余命宣告やがんのイメージはガンマフィアが作り出した罠であり、全くウソなのです。 - 医療・薬品・ガン・血液・健康

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

余命宣告やがんのイメージはガンマフィアが作り出した罠であり、全くウソなのです。

「本当は怖い医者、嘘八百のがん治療、嘘八百の医者による余命宣告」




先日小林麻央さんが癌で他界されましたが、「ここまで報道するか」と思わせるほどの異常に過熱した報道ぶりでしたね。
テレビが癌になった芸能人やスポーツ選手のニュースを大々的に報じている本当の理由を知ってください。
癌になってしまった芸能人やスポーツ選手のことを気遣っているのではありません。

これは、マスゴミ・医者・製薬会社(=チーム・イルミナティ)による国民洗脳なのです。

マスゴミ・医者・製薬会社(=チーム・イルミナティ)は、「癌になったらがん治療をするのが正しい医療行為である」と、国民に信じ込ませたいのです。
そのための格好の宣伝材料が、芸能人やスポーツ選手のがん治療に関する報道なのです。
「あの有名人が、がん治療で頑張っている。私も癌になったら、がん治療で癌と闘うのだ!」と、国民に思わせたいのです。
マスゴミ・医者・製薬会社(=チーム・イルミナティ)は、
「国民をがん治療で癌から救いたい」と思っているのではありません。
マスゴミ、医者、製薬会社(=チーム・イルミナティ)は、
「国民にがん治療で死んでもらいたい」と思っているのです。
それも簡単に死んでもらっては困るので、莫大な医療費を支払わせ、苦しみぬかせた上で死んでもらうつもりなんです。
そうすることでマスゴミ・医者・製薬会社(=チーム・イルミナティ)は収入を得、
家族を養っているのです。
国民に「がん治療の真実」を知られたらマズイのです。
理由は分かりますよね。

自分たちが職にあぶれるだけでなく、今までの医療犯罪行為が明らかにされてしまい、国民に訴えられることになるからです。

そして、患者が亡くなった後に遺族から訴えられることがないように生み出したのが、医者による余命宣告なのです。
患者が亡くなった後、遺族に「医者に余命○年と言われていたから仕方ないな」と、思わせたいのです。

はい、余命宣告なんて嘘八百なんです!

当ブログでは以前から書いていますが、ほとんどのがん患者が、癌で亡くなるのではなく、がん治療が原因で亡くなっています。
そうです。日本人が打ちまくっている抗がん剤は、アメリカでは禁止されているのです。

本来ならばテレビは、癌になった芸能人やスポーツ選手のニュースよりもこの事実を大々的に報道するべきなのです!

抗がん剤がナチスの使用したマスタードガス由来のものであることをお忘れなく!
医者が自分には抗がん剤を打たないことをお忘れなく!





(るいネット)さん
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=268392
医者の言う「余命○ヶ月です」は、大ウソです。

リンク より

■突き落として持ち上げる騙しの手口

□医者がやたら短い余命宣告をしたがるワケ
医者は、癌患者に対して、治療しなければ余命○ヶ月ですなどと宣告します。そして、多くの場合は、本当に宣告された○ヶ月程度かそれより生きた程度で、あっと言う間に亡くなってしまいます。

表向きはほとんどの場合、恐ろしい病気であるガンが悪化して亡くなったことになっています。それによってがんとは本当に恐ろしい病気がというイメージが定着しています。実はそれらの余命は大ウソだったのです。
なぜなら余命半年にもならない宣告を受けた人が現代医療の治療を拒否して何年どころか10年、20年と生きている人が大勢いるからです。


そういった余命宣告やがんのイメージはガンマフィアが作り出した罠であり、全くウソなのです。なぜ医者がそのようなことを言いたがるかという本質に気付かなければなりません。
本質を見抜かなければ、騙されて、最後は狂った医療ビジネスに殺されてしまうことになります。

そもそも余命宣告の前提には余命を短く宣告すればするほど、医者や病院にとって都合のいい結果しか起り得ないという心理的なカラクリがあることに気がつかなければなりません。
自分ではがんについて何も勉強しようとしない医者任せ社会の中では、患者は知的な弱者です。逆に言えば、医者は患者との関係においては強者なのです。

ガンについて無知な患者と家族は医者のいったことが真実であるということを前提に物事を判断しています。
しかし余命宣告は患者を術中に陥れるための心理的なトリックなのです。つまり一度どん底に突き落としてから、持ち上げる、そうすればガンという病気について何も知らない患者は、地獄で仏にあったような気分になり、助かるためには、切羽詰まって、どんな大金でも命がかかっているから使おうとなります。それを言わなければそういう気分にはなりません。
これが殺人詐欺師達の手口だったというわけです。


余命を短く言っておけば、むちゃくちゃな毒殺、手術、放射線治療で、患者をあっと言う間に6カ月で殺してしまったとしても、何も知らない遺族は、「がんと言うのは恐ろしい病気で、もともと余命6カ月しか持たないくらい手遅れの状態だっただから仕方がない。先生方は全力を尽くしてくださった」とあきらめてくれます。
ガンが死病であり余命を短く先にいうことによって、早く知らせてしまってもクレームを言われる心配もないという訳です。

恐ろしいことですが、好き放題に抗がん剤を打ちまくって暴利をむさぼったり、練習がてらに手術をして思いっきり稼ぐことができます。


□「余命○ヶ月です」の大ウソ 
しかも、前置きの余命が短く宣告して騙されていれば患者と家族は何をされても気がつかないという恐るべきカラクリ、それが余命宣告なのです。
宣告した余命以上に長く生きた時には、あと6ヶ月程度の余命が先生のおかげで、1年持ちましたと感謝されることはあっても恨まれる心配がないからです。実験モルモットからお金まで奪って、最後は感謝されるという仕掛けです。

本当は何もしなければ、5年間10年くらいは生きたかもしれません。代替医療であれば、20年30年と生きたかもしません。
しかしそういう前提は考えないのです。それは多くの人には医者の言うことこそ正しいという思い込みが前提にあるからです。


毎度のむちゃくちゃな治療で、6カ月で殺してしまったら、5年生きられるところを医療ミスによって、愛する人が殺されたのではないかと疑われ、訴えられかねません。医者にとって、余命を長く宣告することは多大なリスクがあって、感謝されることもなく何のメリットもないことなのです。
短く言うほど、先生のおかげで…ありがとうございました…となり、殺してしまっても余命が伸びたのは先生のおかげ…と感謝されるというカラクリです。

  
□手遅れを強調する医者の心理も同じ
落とせば落とすほど無知な患者は信じて助けられたありがたみが増える仕掛けガン治療医の言うお決まりのセリフは「手遅れでして…」だから医者は手術をした後でも、かなりひどい状態でしたということをやたら言いたがります。

「かなり進行していて…難しい手術になります…」といいます。
そう言いたがる心理も全く同じなのです。
何のことはない。本当のこと、「簡単な手術です」と言ってしまえば、手術をされる側もありがたみがありません。
大変な状態であるにもかかわらず、うまくいったといえば、何も知らない患者や家族は難しい状態なのに、先生が全力で治療してくださったと感謝されることはあっても恨まれる心配がないからです。
失敗したとしても放っておけばすぐに死んでしまう状態だったから仕方がないというあきらめてくれるというカラクリです。


どうせ相手はなーんにも勉強せずに医者に頼ってくるような無知な患者です。医者が手遅れのひどい状態だと言えばそのまんま信じるしかないのです。何にも知らない患者を騙すことなど簡単なことです。
治療中に死んでしまったとしても相当厳しい状態だったから仕方がないとあきらめてくれるというカラクリです。まかり間違って治るようなことでもあれば、ガン治療の名医として評判が立つというわけです。
ところがその医者の言っていた難しい状態、手遅れの状態というのが全く根本からウソ八百だったとしたら、どうでしょうか。

そもそも、患者や家族はその医者が言うことを別の裏付けで確認しているのではなく、専門家の言うことだからそんなものかと思いこまされているに過ぎません。
手遅れで難しいと患者や家族の前でぼやいていたこと自体が全くのウソだとしたら、どうでしょうか。
本当はひどい状態だったかどうかなど客観的に示しているものなど何もありません。言われたままに無知な患者と家族は先生の言うことを無批判に信用しているだけのことです。

だから、ひどい状態だったけれども、全力を尽くしてうまくいきましたというのがたいていの医者が言うお決まりのセリフなのです。
初期がんではそうは言いませんが、進行したガンについてはやたらそう言いたがります。テレビを見てもわかるでしょう。

思いっきり悪く宣告しておけば、どちらに転んでも大丈夫

突き落とせば落とすほど後で感謝されるカラクリ

そう言っておけば、間違って殺してしまってもそんなにひどい状態になっていたのなら仕方がないと遺族は思ってくれるでしょう。そして感謝されて治療代も払ってくれるというわけです。
このセリフ無しに事はうまくいきません。





(ART-HARUKO 晴子の今日のお話)さん
http://blog.livedoor.jp/harco_f/archives/44732204.html

【癌は治らない病気だと教わるのが常識の医師】

日本では癌は治らない病気ということになっている。
厚生労働省の先生方は「5年延命」せよ、と言われる。

癌を手術すると、100%転移します(10年以内には確実に)。
なぜなら、麻酔で1ケ月免疫が低下するので、そこで、血液に乗ったりして癌が移動するんです。

日本プラズマ療法研究会の研究員で、元国立がんセンターの初代総長を務めていた
島村医師が(島村トータルケアクリニック:千葉県松戸)自分の患者さん6000人について、
術後10年後どうなっていたか調べたそうです。

すると、驚いたことに、100%全員亡くなっていた。
そこから、島村先生は限界を感じ、療法を工夫されたそうです。

【 日本で抗がん剤が使われる理由 】

アメリカ食品医薬品(FDA)は、抗がん剤を禁止しています、
なぜなら、ガンを逆に多発化させるからです。
抗がん剤の正式名称は、「遺伝子合成阻害剤」
海外ではそう呼ばれているけど、日本では呼ばれていません。


抗がん剤(遺伝子合成阻害剤)は、癌を多発化させるので仕様を禁ずるとあるんです。
15年ほど前からです。
ただし、小児の白血病は抗がん剤を使う必要があります。
抗がん剤の使用については、3人の医師の同意と、家族の同意が必要です。

WHOも抗がん剤使用うを自粛するように通達しています。

ところが日本では厚生労働省から通知をしていない。
役所にどうして通知しないか問うと。
「市場在庫があるから」という答えでした。

患者は在庫を処理させられているんです。
その在庫は、日本の在庫ではなく、アメリカの在庫です。
抗がん剤の特許はアメリカ企業で、
アメリカで売れなくなったので日本に流しています。
つまり、抗がん剤はなくならないということです。






(癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy)さん
http://cancer-treatment-with-diet-cure.doorblog.jp/archives/50889139.html
癌患者を殺さないと病院をクビになる! クビ回避のための「殺人」が許される現代医療 【 元『病院職員』が語る「宗像先生は 勇気ある‥、癌の三大療法を否定するなんて」】
2017年03月20日

日本の医学界では、ガン患者を殺すために「ガン治療(拷問)」をします。
 人間は死を最も恐れます。
 「ガン患者の2~3人に1人が死ぬ!」となれば、皆がガンという病気を恐れます。

 「ガン患者の1000人に1人が死ぬ!」では、誰もガンを恐れない。
 「金満ガンビジネス」を成り立たせるには「ガン患者を殺し続ける」しかない。
 ガンを恐怖の難病・死病にしておかなければ、患者や国民から大金を巻き上げることができないのです。


 だから、日本の病院では「本当にガンを治す治療法」を推奨する医師はクビになります。
 良識ある医師は、周囲の迷惑を考えない自分勝手な人間として嫌われ、追放されるのです。

 すべての医者が「ガン患者を殺す努力」をするから「ガンビジネス」が成り立つのであって、
 裏切り者(ガン患者を「本当に治す」医者)は絶対に許さないのが日本の医学界です。



 人殺しの医者を悪く言うつもりはない?
 「本当にガンを治す治療」をすると、病院をクビになるから?

 人殺しの医者にも「家族を守る権利」がある?
 人殺しの医者を非難しては可哀そう?

 人によって価値観が違います。
 私は自己保身のために「人殺しガン治療」をする医者に同情する気はありません。

 殺されるガン患者や、その家族のことを考えると‥。
 「恐怖」と「絶望」と「激痛」と「死」を与えられるガン患者のことを考えると‥。

 なぜ、1人の「クズ医者」の職を確保するために、何百人もの患者が殺されねばならないのか!
 誰もが「家族を守らなくてはならない」のに、ガンによって「家族に大きな負担や悲しみを与えている」のです。
 なぜ「人殺し医者」や、その家族は守られて、その何百倍もの人(ガン患者)が犠牲にならなくてはいけないのか!


 多くの人殺しをするくらいなら、病院などクビになればいいのです。
 「自己保身」と「大勢の命」を天秤にかけること自体が間違っています。

 「医者が病院をクビになる」ことは、どうでもいいような “小さな問題” であり、
 「何百人もの人(ガン患者)が殺される」のは “大問題” なのです。


 日本の医学部では「ウソの医学」を教えています。特に「ガンに関してはデタラメ」です。
 医大生を6年かけて洗脳し、医者にさせて、今度は患者を洗脳させています。
 日本の医学界は、人類史上で最も「醜悪な行為」を何十年も続けています。
 「生きたい!」と願う患者を騙して「カネを奪って殺している」のです。
 これ以上の「裏切り行為」はありません。


 日本の医者は「ガンの正体」も「ガンビジネスの正体」も知らないのだから批判しては可哀そう?
 日本の医者は、自分がガンになっても「抗がん剤」を拒否します。
 医者は、他人(ガン患者)に行なう「ガン治療(抗がん剤治療)」を、まったく信用していないのです。
 「知らない」のでなく、「知らないフリをしている」のです。
 「知らない」のでなく、「知ろうとしない」のです。
 『真実』を知っても、その「罪深さ」に恐れおののくだけなので「知りたくない」のです。

 日本の医者は 医学・医療 というものを、これ以上ないくらいに「醜悪なもの」に貶めています。
 「金儲け」のために、病気をつくり、病気を慢性化させ、病気を悪化させ、患者を殺します。
 日本の医療を貶めているのは、批判している人たちではなく、
 実際に「患者を犠牲にしている医者たち」が貶めているのです。


 日本の医者の多くは「1人でも患者さんを救いたい!」と “キレイゴト” を言います。
 でも、実際は “多くの患者を破滅させて” います。自分たちの「エゴ」のために‥。

 マスコミがつくり上げた「立派な医師像」と「金の亡者となって患者を殺し続ける姿」は、あまりに乖離しています。
 医学の世界は「無知」だから許される、「バカ」だから許される世界ではありません。
 人の命がかかっています。
 崇高で勇気のある「宗像久男」医師に続くような医師の出現を望みます。





http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-157.html
医者は自分には抗がん剤を打ちません
「イルミナティによる医療殺戮、抗がん剤は猛毒殺人兵器です!」


そもそも抗がん剤のルーツは、第1次、第2次世界大戦で濫用された毒ガス兵器である、この窒素マスタードガス剤は、たとえば乳がん治療で使われる抗がん剤(投与量換算)では8割を占める!
  これら毒ガス兵器(マスタードガス類)は、すでに1923年、ジュネーブ条約の化学兵器禁止条約で「サリン」「VXガス」と並んで「禁止指定」の「最も危険なランク」である「第一剤・化学兵器」として使用禁止とされている。
  それが、あろうことか戦後は、密かに医薬品の抗がん剤に化けた。









ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

COMMENT

自分で調べない考えない私達

初めまして。
猫山と申します。
いつも痛快な記事を書いて下さってありがとうございます。
こんなに沢山文章を書くのはきっと大変な労力だろうなと思うし
何だか読んでいるだけでは申し訳無く、コメントさせて頂きました。

小林麻央さんはとっても立派に頑張られたのだろうとは思いますが、
マスコミが意識的に過熱報道したりして結果的に医療利権等に貢献してしまったのですね。
日本人は「感動」が好きだし^^;
テレビで見た事やお医者さんの言う事が絶対正しい、と思い込んでいるし。
このブログを読ませてもらって、「ちゃんと自分で考えて、しっかりしなきゃ!」と目を覚まさせて頂いています。
それではまた♪

Re: 自分で調べない考えない私達

猫山さん

初めまして。
コメントありがとうございます。


> 初めまして。
> 猫山と申します。
> いつも痛快な記事を書いて下さってありがとうございます。
> こんなに沢山文章を書くのはきっと大変な労力だろうなと思うし
> 何だか読んでいるだけでは申し訳無く、コメントさせて頂きました。
>
> 小林麻央さんはとっても立派に頑張られたのだろうとは思いますが、
> マスコミが意識的に過熱報道したりして結果的に医療利権等に貢献してしまったのですね。
> 日本人は「感動」が好きだし^^;
> テレビで見た事やお医者さんの言う事が絶対正しい、と思い込んでいるし。
> このブログを読ませてもらって、「ちゃんと自分で考えて、しっかりしなきゃ!」と目を覚まさせて頂いています。
> それではまた♪


「マスコミが意識的に過熱報道したりして結果的に医療利権等に貢献してしまったのですね」

両者は「同じ目的」のもとに行動しているようですね。

「テレビで見た事やお医者さん」

確かにテレビでよく医療番組を放送してますね。
これまた「同じ目的」のもとに行動しているようですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

鍵コメさん

へ~、そうなんですか。
なんか変な内容だとは思ってました。
やっぱり彼女(?)は工作員だったんですね。

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。