戦争もテロも「製造業者」によって「つくりだされた製品」である - 戦争
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

戦争もテロも「製造業者」によって「つくりだされた製品」である

「戦争はこうやって「つくりだされる」、テロはこうやって「つくりだされる」」


戦争もテロも「製造業者」によって「つくりだされた製品」である。
「悪魔の製品」が戦争でありテロなのである。
このような「悪質製品」の被害をこうむるのは、「何も知らない消費者(国民)」です。
このような「常識」を他の誰よりも訴え続けている私だが、改めて書いておきます。
「消費者(国民)保護」のため。

「製造業者」によって「つくりだされた悪質製品」から生命を守るため、
「消費者(国民)」は「悪質製品の製造業者の正体」を正しく理解しなければならない。

近い将来あなたが死んでいるか死んでいないかは、あなた次第です・・・





https://www.asahi.com/articles/ASKDR134BKDQUHBI03W.html?iref=comtop_list_int_n03
北朝鮮への制裁強化を決議 安保理が全会一致で
2017年12月23日03時43分

北朝鮮が11月末に弾道ミサイルを発射したことを受け、国連安全保障理事会は22日午後(日本時間23日未明)、北朝鮮への石油精製品輸出の9割削減や、海外で働く北朝鮮人労働者の原則送還などを盛り込んだ制裁強化決議を全会一致で採択した。
 決議は、ディーゼル燃料など北朝鮮への石油精製品の供給に合計で年間50万バレルの上限を設け、原油供給にも合計で年間400万バレルか約52万トンと上限を明記する。石油精製品は年間450万バレルが輸出されていると推定されており、50万バレルに抑えれば約9割減となる。
 海外で働く北朝鮮人の労働者について2年以内に北朝鮮に原則送還する義務を盛り込んだ。当初案は1年以内の送還となっていたが、最終盤に修正が加わった。(ニューヨーク=金成隆一)




(スプートニク)さん
https://jp.sputniknews.com/japan/201712224409085/
日本政府、過去最大の防衛予算案を閣議決定
2017年12月22日 16:44

日本の安倍首相は22日、5兆1911億円となる2018年度の防衛予算を承認した。これは17年度の防衛費を1.3%上回る。





https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13150593583?__ysp=5LiJ6I%2Bx5ZWG5LqLICDou43pnIDnlKPmpa0%3D
安倍政権下で三菱重工、三菱商事は売上を2兆
2015/9/22

安倍政権下で三菱重工、三菱商事は売上を2兆円も伸ばしている。
違憲立法である戦争法案と戦時体制を遂行しつつある安倍政権を打倒する為にも、三菱系企業製品の不買をおこなうべきだ!

と、記事にあります

軍事産業に加担している三菱重工
儲かるのは当然か
一部の権力と大きな利権に関わっているのが、安保法案なのでしょうか?
聞こえが悪いですがこれが本当に正しいことなのでしょうか?






私がお答えしましょう。「正しいわけがない」と。
安倍兄弟は、国家予算を私物化する権利を与えられた「戦争製造業者」なのです。
安倍の兄である安倍 寛信は、三菱商事の執行役員です。



安倍 寛信(あべ ひろのぶ、1952年(昭和27年)5月30日 - )は、日本の実業家、三菱商事執行役員。政治家の安倍晋太郎の長男で、安倍晋三(内閣総理大臣)、岸信夫(衆議院議員)は弟。




安倍の爺さんは何者でしたでしょうか?
当時から安倍の爺さんは三菱と関係していたようですね。
そして、安倍の爺さんと三菱を操っていた勢力は何者でしたでしょうか?
元はと言えば、三菱と「彼ら」は明治維新以来の繋がりなんですけどね




http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1140.html
敵であるはずの米国が日本の軍事力の増強の中心にいた
「満州国建設及び満州アヘン密売の背後にいた勢力を探る③」


阿片・麻薬の需要は増大し、三井物産と三菱商事が、ドイツ・イラン・トルコ・シンガポールの阿片・麻薬を一手に輸入していた。英仏によって、中国華僑の活躍した東南アジアにも阿片の弊害は及んでいったのだ。実に欧米に成り代わった日本は大東亜阿片圏と言うべき阿片の毒牙をむき、三井・三菱の阿片船がアジアを往来した

三井物産は上海へ、1938年4月に約3万トン、1939年1月に約7万トンもの阿片を運び込み、南京維新政府の財政を助けた。三菱商事は三井の3.5倍もの量を1939年2月に満州の大連へ運び込んでいる。

シンゾーの祖父岸信介は1936年10月に満州国国務院実業部総務司長(満州国における行政機関。同国は議会を持たなかったため、国政の最高機関であった)に就任。満州時代に関東軍参謀長の東条英機や日産コンツェルンの総帥鮎川義介ら軍部や財界要人と関係を結んでいった。阿片による莫大な金が岸に動いたことは容易に想像できる

