揺るぎのないクイーン・オブ・ソウル、ARETHA FRANKLIN - アリサ・フランクリン
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

揺るぎのないクイーン・オブ・ソウル、ARETHA FRANKLIN

「YOUNG,GIFTED AND BLACK」
ARETHA FRANKLIN





1972年のアリサ30歳時のアルバムである。
全12曲中、自作曲が4曲、カヴァーが8曲となっている。
自作曲の「ロック・ステディ」は、R&Bチャート2位、ポップチャート9位となったアリサの代表作の一つである。「ロック・ステディ」とは「揺るぎのないしっかりした関係」だそうです。実にパワフルにアリサは歌いきっています。
これまた自作曲の「ファースト・スノウ・イン・コスモ」は、単調なピアノ演奏を補うかのように、アリサは情緒深くしなやかに歌っています。
アルバムタイトル曲は、ニーナ・シモンの曲ですが、ゴスペル調の曲で聞いていると凛とした気持ちにさせられます。
オーティス・レディングの「アイヴ・ビーン・ラヴィング・ユー・トゥー・ロング」と、ビートルズの「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」もカヴァーしていますが、これについてはオリジナルの方が良かったように感じました。
それにしても、絶頂期のアリサの歌唱力は半端じゃありません。
「クイーン・オブ・ソウル」と言われているのは伊達じゃないようですネ。














評点:80点




ヤング・ギフティッド・アンド・ブラックヤング・ギフティッド・アンド・ブラック
(2013/04/24)
アレサ・フランクリン

商品詳細を見る

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント