11月12日テレビ放映(シン・ゴジラ)→11(1+2)→113→311 - ユダヤ・イルミナティ・フリーメーソン

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

11月12日テレビ放映(シン・ゴジラ)→11(1+2)→113→311

「「ありもしない脅威」を煽って国民を不安がらせ、「実在する脅威」から国民の目を逸らせようとする「国策映画(「彼ら」悪魔勢力のご用達映画)」」



「シン・ゴジラ」は、安倍や萩生田のようなモリカケ犯罪疑惑グループやネトウヨに支持されているようだ。
この映画が明らかな「国策映画(「彼ら」悪魔勢力のご用達映画)」であることは以前記事にしたが、リテラも私と似た想いを抱いているようだ。
体制ご用達の大手マスゴミは「右に倣え」で絶賛しているようだが、まともな視点を持っているジャーナリズムもこの国には存在しているのである。
モリカケで分かるように実際は「国家を私物化している」政治家・官僚が、この「国策映画(「彼ら」悪魔勢力のご用達映画)」ではさも「国家国民のために不眠不休で活動している」かのように描かれているのである。
さらにこの「国策映画(「彼ら」悪魔勢力のご用達映画)」は、「ありもしない脅威」を「実在する脅威」であるかのように国民に思わせ、それに対する対策が必要であるというプロパガンダを拡散しようとしている邪悪な意図が垣間見られる。
ゴジラの脅威は、北朝鮮や中国の脅威を煽っているのだろう。
当ブログの読者の方ならご理解いただいているとは思うが、「本当の脅威」は、「彼ら」悪魔勢力と、その手先であるチーム・イルミナティの売国奴勢力なのである。
「「ありもしない脅威」に対抗する手段として、集団的自衛権の行使や緊急事態条項や憲法改悪(9条廃止)が必要だ」というように国民を思わせたいのだろう。
自分たちで作り出した「ありもしない脅威」で国民を不安がらせ、全く必要のない(使うこともできない)武器兵器に血税を使いまくり、八百長法整備を画策し、国民をまたしても八百長戦争に引きずりこもうとする邪悪な企みがミエミエである。

それにしても、11月12日テレビ放映ですか。
11(1+2)→113→311ですナ・・・





(リテラ)さん
http://lite-ra.com/2017/11/post-3581.html
加計問題で圧力の安倍側近・萩生田官房副長官が「シン・ゴジラを観ろ!」 事務次官会議での発言を前川前次官が明かす
2017.11.12

昨年、大ヒットした庵野秀明監督の『シン・ゴジラ』がきょう、テレビで初放映されるが、この映画をめぐって、加計学園問題を告発した元文部科学省の官僚トップ、前川喜平・前文科事務次官が興味深い事実を明かしている。
 安倍首相の最側近で、加計学園問題でも文科省に強硬に圧力をかけていたことで知られる当時の官房副長官、萩生田光一氏が、各省庁の事務方トップを集めた事務次官会議の席で、『シン・ゴジラ』を観るように力説していたというのだ。
・・・・・(中略)・・・・・
 そして、こうしたやりとりのあと、寺脇氏がまず、『シン・ゴジラ』のことをこう切り出した。
「その意味では、『シン・ゴジラ』(庵野秀明監督、二〇十六年)は、日本が存亡の危機に立たされているというのに、それを官房副長官が仕切っているという、ダメな映画です。官房副長官なんて、それこそ側用人なんですね。(略)そういえば『シン・ゴジラ』って、安倍総理も好きなんだよね。
 すると、前川氏がこの発言を受けて、こんなエピソードを語ったのである。
事務次官会議には、三人の官房副長官がそろって出席することになっていますが、萩生田(光一)さんが、あの映画をぜひ観るようにとおっしゃったのを覚えています。

http://lite-ra.com/2017/11/post-3581_2.html
安倍応援団やネトウヨが絶賛する『シン・ゴジラ』の描写

 たしかに、『シン・ゴジラ』は無教養で傲岸不遜な安倍政権の幹部政治家が得意げに官僚に薦めそうな映画ではある。それは、長谷川博己演じる同作品の主人公が、萩生田氏の当時の役職と同じ官房副長官だったから、というだけではない(目立ちたがりと臆面のなさで有名な萩生田氏のことだから、それも大きな理由だとは思われるが)。
 実は同映画は公開当時、純粋な映画ファンからだけでなく、安倍応援団やネトウヨ、新自由主義者連中からも大絶賛を受けていた。自衛隊の全面協力による戦闘シーンに「やっぱり自衛隊はスゴい!」「自衛隊大活躍」と大喜びしていたネトウヨは置いておくとしても、彼らがしばしば口にしていたのが、「日本がいかに平和ボケかわかっただろう」「憲法9条や民主主義の理念なんて有事には何の役にも立たないことを見事に描いていた」「やっぱり緊急事態条項は必要だというメッセージだ」といった意見だった。






http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1641.html
死ん・ゴジラ→死ん・デレラ?
「シン・ゴジラ登場の本当の目的は?」




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。