最強コンビ(チーフタンズ&カルロス・ヌニェス)が織り成す珠玉の音楽 The Chieftains - ケルトミュージック・ニューエイジ
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

最強コンビ(チーフタンズ&カルロス・ヌニェス)が織り成す珠玉の音楽 The Chieftains

「Santiago」The Chieftains


1996年のチーフタンズのアルバムである。
アルバム全体を通してスペイン・ガリシア地方のバグパイプ、ガイタ奏者のカルロス・ヌニェスが参加していることが、最大の特徴だろう。

アルバム冒頭の5曲は「サンティアーゴへの巡礼の旅」という括りの題名が付いて、
組曲のようになっている。

「チャラパルタ」は、スペイン北部バスク地方の古代楽器の名称であり、その音色でスタートする。

「アルク・ダンツァ/アリン・アリン」は、バスクのフリー・ダンスのための楽曲である。ケパ・フンケラのアコーディオン演奏が実にいい。

「ダム・ペイターファミリアス/アド・アナム」は、中世の曲である。巡礼の旅人の間でとても人気があった聖歌である。

「聖歌隊員の決闘」は、パディ・モロニーのユーリアン・パイプとカルロス・ヌニェスのガイタ、アイルランドとガリシアのバグパイプの共演である。圧巻の一言です。

「グアダルーペ」は、ゲスト参加のリンダ・ロンシュタットとロス・ロボスによるデュエットである。メキシコ色が満開のこの曲は、実にトロピカルである。

「ミーニョ・ワルツ」は、マット・モロイのフルートが素晴らしい。

「出帆/ムイネイラ・デ・フレキシド」は、チーフタンズとカルロス・ヌニェスが最初に一緒に演奏した曲である。実に勇壮な曲だ。

「サンティアーゴ・デ・クーバ」と「ガイエギータ/ツタンカーメン」は、キューバで現地のミュージシャンと録音したものであり、ライ・クーダーがマンドーラで参加している。「ティアーズ・オブ・ストーン」は、「男の約束など信用するな」という若き乙女に忠告する意味が込められているという美しい曲だ。

「ダブリン・イン・ヴィーゴ」は、ガリシアの中心都市ヴィーゴにあるダブリンというアイリッシュ・パブでのライヴだ。こちらにも熱気が伝わって来る

11月の日本公演が楽しみである。





評点:100点







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント