「レイ・チャールズはん、アンタは単なる天才やおまへん、みんなアンタを好いとるで~」by 音楽好きな大阪のオバチャン - レイ・チャールズ
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

「レイ・チャールズはん、アンタは単なる天才やおまへん、みんなアンタを好いとるで~」by 音楽好きな大阪のオバチャン

「Here We Go Again~celebrating the genius of Ray Charles~」
Willie Nelson、Wynton Marsalis、Norah Jones



ウィリー・ネルソンとウィントン・マルサリスとノラ・ジョーンズによって2009年2月9日と10日にニューヨークのリンカーンセンター・ローズホールで行われたライヴ・アルバムである。アルバム発表は2011年。
演奏された曲は、レイ・チャールズの50年代と60年代のヒット曲で構成されている。
3名の共通する想いが、レイ・チャールズにあったのだろう。
それぞれがアルバム等でレイと共演したりしており、レイと親交を持っている。
しかし、ただレイのヒット曲を並べただけではなく、ここには物語があるとのことだ。
アルバム解説でウィントンは、こう語っている。
「セットリストは、“恋に落ち、恋に迷い、恋に破れ、恋を取り戻そうとする”というストーリーに基づいて組んだんだ」と。
ウィントンが語る通り、確かに恋愛遍歴の多かったレイの“恋”に纏わる曲で構成されている。
個人的には恋愛以外のことをテーマにした曲も取り入れてほしいという気もするが、それはさておき、理屈抜きに、贅沢でゴキゲンなライヴ・アルバムである。

ウィリーとノラのみならず、ウィントンも、何曲かヴォーカルをとっている。
ウィントンのトランペットはもちろんだが、ウォルター・ブランディングのテナー・サックス、カルロス・エンケリスのベース、アリ・ジャクソンのドラムスも、実にいい。
その中でも一番印象に残ったのは、ミッキー・ラファエルのハーモニカだ。
ミッキーが本作に残した功績は、大である。

この贅沢なライヴを実際に観ることができた人は、幸せだろう。
レイ・チャールズが歌った名曲が蘇っただけでなく、さらなる彩が加えられている。
さらに贅沢なことを言わせていただければ、「アンコールにレイも参加してくれたらな」なんて思ったりもする。まぁ、無理な注文ではあるが(笑)
本作を聴いて、改めてレイ・チャールズの偉大さを感じさせられた。
時代・年齢・性別・国籍・人種・音楽のジャンルを超越して、あらゆる人々に愛され続けるミュージシャンは、レイ以外にはそう存在していない。

レイ・チャールズはん、アンタは単なる天才やおまへん、みんなアンタを好いとるで~
と、音楽好きな大阪のオバチャンに成り代わって叫んでおきます(爆)




評点:100点





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント