<追悼・遠藤賢司>「幾つになっても甘かあネェ!」「不滅の男」「夢よ叫べ」遠藤賢司 - ジャパニーズフォーク・ブルース
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

<追悼・遠藤賢司>「幾つになっても甘かあネェ!」「不滅の男」「夢よ叫べ」遠藤賢司

25日に遠藤賢司が亡くなったようである。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171025-00000343-oric-ent
遠藤賢司さんが死去 70歳 「カレーライス」などヒット曲

10/25(水) 17:04配信

胃がんで闘病中だったシンガー・ソングライターの遠藤賢司さんが、25日早朝都内の病院で亡くなった。70歳だった。同日、遠藤さんの公式サイトで訃報が伝えられた。遠藤さんは10月19日に大阪で開催予定だったライブを体調不良で中止し、振替公演の実施を目指していたが復帰はかなわなかった。


 サイトでは「遠藤賢司は、一昨年より胃がんを患いましたが、闘病を続けながら音楽活動を続けてまいりました。新曲のレコーディングに向け体調を整えていましたが、10月23日に入院となり、24日に容態が急変し、25日早朝、都内の病院で亡くなりました。享年70才でした」と報告。

 「本人に代わって、長年、みなさまには遠藤賢司の音楽にご支援いただいたことに改めて感謝いたします。葬儀は本人の意向を尊重し家族だけで執り行い、年明けには、音楽葬を行う予定です」とし、詳細については「エンケンオフィシャルサイトで発表いたします。引き続き遠藤賢司の音楽をご支援賜りますよう心よりお願い申し上げます」と伝えた。

 ボブ・ディランに触発されて音楽を始めた遠藤さんは、1960年代後半のフォークシーンで頭角を現し、1969年2月に「ほんとだよ/猫が眠ってる」でレコードデビュー。「カレーライス」「不滅の男」などが有名で、漫画家・浦沢直樹氏が原作で実写映画化もされた『20世紀少年』の主人公・ケンヂ(遠藤健児)のモデルにもなった。

 昨年6月にスタッフがブログとフェイスブックで、がんを公表。その後も闘病しながらテレビ出演など活動を続け、10月19日には大阪・梅田クアトロでライブ『遠藤賢司ソロライブ“猫と僕と君”~関西編~』を開催予定だった。しかし、体調不良のため同5日にライブの中止を発表。「関西での振替公演を目標に、しばらくは治療に専念して体調を整えたいと思います」と公式サイトでコメントしていたが、25日には昏睡状態に陥っていると一部で報道されていた。





ここにも書いたように、私は一度だけ遠藤賢司のライヴを体験している。
PANTAとのジョイントで、ジャンケンで遠藤賢司が勝ったので、PANTAが先にやり、遠藤賢司が後にやることになったそうだ(笑)
なにせ、エネルギーあふれるライヴであり、一種のカリスマ性を感じさせられた。
自分でもブログをやっていたようで、亡くなる直前に、このような発言をしている。



https://ameblo.jp/enken1947/entry-12316739725.html
個々人の歌は自由民権の礎ダッ ヽ(.・) / (・.) /ヽ(、。・)/ (・.)/ ヽ(.・) / (・.)/ ヽ(、。・) /ヽ(、。・) /ヽ(・.)/ ヽ(.・) / (・.) /ヽ(、。・ ) / (・.) / (≡^共謀罪絶対反対^≡)(~^・^~) 原発全廃 ヽ(、。・) /


ヽ(.・)/ 自衛隊は何処から見ても軍隊だ。なら専守防衛限定の文民統制軍隊として、今こそ微細則極めるべし。でなけりゃ非常時の生き死に焦った銃口は、必ずや国民に向く \(°!°)/ ヽ(.・) (°!°) 侵略戦争反対 \(.・)/



(=、。・=)/ 簡略化された象形文字=漢字と、それを仲立ちする、平仮名と片仮名で、この現今を、歌いカツ引っ搔き叩く、言音一致の純音楽家 エンケン(≡^。^≡)




そのへんに転がっているカスミュージシャンとは違って、思ったことを発言できる「男」だったようである。
PANTA、鈴木慶一、遠藤ミチロウもコーラス参加している「幾つになっても甘かあネェ!」「不滅の男」「夢よ叫べ」で追悼します。
本当に「不滅の男」だったようですね。アッパレ、エンケン!







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント