人間国宝級の音楽家集団+超大物ゲスト=「The New Orleans Album」 - ルーツミュージック・ニューオーリンズ・リズム&ブルース
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

人間国宝級の音楽家集団+超大物ゲスト=「The New Orleans Album」

「The New Orleans Album」Dirty Dozen Brass Band


1989年のダーティー・ダズン・ブラス・バンド(DDBB)のアルバムである。
エディー・ボーとデイヴ・バーソロミューとエルビス・コステロがゲストで参加している。

1曲目の「Inside Straight」は、バリトン・サックスのくだけたノリがたまりません。
「When I’m Walking」は、エディー・ボーのヴォーカルが堪能できる。
「Hannibal」は、サックスとドラムの絡みが絶妙である。
「That’s How You Got Killed Before」は、エルビス・コステロがヴォーカルで参加している。故意に音ズレさせたトランペットがいい。コステロもこんな凄腕ミュージシャンと共演できて幸せに思っているだろう。
「Song For Bobe」は、サックスが最高である。
「The Monkey」は、作者であるデイヴ・バーソロミューがヴォーカルとトランペットで参加している。
「Snowball」は、サックスとトランペットの絡みがこれまた最高である。
「Me Like It Like That」は、“ノリノリ”“ウキウキ”のハッピーソングである。
「Kidd Jordan’s Second Line」は、曲名通りのセカンドラインがたまりません。

人間国宝級の音楽家集団DDBBに超大物ゲストが参加した本作は、アルバムタイトルの「The New Orleans Album」に相応しい内容であり、ニューオーリンズの音楽の素晴らしさを改めて思い知らされる快作である。
昔懐かしい映画評論家の決め台詞じゃないけど、こんなフレーズが頭に浮かびました。

いや~音楽って本当に素晴らしいものですネ(笑)





評点:100点





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント