食品偽装より報道偽装のほうが問題である - マスゴミ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

食品偽装より報道偽装のほうが問題である

「マスゴミによる情報操作、世論誤誘導、そして食品偽装報道の裏舞台」




音楽評論家のピーター・バラカン氏が、ラジオ番組で「都知事選挙が終わるまでは原発に関する発言はしないように」との指示を放送局より受けていたことを暴露したらしい。
私は以前から土曜日の朝にNHK・FMでピーター氏がDJをしている「ウィークエンド・サンシャイン」を聞いているが、「3・11」の後、いまだに原発問題に言及しないマスコミ及び音楽番組に対して、「反戦ソングは放送されるのに、反原発ソングが放送されないのは何故か」といった趣旨のメールをピーター氏の番組に送ったことがあります。
その後、ピーター氏は他のラジオ番組で「RCサクセションの「ラブ・ミー・テンダー」をかけようとしたら局に止められたことを番組で暴露した」ということをニュースで知った。
ひょっとして、「ピーター氏のこの行動を喚起させたのは自分かもしれない?」と、その時に感じた。そして不思議なことに、東日本大震災が起こったにもかかわらず原発批判を全く報道しなかったマスコミが、徐々に原発問題に関する報道をするようになったのだ。
これはひょっといて、私がピーター氏に送ったメールがきっかけで起こった現象なのでは、と感じたものだ。もちろん、全くの偶然だとは思うが・・・。
私はピーター氏の「勇気ある行動」を高く評価したい。そして応援していきたい。
また同時に、他の報道関係者もピーター氏に見習って欲しいと思う。
皆さんも、ピーター氏のラジオ番組を聞いてみてください。ほとんどのラジオDJが、現在はやっている曲やスタンダード曲ばかりを放送し続けるなか、ピーター氏はいつもメジャー・マイナーに拘りなく、“自分がいいと感じた一癖も二癖もある曲”を番組で紹介し続けています。初めはとっつきにくいとか敷居が高いとか感じるかもしれませんが、番組を聞き続けていると、「曲の本当の素晴らしさ」が理解できてくると思います。私は現在、アフリカのワールド・ミュージックにどっぷりと嵌っていますが、“アフリカン・ミュージックの素晴らしさ”を理解できるようになったのは、明らかにピーター氏の影響によるものです。
最後に、以前食品偽装については記事にしましたが、「食品偽装報道の裏」を告発している記事も併せて紹介します。
マスゴミが情報操作、世論誤誘導の洗脳工作を行なっている裏には、「彼ら」が存在していることをお忘れなく!




http://www.j-cast.com/2014/01/21194663.html?p=all
「原発に触れないで」放送局が要請 ピーター・バラカン氏の衝撃の生告白がネットで反響
フリーの「ブロードキャスター」として活躍するピーター・バラカン氏(62)が2014年1月20日放送のラジオ番組内で、都知事選終了まで原発の話題に触れないよう複数の放送局から告げられたと打ち明けた。
発言内容は何人ものリスナーがリアルタイムでツイートしたことによりインターネット上でも拡散し、現在も多くの反響を呼んでいる。
リスナーが拡散「こうやって操作されるんだな。怖い」
23日に告示される今回の東京都知事選は「脱原発」が大きな争点の一つになるとされている。そうした中、ピーター氏がDJを担当するFMラジオ番組「Barakan Morning」(InterFM)内で、「まだ告示もされていないのに、東京都知事選が終わるまでは原発に触れないよう、他の2つの放送局で言われました」と「暴露」した。番組内では局名を明かすことはなかったものの、ピーター氏は「InterFM」以外にも、NHK-FM(「ウィークエンド サンシャイン」)、TOKYO FM(「Tokyo Midtown presents The Life MUSEUM」)でレギュラー番組を持つ。そして「お達し」の理由についてはリスナーの想像に委ねた。
大胆とも思える発言は、すぐに番組リスナーによってツイッター上で広められた。原発の話題ごと封じるのはメディアによる自主規制や圧力だとして「ラジオでさえ、こうか。。」「世論って、こうやって操作されるんだな。怖い」「日本はどうなっているのかしら。。」といった批判の声が上がる。同時に「公表くださったピーターさんとinterfmの英断に敬意を表します」「わたしが富豪だったらスポンサーになるのに…!しかし、執行役員は無敵だな(編注:ピーター氏は12年9月にInterFMの執行役員に就任)」と、ピーターさんを賞賛する声もいくつも投稿された。
過去には反原発ソングの「放送禁止」も暴露
ただし、ピーター氏自身はこうしたネット上の盛り上がりに戸惑っているようだ。J-CASTニュースがInterFMに発言内容の事実確認をしたところ、ピーター氏本人が応じた。「ツイッターでも予想以上に反響が届いている」と話す一方で「僕は別にこだわっているわけではなくて、大ごとにする話ではない」と答えた。とはいえ、反原発派で知られる音楽家の坂本龍一さんもツイートを紹介するなどして現在も拡散し続け、注目を集めている。
ちなみに、ピーター氏が原発問題をラジオで取り上げて話題になったのは、今回が初めてではない。東日本大震災から間もない2011年4月には、リクエストが集中したRCサクセションの「ラブ・ミー・テンダー」を流そうとしたところ局に止められたことを番組内で明かした。同曲は歌詞の内容から反核・反原発ソングとして知られ、ピーター氏は詞を見た上で今かけるべきだと判断したと語っていた。
それから約1か月後には、ポストセブンの取材で「放送禁止問題」を振り返った上で、「ラジオはリスナーのため、テレビは視聴者のためにあるというのが僕の基本姿勢であり、崩したくはない。しかし、日本の放送界は全体的に、視聴者のためというより、局の利益のためにあると思っていると感じることがある」と話し、放送メディアの在り方に疑問を投げかけていた。
英ロンドン生まれのピーター氏はロンドン大学で日本語を学んだ後、来日して音楽出版社に勤務。退職後はラジオ番組のDJや音楽評論などで活躍している。2010年まで放送されていた社会問題を扱うドキュメンタリー番組「CBSドキュメント」(TBS系)では司会を務め、鋭いコメントには定評があった。