「小泉総理の父、祖父が、第二次大戦中、中国侵略を進めた大政翼賛会の政治家であり、安倍晋三官房長官の祖父が、中国侵略の中心人物、岸信介であり、麻生太郎外務大臣の祖父が、中国侵略軍の中核に居た吉田茂である」という家系の意味するもの。

 1939年4月、陸軍省軍事課長、岩畔豪雄を中心に、三井、三菱、大倉財閥の出資で満州に「昭和通商」という商社が作られた。
 主な業務はアヘン密売であり、実働部隊として岸信介、佐藤栄作、池田勇人、吉田茂がアヘン密売に関与し、満州国の運営資金をアヘン売買で調達した。


ブッシュ=ダレス=ブルームは、第二次大戦中における日本の軍事力増強に全面的に協力していた。ブルームの経営する(つまりブッシュの経営する)武器密輸商「シンツィンガー・ハック」社は、日本海軍の軍艦建造に必要な軍艦部品、金属を専門に輸出していた。敵であるはずの米国が日本の軍事力の増強の中心にいた。日米戦争=日本と米国の対立・戦争は「茶番劇」であった






最後に、「製造業者」が前の製品が壊れたため新たな「テロリストという製品」を「製造」しようとしているお話しです。


http://parstoday.com/ja/news/middle_east-i38049
新たなISISを作るためのアメリカの動き
2017年12月21日21時49分

シリアのミクダード外務次官が、「アメリカは、シリア民主勢力という名の新たなテロ組織を支援している」と語っています。 ミクダード外務次官は、アルアーラムチャンネルのインタビューで、「シリア民主勢力は、アメリカのために活動し、シリア北東部で、この国の政府と国民に対する暴動を起こしている」と語りました。

アメリカ政府は、自分たちとシオニスト政権イスラエルの覇権主義的な利益を確保するため、シリアの危機を長期化させようとしています。この数十年の地域情勢は、アメリカが直接、軍事的な介入を行ってきた場所では、すべてが消滅し、アメリカの占領下にあった地域から、破壊的なグループが誕生してきたことを示しています。
アメリカは、ISIS後も、シリアとイラクの軍事駐留を続けようとしています。アメリカの政府高官は、ISISの敗北にもかかわらず、アメリカ軍をこの2つの国から撤退させるつもりはないと発表しました。このような中、対ISIS有志連合軍は、シリア北東部に、ISISの残党勢力とその他のグループのテロリストによる新たな武装グループを結成しようとしています。

アメリカは、ISISの消滅を望んでいませんでした。それどころか、彼らの望みは、ISISが地域に存続することであり、それは、地域の独立体制に圧力を行使するための道具、軍事駐留を行うための口実にするためです。シリアとイラクのISISの終わりが宣言された今、アメリカは、新たなシナリオを作成しています。
彼らはまず、ISISの掃討の継続を口実に、イラクやシリアでの軍事駐留を維持しようとしています。この1、2年で彼らの違法な駐留は大幅に増加しています。
一方で、彼らはISISの代わりに新たな勢力を大規模な形で組織化し、訓練し、武装化しています。そうすることで、その勢力を、テロの性質を持つアメリカのための武装勢力に変えようとしています。
中東問題の専門家であるハージー氏は、「時の経過の中で、ISISはあらゆる可能性を用いたが、ソフトとハードの面で敗北を喫し、地域で新たなシナリオを作ることが不可能になった」と強調しました。また同時に、「アメリカは、ISIS後の時代に、新た形のISISを作り、披露する可能性がある」と警告しています。
ロンドンに住むレバノン人の中東問題専門家、ファワズ・ゲルゲス氏は、トランプ大統領が行っていることは、ISISの復活につながると警告しています。

ISISをはじめとする重要なテロ組織が、アメリカ自身によって作られたことを示す数多くの証拠が存在します。アメリカのクリントン元国務長官は、「困難な選択」という著書の中で、「我々自身がISISを作り出した」とはっきりと認めています。
アメリカ対ISIS連合軍の行動は、シリアを弱め、そのインフラを完全に破壊し、テロリストに対する抵抗勢力の動きを阻止するために、シリアの人々の間に恐怖を植え付けること以外の目的を持っていません。注目に値するのは、アメリカ主導の対ISIS連合軍の行動が、テロとの戦いを追求したものではなく、自分たちの目的のためにテロ組織を管轄するためだけのもので、実際、テロ対策には何の効果も及ぼしていないことです。対ISIS有志連合軍の行動や目的は、シリアを破壊する上でのテロ組織の役割を完成させ、シリアの危機や紛争を長期化するものであり、これは、彼らの利己的で疑わしい動きの拡大に対する懸念を高めています。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。