ブレジンスキーはコロンビア大学でオバマの教授を担当しており、オバマを大統領候補として採用しました。 - ユダヤ・イルミナティ・フリーメーソン

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

ブレジンスキーはコロンビア大学でオバマの教授を担当しており、オバマを大統領候補として採用しました。

「悪魔に魂を売った男・ブレジンスキーの「悪魔への貢献度」を振り返る」


ブレジンスキーが亡くなったようである
オバマを操り、国民監視システムを推進し、アルカイダを養成し、FEMA創設の中心人物でもありました。
このような悪魔に魂を売った男でも、死は免れないようです。
閻魔大王が彼を待ち受けていることでしょう。
生前の「異業」を称え(?)、改めてブレジンスキーの「悪魔への貢献度」を振り返ってみたいと思います。




(世界と日本の真実)さん
http://ameblo.jp/kissy-seed/entry-11792806246.html
ウクライナ紛争の裏にもイルミナティ

https://www.facebook.com/god.blessyou79さんからの転載です

------ 転載 -----

カレン・ヒューズさんです。ウクライナ紛争でも黒幕である共産イルミ(共産主義イルミナティ)について話をしています。


(プーチン大統領はこの共産イルミと対峙、ソロス氏に逮捕状を出しています。今や共産イルミはプーチンを倒したくて仕方ありません。)

ブレジンスキーがオバマを大統領の候補とした後、オバマの選挙キャンペーンが始まりましたが、その資金は全て、何百もの左翼政治団体を仕切る億万長者のジョージ・ソロスによって提供されました。ソロスはCFRの高位メンバーであり、カーライル・グループ(バチカンの前線部隊として仕えるグローバル企業)のメンバーでもあります。ハンガリーのユダヤ人であるソロスは、ブレジンスキーと同様に、極左の社会主義、共産主義者でした。ブレジンスキーは、ハースと同様に、Papal Court(教皇宮廷?)のユダヤ人であり、労働シオニズムです。また、彼はフリーメーソンのメンバーであり、ルパート・マードックの友人です。ソロスはハリバートンの大株主です。
マードックはオバマの保護者であり、オバマの反対勢力を統制しています。マードックはローマ・カトリック教会に大きく貢献したとして、1998年にローマ法王からナイト爵が叙されました。彼はジョージタウン大学の講義で、彼の会社、ニュースコープがイエズス会と同じであると話しました。マードックはCFRのメンバーです。」

2013年12月31日付け:
元世界銀行の職員で内部告発者のカレン・ヒューズさんの記事:

バラク・オバマは米大統領の実権を握ってはいません。彼は大統領としての権威など一切ありません。オバマは、陰の支配者(エリート)の看板役を務めているだけです。
世界を支配しているのは、アメリカ合衆国でも、ロシアでも、中国でもありません。それは。。。ローマなのです。

ローマ・カトリック教会、つまり、バチカンなのです。バチカンが世界を支配している唯一の機関なのです。しかし、そんなバチカンも、世界最大の男性支配の組織であるイエズス会に支配されているのです。

・・・・・(中略)・・・・・

シオニズムの創設者はテオドール・ヘルツルであり、ローマ法王と頻繁に会合しており、ユダヤ人を大量にローマ・カトリック教徒に改宗させようとした人物でもあります。シオニズムの真の策略者、資金提供者、プロモーターはロスチャイルド家です。ロスチャイルド家はテオドール・ヘルツルの後見人でした。ロスチャイルド家はローマ教皇制度の金融エージェントなのです。イスラエルは、バチカンに支配されており、エルサレムのラテン王国の復活を意味しています。
オヘアの下にはジョージタウン大学のジョンJデギオア?(DeGioa)がいます。デギオアは、マルタ騎士団であり、CFRのメンバーでもあります。彼はイスラエルの海外委員です。
デギオアの下には、リチャードNハースがいます。彼はCFR議長です。ハースは労働シオニズムのユダヤ人であり、アメリカ・イスラエル公共問題委員会の海外委員です。このように、ユダヤ人シオニストの多くは、ローマ法王を補佐するPapal Court(教皇宮廷?)のユダヤ人たちです。ハースの下には、CFR、ビルダーバーグ、三極委員会のメンバーのズビグネフ・ブレジンスキーがいます。

ブリジンスキーとデービッド・ロックフェラーは三極委員会の共同創設者です。ブリジンスキーはマルタ騎士団のメンバーであり、ポーランドのローマ・カトリック教徒です。彼はジョージタウン大学の顧問をしています。

ブレジンスキーはコロンビア大学でオバマの教授を担当しており、オバマを大統領候補として採用しました。
この辺で全体像が見えてきましたか。
ブレジンスキーがオバマを大統領の候補とした後、オバマの選挙キャンペーンが始まりましたが、その資金は全て、何百もの左翼政治団体を仕切る億万長者のジョージ・ソロスによって提供されました。ソロスはCFRの高位メンバーであり、カーライル・グループ(バチカンの前線部隊として仕えるグローバル企業)のメンバーでもあります。ハンガリーのユダヤ人であるソロスは、ブレジンスキーと同様に、極左の社会主義、共産主義者でした。ブレジンスキーは、ハースと同様に、Papal Court(教皇宮廷?)のユダヤ人であり、労働シオニズムです。また、彼はフリーメーソンのメンバーであり、ルパート・マードックの友人です。ソロスはハリバートンの大株主です。

マードックはオバマの保護者であり、オバマの反対勢力を統制しています。マードックはローマ・カトリック教会に大きく貢献したとして、1998年にローマ法王からナイト爵が叙されました。彼はジョージタウン大学の講義で、彼の会社、ニュースコープがイエズス会と同じであると話しました。マードックはCFRのメンバーです。
ジョゼフJバイデンは、副大統領であり、バチカンの重要人物のソロスとマードックの支配下にいます。バイデンはローマ・カトリック教徒でありイエズス会の大学(2校)から表彰されました。彼の息子はイエズス会のボランティアであり彼が通ったイエズス会の大学のロビーストとして活動しています。

バイデン副大統領の指導下で動いているオバマは、ローマ・カトリック教を学んだ32階位のフリーメーソンです。




(国際秘密力研究)さん
http://kokuhiken.exblog.jp/24683736/
イルミナティ思想の核心「理性崇拝」

以前、政府や自治体がマンナンバー制を応用して国民一人一人の健康状態を把握して健康管理をする制度を検討という話があった。違和感が凄い。これがブレジンスキーが言う「テクノトロニックの時代」か?国民の利益を謳いながらさり気なくオーウェル(国際秘密力の宣伝係だと考えている)が描いた世界に近づけつつある


ブレジンスキー「各個人に対する社会的・政治的管理を主張する立場が大いに強まるだろう。間もなく全市民に対する継続管理を主張することができるようになり、通例のデータに加えてすべての市民の健康と私的行動に関するもっとも詳細な個人データを含む最新ファイルを維持することが可能になるだろう

ジョン・コールマン著『300人委員会』から引用。マイナンバー制にしても、このブレジンスキーの「予告」の通りの方向に進んでいるように見える。ブレジンスキーは国際秘密力の知恵袋的な位置にいるので、個人情報の集約は国際秘密力が推進するNWO征略の一環だと思われる。




(太田龍の時事寸評)さん
http://www.ohtaryu.jp/blog/2501-2600/j-1225896776.html
十一月四日の米国大統領選挙の結果。
オバマの大勝。
オバマ大統領の出現は何を意味するか。

公開日時:2008年11月05日 23時52分
更新日時:2009年02月26日 01時15分

平成二十年(二〇〇八年)十一月五日(水)
(第二千五百九十七回)

◯十一月五日の当地の新聞、朝日、讀賣、毎日、東京の各紙夕刊は、十一月四日の
米国大統領選挙開票の状況を報道した。

◯オバマが、マケインに対して、圧勝し、民主党は、米国上院下院ともに、制した
と言う。

◯十一月六日の朝刊は、この選挙についての確実的な結果を報道するであろう。

◯二〇〇八年一月以来、W・G・タープレイが米国及び全世界の有志に警告して、
来た、ブレジンスキーを監督とし、オバマを主役とする米国でのポストモダン
ファシズムクーデターは、とりあえず、ものの見事に成功した、ように見える。

◯米国の政治権力は、ネオコンから、ブレジンスキー/オバマ体制に移行してゆく。


◯W・G・タープレイが述べているように、
六月上旬、オバマが、米国大統領予備選挙で、民主党の大統領候補としての選挙人
獲得数がほぼ過半数に近付いて、ヒラリーの過半数獲得の見込みがほぼ消えた時点
で、ブレジンスキー/オバマ陣営は、新たなクーデターに打って出た。