http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-425c.html
(zeraniumのブログ)さん
マスコミ報道の裏を探れ!
現在絶版となっている高橋清隆氏の『偽装報道を見抜け!』から、マスコミによる「叩き」報道が国内の優良企業の乗っ取りに使われた例をかいつまんで紹介したい。

   少し前の話になるが、2007年に相次いで報道された食品偽装事件についてである。
   この一連の騒ぎは、2007年1月に不二家が消費期限切れの牛乳を使用していたことをマスコミが大々的に報道したことから始まった。そして6月には、食品加工卸会社のミートホープが牛ミンチへ豚肉を混入していたと報道した。8月には、北海道土産(みやげ)で有名な「白い恋人」の賞味期限改竄(かいざん)が、10月には、これもお土産として中部地方で有名な「赤福」の製造日改竄などの、食品偽装をテーマにした事件報道が相次いだ。

   マスコミが食品業界にはびこる巨悪を暴いた、と誰もが思ったことだろう。
   食品業界の不祥事は事実であるが、なぜこれほど立て続けにこの時期に、しかも大げさに報道したのだろうか。マスコミの意図は、実はまったく別のところにあったのだ。それは不祥事報道で非難の的にされた企業のその後を追ってみるとよくわかる。

   不二家の場合であるが、ロスチャイルドのゴールドマン・サックス証券が、なぜか不二家の不祥事が発覚する前に、不二家の株が下がることを予期して大量の空売りをかけており、不祥事報道後にその影響で株価が変動して莫大な利益を上げていたのだ。そして不二家本社のあった銀座の土地と建物は、事件報道後にロックフェラーのシティ・グループのものになった。

   一方、不祥事報道に悪乗りして、不祥事の一部を捏造(ねつぞう)までして報道した朝の人気ニュースバラエティ番組のテレビ局は、不二家からの抗議を受けて謝罪をしている。これらはコントロールされている日本のマスコミが、外国資本の利益のために世論を誘導した一つの例である。もちろん不二家の食品管理体制にも問題はあったので、その責任は負わねばならない。しかしこの不祥事を報道した日本のマスコミには、その表現に過激で真実でない点が多かった。この事実は視聴者に伝えられていないので指摘しておきたい。

   まず不二家が消費期限切れの牛乳を商品に使用していたとされることであるが、マスコミは食品衛生法で決められた消費期限を過ぎていたかのように報道したが、実際には法定の消費期限までには3日の余裕があった。不二家は社内で独自に消費期限設定をしており、それが独自の消費期限を超過していたのだ。また商品から大腸菌群が検出されたとする報道だが、実際に検出されたのは大腸菌に良く似た性質を持つ別の菌であったが、まるで大腸菌が検出されたかのように報道された。さらに「洋菓子の衛生規範」の規定値を越す菌が検出されたとし、食品衛生法に違反したかのように報道されたが、そのような規定は存在しない。また「洋菓子の衛生規範」には法的な拘束力がないことも付け加えておく、

   その他の企業も同じである。
   「白い恋人」の石屋製菓は、消費期限改竄報道の後、創業者一家が会社を明け渡すことになった。新しい社長には、同社に7億円を融資した北洋銀行の関係者が送り込まれた。そして不二家の場合と同じく、マスコミ報道が行なわれる同年の初めには、数々の国際銀行家が関わる世界最大の国際金融グループが、北洋銀行を所有する証券会社の株を大量に買い付けていたことが、多くの報告書から判明している。 

  赤福の場合は、製造日改竄報道の後、創業家一族の役員は責任を取って退任したが、創業者一族とは関係のないロスチャイルド系の住友銀行関係者が、会長に就任している。

   このようにして「乗っ取り」が行なわれており、日本の優良企業に国際銀行家(イルミナティ)率いる外資系大企業が、彼らの支配下にあるマスコミを操作して用意周到に行なうのである。

   一連の食品偽装報道の裏側はこれだけではなく、さらに深い意図があるのだ。
   それはアメリカから日本に加えられる圧力である。毎年アメリカ政府が日本政府に突きつけてくる具体的な手段として、「年次改革要望書」というものがある。
この年次改革要望書は、表向きは日米両国の経済発展のために存在する。しかし実情は、その名目からは程遠いものである。つまり日本側からアメリカに出す要求は瑣末なものであるのに対し、アメリカ側から日本に出される数々の要求は日本のシステムを根底から覆すほどに大きなものなのだ。それはアメリカの一方的な苛(いじ)めといってよい。
 
   しかし当然ではあるが、この「年次改革要望書」についてマスコミが取り上げることは決してない。毎年毎年アメリカから日本に対して要求が突きつけられており、ほとんどの日本の政治家はこの要求に応じて動いているに過ぎない。国会で議論される問題のほとんどがこの要求についてなのである。極論すれば、日本の国会というものは、アメリカからの要求に対して「困った、困った」「どうしようか、こうしようか、ああしようか」と与党と野党でやり合っているだけなのだ

   この年次改革要望書は、正式には「日米規制改革および競争政策イニシアティブの基づく日本国政府への米国政府要望書」という。その具体的な内容は、労働基準や建築基準、医療制度、保険制度などから、食品やワクチン、クレジットカードに至るまで、何から何まで全てに関する要求であり、日本という国のあり方まで決定づけてしまうものである。そしてこれに素直に従う政治家はマスコミで持ち上げられるが、日本の国益を重視し、アメリカの要求に反対する政治家は、スキャンダルや微細な不祥事を取り上げられてマスコミで散々に叩かれるのである。前述したように、日本のマスコミは歴史からみてもその始まりから、構造的にもアメリカに支配されているので仕方がないのだ

   話を年次改革要望書に戻そう。
   食品偽装報道の相次いだ年の、アメリカからの年次改革要望書には、輸入食品の手続きの効率化と、新しい食品添加物の審査期間の短縮化の要求がある。つまりこれは、輸入食品と添加物の審査基準をもっと甘くして、早く輸入できるようにしろ、ということである。その理由としてアメリカ政府側は、日本が競争の自由化と世界における自由貿易を邪魔していると主張するのだ。それは食の安全を守る日本が、まるで世界の悪者であるかのような論調である。そしてこのアメリカ側の言い分に、日本国民の世論をいかに納得させ、同調させるかが、日本のマスコミの仕事なのである。

   意図的に行なわれた食品偽装報道であったが、その裏で「食の安全」がいつのまにか「規制緩和」にすり替えられてしまい、年次改革要望書の存在をマスコミが報道しないために、このことは国民に気づかれることなく忘れ去られてしまった。ちなみにこれとまったく同じ構図で、「郵政民営化」や「各種ワクチンの輸入」が行なわれたことを付け加えておく。

   この仕組みを知らされていない多くの国民は、マスコミ報道を素直に信じ、「日本の食品業界は腐ってる! マスコミもたまにはいい仕事をするじゃないか」と拍手喝采で、うっぷんが晴らせたと思ったことだろう。しかし我々はマスコミの報道することには、二重三重のメガネをかけて見る必要があるのだ。彼らに簡単に騙される結果、いずれそれが自分の首を締めることになる。

   誤解を避けるために繰り返し言うが、国内の食品偽装問題は正されるべき問題である。しかしそれを名目に、安全性の確かでない輸入食品や添加物がどんどんアメリカから入ってくるのだ。これらの添加物が恒常的に食品に使用され、日本国民の健康が侵されることのほうが、賞味期限切れの食品よりはるかに深刻な問題であるはずだ。そもそも要望書を書くまでして圧力をかけないと、日本政府が許可しない輸入食品や添加物を、あなたは信用できるだろうか。

