<はしだ のりひこ追悼>「風」「花嫁」「悲しくてやりきれない」 - ジャパニーズフォーク・ブルース
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

<はしだ のりひこ追悼>「風」「花嫁」「悲しくてやりきれない」

はしだ のりひこが亡くなりました。


https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201712030000066.html
はしだのりひこさん死去、今年4月に最後のステージ
[2017年12月3日7時50分 紙面から]

「悲しくてやりきれない」「帰って来たヨッパライ」などのヒット曲で知られるフォークグループ、ザ・フォーク・クルセダーズのメンバーだった歌手はしだのりひこ(本名・端田宣彦)さんが2日午前1時16分、パーキンソン病で、京都市内の病院で亡くなった。72歳。京都市出身。10代から音楽に親しみ、闘病中も体調の良いときには歌を口ずさむなど音楽とともに歩んだ人生だった。

 親族によると、はしださんは約10年前からパーキンソン病を患っていたという。車いすでの療養生活を送り、今春には急性骨髄性白血病と診断され、闘病生活に入っていた。2日午前1時16分、京都市内の病院で家族や音楽仲間にみとられながら旅立った。長女は「闘病中も、体調の良いときには好きな歌を口ずさんでいた。本当に歌が大好きな父でした」としのんだ。

 最後のステージは今年4月。表舞台からは約10年離れていたが、きたやまおさむ(71)に誘われ、「京都フォーク・デイズ ライブ」にサプライズゲストとして出演した。車いすにサングラス姿で、はしだのりひことシューベルツの代表曲「風」や「あの素晴しい愛をもう一度」を歌唱。きたやまとは45年ぶりの共演で「今日が最後の歌唱です」などと客席に語りかけていた。

 はしださんは、同志社高在学中から音楽活動で注目を集め、同志社大在学中にきたやまや、加藤和彦さん(09年に死去)らが結成したクルセダーズに67年から参加。「帰って来たヨッパライ」が大ヒットした。68年には自らのグループ、はしだのりひことシューベルツを結成。作曲を手がけた「風」が大ヒットした。同グループ解散後は、はしだのりひことクライマックスで、71年に「花嫁」のヒットでNHK紅白歌合戦に初出場。曲のモデルは高校の後輩で、9年前に死去した妻和子さん。和子さんは生前、日刊スポーツの取材に「真剣な恋をした人と、出会ってからずっと一緒にいられる」と幸せな夫婦生活について語っていた。生前の和子さんが大病を患ったことを機に、数年間の“主夫”業に専念。その体験から家事や育児をテーマにした講演活動も行っていた。



「風」「花嫁」「悲しくてやりきれない」で追悼します。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。