである当社のノロウイルスワクチンの開発をさらに推し進めていけることを嬉しく思います。当社では、本ワクチンのような画期的なワクチンの研究開発により、世界の公衆衛生上の重要な問題解決に貢献してまいります」と述べています。

【今回発表した試験結果】
試験デザイン 無作為、二重盲検、プラセボ対照、多施設共同試験
対象者 18歳から50歳の健康成人98名
結 果 ・ 重篤な嘔吐・下痢
ワクチン接種群:0名:0.0%、プラセボ群:4名:8.3% (p=0.054)
・ 中等度あるいは重篤な嘔吐・下痢は68%減少
ワクチン接種群:6.0%、プラセボ群:18.8% (p=0.068)
・ 副次評価項目は達成、いずれの重症度においても、嘔吐・下痢は52%の減少
ワクチン接種群:20%、プラセボ群:41.7% (p=0.028)
・ Vesikariスコア(重症度スコア、成人用に修正)による症状、重症度の評価は有意に減少
ワクチン接種群:3.1点、プラセボ群:5.0点 (p=0.023)
・ 副反応は、主に他のワクチンでもよくみられる軽度で短期的な局所注射部位疼痛、最も頻度の高い全身性反応は頭痛。
・ 副次評価項目の一つである「抗体価の4倍増加」については、ワクチン接種者においてもノロウイルス試験服用後わずかな抗体価上昇を示したのみであり、有効性の評価方法として不十分。PCR測定によるウイルス量は、ワクチン接種群とプラセボ群で差なし。
・ 主要評価項目(あらゆる重症度での急性胃腸炎発現の減少およびノロウイルス感染の検査確認)は未達成であり、本試験の詳細については投稿予定。
以上

<ノロウイルスワクチンについて>
当社の2価ノロウイルスワクチン(筋注)は、ウイルス様粒子(Virus-Like Particle:VLP)抗原を含んでおり、ウイルスの外殻タンパクであるウイルスキャプシドの構造を保持することでウイルスのような形をしていますが、遺伝物質を持たないため増殖能あるいは感染能力はありません。VLPを接種すると、人間の免疫システムは、ウイルスに反応するのと同様に免疫防御を活性化し感染から身を守ることが分かっています これまでに健康成人を対象として実施したワクチン(経鼻製剤)の臨床試験では、GI.1型ノロウイルスを試験服用後、ワクチン接種群において胃腸疾患の有意な減少を示しました。当該試験結果はNew England Journal of Medicine(2011年12月8日号)に掲載されています。当該試験ならびに今回の試験結果から、ワクチン接種は、最も頻繁にみられるI型およびII型ノロウイルスによる感染症を予防する有効な手段であることが示唆されました。

<ノロウイルスについて>
ノロウイルス胃腸炎は、急激な嘔気・嘔吐・痙攣性腹痛・下痢、時に急激な発熱によって発症し、世界規模で流行を引き起こし重症化する恐れのある疾患です。ノロウイルスは感染力が強く、人から人へ、あるいはウイルスに汚染された物質や環境により容易に感染することが知られています。集団発生は、特に病院・ホテル・学校・デイケア施設・介護施設などのコミュニティで起こり、家族・医療制度・事業上の社会経済的負担の増大につながります。軍隊においては、流行が始まると戦闘即応性が削がれるなど大きな影響を受けます。合併症を惹き起こしやすい
高齢者、小児、免疫不全者においては重症化しやすく死に至るケースも報告されています。


以上引用

もうお分かりですね。

次期Chief Executive Officer(CEO)候補として、グラクソ・スミスクラインの子会社社長だったクリストフ・ウェバー氏を招聘、2014年(平成26年)6月の株主総会および取締役会で承認されることを前提として、代表取締役社長 COO に就任し、長谷川閑史現社長が代表取締役会長 CEO に就任する予定と発表した
(2013年(平成25年)11月30日)。
子宮頸癌ワクチン詐欺や、新型インフルエンザテロと背景が全く同じということです。





(板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~)さんhttp://magazine.livedoor.com/press/5241
2013年1月25日
政府の産業競争力会議は、フリーメーソン・イルミナティのメンバーばかり、
竹中平蔵元総務相は、どこの国に奉仕する学者・政治家なのか?


◆〔特別情報①〕
 安倍晋三首相は1月23日午前、首相官邸で、「産業競争力会議」の初会合
を行った。フリーメーソン・イルミナティ筋(ニャーヨーク・マンハッタン島
発)の情報によると、「この会議は、フリーメーソン・イルミナティのメン
バーばかりだ
」と言っており、何のむことはない、「日本国民第一」で産業競
争力を強めようとしているらしい。竹中平蔵元総務相は、ドサクサに紛れて、
「規制緩和」をこの会議で主張しているといい、その心は「TPP参加」を決
めさせたいようだ。一体、この会議は、だれのための会議なのかと、日本国民
の多くから懐疑的なまなざしが、投げかけられている。

 日本経済の成長戦略を担う「産業競争力会議」メンバーは、以下の通りであ
る。

新浪剛史ローソン社長
佐藤康博みずほFG社長
坂根正弘コマツ会長
秋山咲恵サキコーポレーション社長
榊原定征東レ会長
竹中平蔵慶応大学教授
橋本和仁東京大学大学院教授
長谷川閑史武田薬品社長
三木谷浩史楽天社長}


 これらのメンバーが、みな、フリーメーソン・イルミナティのメンバーであ
ることは、実に驚きである。初会合での発言を知れば、「なるほどな」と合点
がいく










COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。