田中眞紀子にアッパレ! - マスゴミ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

田中眞紀子にアッパレ!

「NHKと安倍政権の関係は、戦時中の軍部と大本営発表の関係と全く同じなのである」


先日「戦時中に侵略戦争を推進してきた財閥系企業が何故に戦争責任を問われないのか」といった趣旨のネットの質問にお答えした。

戦争が八百長だったからだと。

日刊ゲンダイの「加計疑惑の「建設図面」を何故にNHKは放送しないのか」という質問にもお答えしよう。

これまた八百長であるからだ。

「NHKが安倍政権の疑惑を国民目線で放送する正当なマスメディアである」というのは真っ赤な嘘であり、実体は「NHKと安倍政権は同じ目的をもって同じ勢力に操られている運命共同体である」ということだ。戦時中の軍部と大本営発表の関係と全く同じなのである。

両者の目的は、国民を騙すことであり、国民の金銭を騙し取ることである。
国民から騙し取った金銭のことを、税金、補助金、放送料と名付けているのである。
両者の目的は、これだけではない。
両者が悪魔勢力の配下にある以上、さらなる陰謀を企んでいることは察しが付く。
両者が国民から金銭を騙し取った後、さらに何を騙し取ろうと企んでいるのかは、
皆さん自身でお考え下さい。





https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/212029/2
加計疑惑「建設図面」入手でも…NHKはなぜ放送しないのか
 2017年8月23日

最大の問題は、建築費が水増しされている可能性を捨てきれないことだ。獣医学部の施設整備費は148億円。これを延べ床面積3万2528平方メートルで割ると、坪単価は約150万円になる。建設費を基に、愛媛県と今治市は、96億円を補助すると決定している。

 ところが、坪150万円は高すぎると疑問視されているのだ。国会でも民進党の今井雅人衆院議員が、同じく国家戦略特区で医学部をつくる国際医療福祉大に確認した上で、「医学部の建築費は坪当たり87万円、看護学部の方でも79万円とのこと。約半額です。本当にこれほどカネがかかるのか」と疑問をぶつけている。

 建築のスペシャリストが、黒川敦彦氏が公開する獣医学部の「建築図面」を見たら、価格が水増しされているのかどうか一発でわかるはずだ。

かりに坪単価を水増ししているなら、補助金詐欺にあたる。驚いたことに、今治市は補助金を出すにあたって学園の見積もりの妥当性も検討せず、市議会もチェック機能をはたしていません」(黒川敦彦氏)

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/212029/3
建築費を水増ししていれば、国の補助金5600万円を不正受給した疑いで逮捕された森友学園の籠池夫妻と同じ構図である。

 見逃せないのは、公共放送であるNHKが、この「建築図面」を独自入手しながら放送しようとしないことだ。

NHKは建築図面をかなり前に手に入れたようです。現場の記者は『クローズアップ現代+』で放送することを前提に、建築の専門家に分析もしてもらったようです。でも、官邸から圧力があったのか、忖度したのか、まったく別の理由なのか、いまだに放送されていません」(NHK関係者)

 NHKは、前川喜平前文科次官のインタビューを撮りながら放送しなかった前科がある。

 行政が歪められた「加計疑惑」にどんな闇があるのか、徹底解明する必要がある。





(リテラ)さん
http://lite-ra.com/2017/08/post-3404.html
加計・獣医学部施設の設計図が流出! 研究施設にワインセラー、病原体封じ込め不十分、補助金不正の新疑惑も
2017.08.22

加計学園問題で新たな動きが出てきた。加計学園が新設する岡山理科大学の今治キャンパス獣医学部棟の設計図面を含む関連文書全52ページを複数のメディアが入手、建設内容の「あり得なさ」を指摘しはじめたのだ。
 たとえば、加計問題でスクープを連発している「週刊朝日」(朝日新聞出版)は、オンライン版で今治キャンパスの設計内容の問題点を報道している。
 そもそも、加計学園は獣医学部を新設する目的として〈創薬プロセスにおける多様な実験動物を用いた先端ライフサイエンス研究の推進〉を挙げてきたが、その研究で重要になってくるのが、ウイルスや細菌などの研究・実験施設だ。そして、取り扱うウイルスや細菌などのレベルに応じて「バイオセーフティーレベル」が4段階で設けられており、施設に対してはそのレベルにあわせて管理・安全対策の基準が定められている。
 そんななか、加計学園新学部設置準備室長で獣医学部が新設されれば学部長に就任予定の吉川泰弘・千葉科学大学教授らは、4月11日に今治市で開かれた住民説明会でも「病原体などの取り扱いについて」質問を受け、このように回答している。
〈世界中の科学者が経験と議論を重ね安全対策を講じたバイオセイフティーレベル3の施設によって完全に封じ込めが可能です〉(今治市HP資料より)
 しかし、今回の「週刊朝日」の取材に対し、バイオセーフティーレベル3の部屋が配置された獣医学部棟5階平面図を見た研究者は「隔離性の低さ」を指摘。「これでは高病原性鳥インフルエンザの検査、診断、実験、研究は難しいと思う」と語っているのだ。
 病原体を〈完全に封じ込めが可能〉という説明とはまったく違い、隔離できないのではないか──。これが事実なら、学生や教職員だけではなく地域住民にとっても大きな問題。隔離性の低い施設で高病原性鳥インフルエンザの研究をおこなうなど、まさに背筋が凍るような話だ。さらにそれだけではなく、この研究者は「施設全体でみても、動物実験を理解していない人が設計しているんじゃないか」とさえ話している。






最後に、田中眞紀子がラジオ番組で森友・加計問題について語ったようなので、
その音声を紹介する。
売国奴で埋め尽くされたこの国の政治家・マスゴミ連中が「偽りの発言」を繰り返す中で、田中眞紀子は、「真っ当な発言」をしている。

「昭恵や加計や佐川を背後で操っている犯人は安倍である」と。

「資料がなくなったとか、記憶にないとか、証人喚問に出てこないとか、情報隠し、そういうことはやってはいけないことぐらい分かっているし、日本の政治の民度は非常に低い。そこのところを安倍内閣は見誤っている」と。

「新閣僚の誰一人として共謀罪や安全保障法案に反対していないし、誰一人として森友・加計問題を解決しようと発言していない」と。

「そういう人に「憲法を変える」「皇室典範を変える」「国の基本的なことを変える」ということをやらせてはいけない」と。

「姑息なことを国民は許さない」と。


普通の思考を持った人間であるならば、誰が聞いても「真っ当な発言」である。
このような「真っ当な発言」をする政治家が、この国には少なすぎる。

悪魔勢力にくみせず「真っ当な発言」をする田中眞紀子に、
私は「アッパレ」を差し上げたい。





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。