◯つまり、十一月四日の選挙の結果を待つことなく、
米国政府の実権をブッシュ/チェイニー陣営から、ロンドン(イルミナティ世界権力)
の了解のもとに、ブレジンスキー/オバマ陣営に奪取したのである。


◯このことを、いち早く察知して、それを公然、全世界に警告したのは、
W・G・タープレイのみであった。

◯タープレイによれば、その名称、その呼び方は、どうであっても、事実上、米国の
国家権力中枢は、六月上旬以降、ブレジンスキーの指揮下に入った。

◯ブレジンスキーは、ブッシュ政権の

ゲーツ国防長官、
ライス国務長官、
ポールソン財務長官、
統合国家諜報機関長官、
大統領国家安全保障補佐官

などをメンバーとするプリンシパル・コミッティーを使って、米国の権力を動かした、
と。

◯十一月四日の選挙結果は、より強く、この体制を、公然化し、合法化に正統化する
ことになるであろう。

◯しかし、もちろんこのことは、イルミナティの道具としてのアメリカの(西側世界の)
マスコミによって、完全に隠蔽されて居り、

◯従って、アメリカの市民、西側の支配下にあるすべての国々の市民は、その事実を
何も知らない。

◯イルミナティは、
ブレジンスキーの指揮下にあるオバマを首尾よく米国の大統領に当選させた。

◯イルミナティによって、このオバマ政権に与えられた任務は、ロシア包囲網の形成で
あり、ロシアの解体であり、最終的に第三次世界大戦、地球人類の人口のラジカルな
大削減へと、人類を巧みに誘導することである。


◯そしてその全過程を、ポストモダンファシズム的手法と国家体制によって、遂行する
ことである。

(了)




http://www.asyura2.com/09/gaikokujin01/msg/245.html
テックス・マーズが、一九七〇年のブレジンスキーの予告通りに世界が動かされ、操作されて来たことを指摘する。
平成十八年(二〇〇六年)五月七日(日)
(第一千六百七十回)
○テックス・マーズ主宰の「パワー・オブ・プロフェシー(預言の力)」、
 二〇〇六年、五月号。
○ここに、「我々の社会(米国)は、これらの悪のシンボルによって飾り立て
 られて居る。……」とあり、
○そして、彼は、一九七〇年に出版された、ブレジンスキーの
 「二つの時代の間で―テクネトロニック時代に於けるアメリカの役割」
 を引用する。
  「……それと同時に感情を操作し、理性をコントロールすべく、最新のコ
  ミュニケーション技術が有効に用いられることになるだろう。」

 
  (讀賣新聞社、『テクネトロニック・エージ』、二十九頁。直井武夫訳、
  昭和四十七年)
○ブレジンスキーの前出の著作は、
 ジョン・コールマン博士が、「三百人委員会」(KKベストセラーズ)その他
 の著述で、しばしば引用するので、その読者にはなじみ深いであろう。
○ところが、このブレジンスキーの古典的著作は、既に、
 一九七二年に、讀賣新聞社が邦訳を出版して居た。
○しかし、筆者の記憶では、この邦訳本は、殆んど全く問題とされることなく、
 消えてしまって居る。
○テックス・マーズは、
 ブレジンスキーが、三十数年も前に、今、我々の目の前で生じつつあることを
 予告した、と述べて居る。
○ 「……人間がますます操作可能と成り順応性をますにつれて、われわれの生は、
  凝集力を欠くように見える。すべてが一段と経過的で仮りそめのものとして映る。
  すなわち外的現実は確固たるものではなく流動的なものとなり、人間は純粋な
  存在というよりは多分に人工的に合成されたものに見えるのである。」

  (前出、三十一頁)
○工業化社会から、テクネトロニック社会へ。
○これは、一人の学者としてのブレジンスキーの個人的予測などと言うものではない。
○それは、イルミナティサタニスト世界権力が立てた極秘のアジェンダ(行動日程)
 を、イルミナティの幹部と幹部候補生向けに、一部、開示したものであろう。
○トフラー(ブレジンスキーと同じくユダヤ人)の
 情報化革命についての一連の著作は、同じことを、より「一般大衆」(或いは別
 の言い方をすれば『ゴイム=家畜人間』)向けに発信された、アジテーション、
 の一種と見るべきであろう。
○ブレジンスキーは、前出著作第一部を、次のように書き始める。
  「われわれの時代のパラドックス(逆説)は、人類がますます統合されている
  と同時に一層分断されて居ることである。」(十九頁)と。
○この本では、ブレジンスキーは、もってまわった、言い方をする。

