LET’S 大瀧詠一ONDO AGAIN  - ジャパニーズポップス・ニューミュージック

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

LET’S 大瀧詠一ONDO AGAIN 

まずは、こちらをどうぞ↓




大瀧詠一が12月30日に亡くなった。
アイドル歌手にも楽曲を提供した作曲家のイメージが強いが、1978年に「LET'S ONDO AGAIN」というアルバムを発表し、「呆阿津怒哀声音頭」というレイ・チャールズの「WHAT'D I SAY」のパロディー曲を発表しているユニークなミュージシャンでもあった。ニューオリンズ等音楽的造詣も深かった。

「呆阿津怒哀声音頭」及び「風立ちぬ」の動画の聞き比べをする。
ご冥福をお祈りいたします。














LET’S ONDO AGAINLET’S ONDO AGAIN
(1996/03/21)
ナイアガラ・フォーリン・スターズ

商品詳細を見る

COMMENT

NoTitle

知らなかった…
こちらの記事で初めて知りました。
まだそんなお年齢じゃなかったのに。
きのうも「ロックンロールお年玉」を口ずさんでいたばかりだったのに…
ご冥福をお祈りします。

Re: NoTitle

小夏さん

日本の才能ある音楽家が一人いなくなったことは、
残念ですね。

ソウルマンさまへ

今晩は。ソウルマンさま。
今日は レイ チャールズ を楽しませて頂きました♪
軽快で 声がイイですね~♪

またまた お気に入りが増えそうです…(笑)
こちらに来ると 愉しくなります♪

またお邪魔させて下さいね♪

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。