「Deportee (Plane Wreck At Los Gatos)」Woody Guthrie、The Byrds 、Joan Baez 、Bruce Springsteen - フォークロック・シンガーソングライター・ネオアコ
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

「Deportee (Plane Wreck At Los Gatos)」Woody Guthrie、The Byrds 、Joan Baez 、Bruce Springsteen

今日の1曲は、「Deportee (Plane Wreck At Los Gatos)」です。
ウディ・ガスリーが、1948年のロス・ガトス峡谷で起きた飛行機事故について歌ったものです。
この事故で、28人のメキシコの一時労働者と4人のアメリカ人が亡くなりましたが、この事故を報じたアメリカのメディアは、メキシコからの農場労働者の人たちについては、名前すら公表せず、アメリカ人の乗務員と警備員についてのみ報道したとのことです。
この事件報道には、メキシコ人労働者を搾取して働かせ、賃金未払いのまま不法滞在の労働者としてメキシコへ強制送還していた、アメリカ政府の人種差別政策が背景にあったようです。
ウディ・ガスリーは、メキシコの労働移民を、国外強制退去者(Deportees)ではなく、名前のある人間であるという抗議の意を込めて、この曲を作りました。
今も昔も、アメリカを支配している悪魔勢力のやることは、変わっていないようですね。
そのさらなる支配下にあるどこかの島国も、残念ながら同じようです・・・

ウディ・ガスリーのヴァージョンです。


バーズのヴァージョンです。


ジョーン・バエズのヴァージョンです。


ブルース・スプリングスティーンのヴァージョンです。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

COMMENT

プロテストソングの持つ力

ウッディ・ガスリーの曲を久々に聴きました。
プロテストソングというジャンルはこの人が作ったと言ってもいいくらいでしょうか。
歌の力がどれほどのものか?を
示した功績は大きいと思います。私はこの人の後継者とも言える?ピート・シーガーも大好きです。
日本の岡林や高石友也、高田渡・加川良などにも影響を与えた人ですよね。
今の日本にはこの人のようなタイプのシンガーはもう出てこない(存在しても出てこられない)でしょうね。

Re: プロテストソングの持つ力

コメントありがとうございます。


> ウッディ・ガスリーの曲を久々に聴きました。
> プロテストソングというジャンルはこの人が作ったと言ってもいいくらいでしょうか。
> 歌の力がどれほどのものか?を
> 示した功績は大きいと思います。私はこの人の後継者とも言える?ピート・シーガーも大好きです。
> 日本の岡林や高石友也、高田渡・加川良などにも影響を与えた人ですよね。
> 今の日本にはこの人のようなタイプのシンガーはもう出てこない(存在しても出てこられない)でしょうね。


正直言って私はそんなにウディ・ガスリーやピート・シーガーを聴いていないんですが、
これらの歌手が歌うプロテストソングには、熱い想いが伝わってきますね。
今の日本には、岡林や高田渡のようなシンガーは皆無に近いでしょうね。
あえて言えば、タイプは違うがamazarashiぐらいですかね。
昔以上にプロテストソングが必要な社会状況であるにもかかわらず・・・

水で薄められたような歌、何を言っているのかも分からないような歌が重宝される音楽業界。
問題が山積みであるにもかかわらず、何の問題も存在していないかのように国民が洗脳されている今の社会に、
今のこの国の音楽業界・”売れている歌手”は”貢献”しているようですね。
貢献の対象が国民ではなく「彼ら」であることは、言うまでもありませんが・・・

EDIT COMMENT

非公開コメント