なんと四国が存在しないのだ・・・ - ケムトレイル・HAARP・気象操作・人工地震
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント
月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

なんと四国が存在しないのだ・・・

「悪魔の計画は、忘れたころにやってくる・・・」


何もないにこしたことはないが、一応、注意喚起をしておきます。
この世界で起きる事象の中で偶然起きるものはほとんどない。
ほとんどすべてが必然である。
悪魔が支配している「嘘八百のこの世界」においては、
すべての事象が計画に基づいていると思うべきである。
悪魔は複数のガセネタをばらまき、同時に「本当の計画」をこっそりと忍ばせる。
奴らの仕掛けに踊らされるのはマッピラだが、「備えあれば憂いなし」でもあるだろう。
悪魔勢力も、計画が事前に拡散されて広まると、やりにくいだろう。
恐らく誰もが忘れたころに「本当の計画」を実行するつもりなのだろう。
地域的なことは勿論だが、新幹線にも注意をしておいて損はないだろう。
「災害は、忘れたころにやってくる」というよりも、
悪魔の計画は、忘れたころにやってくる・・・




https://www.huffingtonpost.jp/2018/05/14/york-nrm-map_a_23433875/
2018年05月14日 17時33分
日本地図から四国が消滅。イギリス国立鉄道博物館が驚愕の展示

どうしてこうなった… 人気展示「0系新幹線」のパネルをリニューアルしたら大変なことに

イギリスのヨーク市にある国立鉄道博物館は初代新幹線(0系)を展示していることで有名だが、その横に掲示されたパネルが日本人にとっては衝撃の内容であることが分かった。
ドイツ在住の「Mei Kaigai」さんが5月9日に撮影し、Twitterに投稿した写真が、これだ。‏


北海道新幹線が札幌まで、北陸新幹線が敦賀まで開通済のように見える点など、ツッコミどころが多いが、それだけではない。
なんと四国が存在しないのだ。いくら四国新幹線(1973年に基本計画が決定)がいまだに開通していないとはいえ、ひどい仕打ちだ。
ちなみに2017年12月に、同博物館をMeiさんが訪れた際には、四国が存在する地図がパネルに掲載されていたという。パネルのリニューアルに伴って、なぜ四国が消えてしまったのか。真相は謎に包まれている。


■新幹線の展示とは?
ちなみに、この0系新幹線は、2001年にJR西日本から寄贈されたもの。博物館でも人気の展示だという。
Meiさんは、ハフポスト日本版の取材に対して「記念撮影をしたり、熱心に見学されている方をよく見かけました。毎日、学芸員による簡単なレクチャーも行われています」と話している。




http://tocana.jp/2018/04/post_16694_entry.html
【検証】5月23日に南海トラフ巨大地震発生、6月には富士山噴火!? 破滅を予言する未来人「XU」の信憑性は?
2018.04.25

トカナでも度々報じてきた“未来人”が、またもネット上に登場し、大きな注目を集めている。今度は、2150年の未来からやって来たと主張する「XU」という人物だ。今月17日に突如としてツイッターにアカウントを開設すると、「来月23日に南海トラフ巨大地震が発生する」「6月15日に富士山が噴火する」などの物騒な予言をツイートし、ネット上で大きな話題となっている。これがもし当たってしまえば日本の存亡にもかかわる大惨事になることは言うまでもない。となれば時間に余裕はない。今はXUの正体について思いを巡らせるよりも、その予言にあるような巨大地震や大噴火が立て続けに起こり得るのか、しっかり検討することが先決だろう。

■未来人が語った戦慄の近未来とは!?
 まず、本題に入る前に一点付け加えておこう。実は今年1月3日、2075年の未来からやって来たという「YJ」なる人物もツイッターに登場し、「2031年に第三次世界大戦が勃発する」という予言で注目を集めたが、両者のツイートは文体が似ており、XUとYJが同一人物ではないかという指摘があった。この点についてXUは4月18日、「私とあの方(YJ)は知り合い同士」と語っているようだ。
 さて、問題のXUは最初のツイートで、以下のように予言している。


皆様はじめまして、僕は皆様にこれをお伝えしに参りました。

2018.5.23.
3:45
南海トラフ巨大地震が発生


2018.6.15.
12:32
富士山噴火、
その2日後
2018.6.17.
1:25
四国方面で震度9を観測する巨大地震発生、行方不明者21万5639人.死者30万7690人

15:49 - 2018年4月17日



さらに同日、以下のような予言もツイートした。

2020.
東京オリンピック開催されるが
次の首都が岡山となった

何故東京から岡山へと首都が変更されるか
詳しくは言えないが、言えることは1つ

2020.
PM3.53.
何者かが東京を攻撃
攻撃され東京スカイツリーは崩壊
とても住めない状態となり首都が岡山へと変更された

2:28 - 2018年4月18日





http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-106.html
知りすぎていた韓国政府
「“人工地震加担の共犯罪”で、日本政府は韓国政府に逆謝罪を要求せよ!」


 3.11『東北地方太平洋沖地震』の約1カ月後に行われた、『宇野正美講演会(2011年4月収録)』の中で、宇野さんは不思議なことを言っていました。宇野さんのフリーメーソンの友人が、帝国ホテルで行われたフリーメーソンの会合で地図を示されて、その地図には関東から東北地方が真っ白になっていました。「これは何ですか?」と聞いたら、「東日本はなくなるのです。」と言われたのです。
これが一つの謎です。これは、フリーメーソンの3.11の1カ月前の会合の話です。『東北地方太平洋沖地震』の1カ月後の話で、「宇野正美氏が後付けで言っているのかな?」と思ったのですが、どうやら違うようです。もう一つ不思議なことがあります。「何故、やられたのか?」というと、宇野正美氏は、「皆さんは知らないけれども、日本政府は原爆を造っていた。」ということを言いました。宇野正美氏以外、誰もそれを言ってはいません。「それはどういうことですか?」ということについては深く言っていません。それについてはさらっと流しています。「日本は原爆を造っていたのです。2020年には、アメリカを抜いて日本が世界一のプルトニウムの保有国になるということを知っていたのです。だからやられたのです。」ということを宇野さんは言ったのです。
 人工地震の方法としては、HAARP(ハープ)を使ってやられたということを言っています。リチャード・コシミズ氏は、「原爆でやられた」と言っていますが、真相は両方使われたのだと思います。
当時アメリカ大使館は、「福島原発の100キロ圏内から逃げてくれ!」ということを言って、アメリカ大使館を大阪に移したのです。すべての外国人に福島原発から100キロ圏内離れるようにと指令を出していて、それを見ていくとアメリカは知っていたのです。
 まだ、不思議があります。韓国は、『東北地方太平洋沖地震』の約1カ月前に、全国民分のヨウ素をカナダから輸入しています。原子力発電所での事故の際、甲状腺の被ばくを防ぐヨウ素剤があります。これを韓国政府は原発事故の1カ月前に購入していたのです。何故、こんなことができるのでしょう。知っていた人間がいるということです。アメリカ大使館も、韓国も、フリーメーソンの連中の計画を知っていたということです。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。