   (年次改革要望書は、1994年から始まり自民政権が終わる2008年まで続けられていた。民主党に政権交代してからはこの要望書の存在が見られなくなったが、現在の政権もこの形を変えた要望書に従って動いていることに変わりはない。現在、アメリカ側の要求は、もっと隠された形で日本側に突きつけられているようである。)

 「マスコミとお金は人の幸せをこうして食べている」 THINKER著
                       5次元文庫徳間書店
                           抜粋










COMMENT

NoTitle

こんにちは。
NHκFMバラカンさんからゴンチチさんの番組、
時々聴くのですが、土曜日の朝にぴったりでいいですね。^^
…マスゴミから完全に足を洗っていない私…笑。

ところで、これは捻くれた見方ですが…
木内説(毎度引き合いに出しすみません)から想像すると、
イギリス人(欧米白人)の発言だから、拡散が為されるという
解釈も頭の片隅にあります。
(ネット上拡散も加味した戦略という見方)

今、日本潰しは激化していると思います。
日本の物質的な面はもとより
精神面の破壊が著しいと感じます。
そこへ
〝欧米白人が
「全うな行動、勇気ある発言をする彼ら」というプロパガンダ〟…の可能性。
その逆の印象付けとして本や新聞(活字)で繰り返し行われてきた、
〝日本人は「臭いものに蓋をする、
いい加減な行動、お金に左右されるモラルの低さ等」〟
結果、「自己国民性の否定と反省」という内省的洗脳。
昨今の、有色人種のネガティヴな
報道の多いことの不自然さも加味しながら。


白人もある意味「駒」であり、ユダが上から
二人羽織になって世論を
作り上げていることがマスゴミから観察できないでしょうか。
バラカンさんも、もしやCIAやユダの可能性は否定できない、と。
深く日本社会に根を下ろす自由度の高い品行方正モラリストな印象の
エリート外国人を歴史から眺めると、その視点は必要だと思われます。
もし違っていたらご本人には失礼なのですが。
日本の音楽を間接的に触れる機会や日本音楽思想を減らす任務とも…
あるいは(本家イルミとか)2~3重エージェント?!
もう推理小説*▽*ですな。
(デーブのように分かり易いエージェントならいい…笑
彼は権力側の威嚇広告用?)

当方も日本の古典的な音楽より西洋音楽や外国民族音楽が
どちらかというと好みですが、
NHκを聴いていると最近は特に、西洋社会を肯定する
音楽番組がやたら多い…と感じます。
(音楽は脳の神経細胞を大きく刺激し
α波を広げ感情同意が起き、思考思想にも影響すると思え…。
マスゴミの戦略はどこまでも侮れない…と。
21世紀国際金融家らの武力戦略に音波の武器があることも考え併せ…。)

歴史を見渡せば白人とユダのセットで
世界を暴力的に破壊した過去、いや現在進行形であることを
念頭に置く必要性を感じます。「人種差別」という
倫理観の(教育やマスコミ)洗脳から解き放ち、
自分の本当の良心に照らすと、人間とは住み分ける
必要がある動物ではないかな?!とも感じています。

(エヌエイチケーをタイピングするとウィルス機能のような
状態が起きる気がします苦笑)

ナマイキなこと書いてすみません。おじゃましました。

Re: NoTitle

こんにちは。

さすがに、K.Tさん、するどいですネ。
私の心情を見透かされているようで
タジタジしてしまいました(笑)。

> NHκFMバラカンさんからゴンチチさんの番組、
> 時々聴くのですが、土曜日の朝にぴったりでいいですね。^^
> …マスゴミから完全に足を洗っていない私…笑。

マスゴミを批判してる私ですが、FMはこの番組と
金曜の夜に渋谷氏の番組をつまらん歌が多いとは思いながらも(笑)、
情報収集のために聞いてます。
テレビは、これも嘘偽りであるとは解っているが、
これまた情報収集のためにBS歴史館や最近は大河ドラマの歴史物中心に
見ています。
ニュースは時々、映画はけっこう、ドラマはたまに
見てます。
さすがにウジテレビのやってるくだらん番組は見ませんが・・・
けっこう、マスゴミに洗脳されてるのかもしれません(笑)。


> ところで、これは捻くれた見方ですが…
> 木内説(毎度引き合いに出しすみません)から想像すると、
> イギリス人(欧米白人)の発言だから、拡散が為されるという
> 解釈も頭の片隅にあります。
> (ネット上拡散も加味した戦略という見方)

それは十分あると思います。
彼はユ○○の血も入ってます。



> バラカンさんも、もしやCIAやユダの可能性は否定できない、と。
> 深く日本社会に根を下ろす自由度の高い品行方正モラリストな印象の
> エリート外国人を歴史から眺めると、その視点は必要だと思われます。
> もし違っていたらご本人には失礼なのですが。
> 日本の音楽を間接的に触れる機会や日本音楽思想を減らす任務とも…
> あるいは(本家イルミとか)2~3重エージェント?!
> もう推理小説*▽*ですな。
> (デーブのように分かり易いエージェントならいい…笑
> 彼は権力側の威嚇広告用?)

何回も右も左も「彼ら」が創作した魔術の一種であることは書いていますが、
それを理解した上で、デーブが右のエージェントであれば、
彼が左のエージェントである可能性は否めないと思います。
原発に対しては反対の立場を表明してますが、
人工地震や9.11等については公式報道からは一切はみでません(言えるわけないでしょうがね(笑))。
アメリカに対しても、ブッシュは悪だがオバマは善であると思っているような
発言をされています。
ただ地球温暖化については疑っているような発言をされてましたが(笑)。
ただ私は基本的には彼のことが好きなので、
そしてどうみても「悪い人間」には感じられないので、
エージェントではないと思っています。
というよりも、そうでなかってほしい、と祈っています(笑)。
甘いですネ。

> 当方も日本の古典的な音楽より西洋音楽や外国民族音楽が
> どちらかというと好みですが、
> NHκを聴いていると最近は特に、西洋社会を肯定する
> 音楽番組がやたら多い…と感じます。

確かに、ロックを初め音楽産業も「彼ら」の支配下にあることは
ブログでも書きましたが、疑いようのない事実でしょう。
ジョン・コールマンはビートルズも「彼ら」の作りだした存在であり、
初期の楽曲は第三者が作っていたといってます。
私の大好きなストーンズも、「彼ら」に関係しているのは
間違いないでしょう。
しかし、ストーンズ等が黒人ブルースの影響を受けているのもこれまた
間違いの無い事実です。
いくら「彼ら」が音楽産業を支配していても、本当の人間の心は
支配することはできません。
ロックやブルースやソウルは、そういったものを
超越した音楽であると思います。
私は、太田龍氏が好きで、太田氏の「日本をダメにした西洋」という
主張には基本的に同意見です。
しかし、何から何まで西洋のものが悪いとは思っていません。
明治維新も「彼ら」が起こした創作事件ですが、
かといって、江戸時代が今も続いていたらそれでよかったか
というと、私はよくなかったと思います。
「彼ら」が潰そうとしている「日本本来の文化・伝統」を
守りながらも、西洋のよいところも取り入れていく、
混合文化で私はいいと思います。
そういったことを理解した上で、
「彼ら」の極悪計画に注意をはらっていくことが
重要なのではないでしょうか。

はじめまして

とても解りやすく、かつ核心を突いた素晴らしい内容だと思います。
Twitterでこの記事を共有させていただきたいのですがよろしいでしょうか。

Re: はじめまして

宇宙生命体野郎さん

こんにちは。
コメントどーもです。
お褒めの言葉、有難う御座います。
Twitterいいですヨ。
ただ、記事以外のコメント欄は載せないで下さい。
個人の内容に若干触れてしまった箇所があるので。

NoTitle

返信遅れてすみません(^_^;
了解です。ありがとうございます。

ソウルマンさま

今晩は。初めまして お邪魔致します♪

何度か こちらでアップしている 音楽を聴きながら
いつもは クラッシックなのに 昨日に限って 選んだのは
ROD STEWART でした。

甘いマスクに超ハスキーボイス。彼の存在やサビの曲は
知っていても 聴くことは在りませんでした。

ですが何故か… 聴いてしまって… 最高~(笑)
メロディーも心地好く 即 ファンに♪
アマゾンで購入し 明日には届きます(笑)

教えて下さって有り難うございます♪

「アイム・セクシー」に魅せられて

今晩は。クロエさん

コメントThank Youです。


> いつもは クラッシックなのに 昨日に限って 選んだのは
> ROD STEWART でした。

ロッドを気に入ってもらって、嬉しいです。
私も、中学生のガキンチョのとき(エライ昔の話やネ(笑))、
ロッドのあのハスキーな声とパーフォーマンス(グラミーか
なんかのステージで、「アイム・セクシー」を歌う際に、
客にケツを見せて歌っていた。)に惹かれて、ファンになり、
気が付きゃ、ロック大好き人間になってました。
特にフェイセズの頃からソロになって、「ホット・レッグス」ぐらいまでのロッドはEですヨ。
是非、聞いてみてください(笑)


EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。