○「テクネトロニック時代=高度電子工学的時代」に於いては、要するに、
○人類は、すべての歴史的伝統的人種的民族的家族的……その他すべてのつながり
 を、ことごとく、切断されて、バラバラの個体とされる。
 と、言いたいわけである。
○これは、既に、二十世紀前半、英国、そして次に米国に登場した、
 工場制家畜飼育産業によって形成された手法を、
○人類に対しても現実化しよう、と言うにひとしい。
○ブレジンスキーは、
 このテクネトロニック革命は、まず米国で実行され、そしてそれから全世界に
 拡大される。
○との戦略を提示して居る。
○この三十数年の歴史を、ブレジンスキーの前出著作の視点から見渡すと、
○まさしく、イルミナティのアジェンダ通りに、知らず知らずのうちに、人類が、
 そしてもちろん我々日本人も、操作されて来たことに思い至り、
○本当に、うなってしまう。


(了)
 


 
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/bookstand-inbou.html
◎ブレジンスキーらが麻薬の儲けで創設運営のFEMA(連邦緊急事態管理庁) 

●アメリカにおける国内独裁と国土管理のための備えとして重要なイルミナティ組織の一つが、連邦緊急事態管理庁(FEMA)である。FEMAは災害や緊急事態に対応するということになっているが、そんなことは活動内容のほんの一部にすぎない。政府機関として公式に予算が下りてくる活動がそれだというだけのことだ。実際のFEMAには、麻薬取引で数十億ドルにものぼる利益を上げているイルミナティ諜報機関から秘密裏に金が出ている。(中略)
 FEMA創設の中心人物はズビグニュー・ブレジンスキーで、デーヴィッド・ロックフェラーの命令で三極委員会を操る男だ。ブレジンスキーは1970年の著書『テクノトロニック・エージ 21世紀の国際政治』ですでに、一握りのエリートが政治的金融的権力と監視テクノロジーを使って国民を管理し、大衆を支配するだろうと予言していた。そんなことを自信を持って言えたのは、ブレジンスキーが計画の中味を知っていたからだ。

●FEMAとその付属機関は、大統領命令によって、「国家的事態」には生活のあらゆる面を管理する権限を与えられている。しかも、政府内にいるイルミナティのフロントマンは、いつでもそうした権力に訴えることができるのである。そうした状況になれば、FEMAは居住地や就業地を国民に強制することができる。人々は住む家を追われ、農地や企業も含めた財産を差し押さえられる。子どもたちから引き離されることもあるだろう。
 FEMAには、あらゆる通信、食料、エネルギー源、医療保障、財務、教育、福祉、交通機関、さらには個人所有の車まで奪う権限がある。郵政公社総裁は、老若男女のすべてに登録を命じることができる。さらに強制収容所ないし「仮収容所」のネットワークを管理するのもFEMAだ。そうした収容所はすでにアメリカにあって、イルミナティのファシストによる国家乗っ取りが完成した暁には、反体制派や「トラブルメーカー」を収容しようと待ちかまえている。アメリカに強制収容所? そう、あるのだ。これについては後で詳しく述べようと思う。




(さてはてメモ帳)さん
http://satehate.exblog.jp/10223817/
オバマの「変化」が本当に意図しているものが何なのかは、オバマの背後にいる陰謀団と、オバマがすでに任命した政権チームを見るだけで十分に判断できる。オバマの指導者であり、オバマを操っている中心人物は、カーター政権の国家安全保障補佐官であり、デーヴィッド・ロックフェラーとともにイルミナティの三極委員会を創設したズビグネフ・ブレジンスキーである。

ブレジンスキーは、1970年代後半、ソ連のコントロール下にあった首都カブールのアフガン政権に対抗するために、今日「テロリスト」と呼ばれている部隊を養成し、資金提供し始めたのは彼であると公然と認めている。彼によると、その目的は、カブール政権を守るためにソ連がアフガニスタンに侵攻するようそそのかし、ライバルである超大国にも「ベトナム」をお見舞いしてやることだった。この計画によって、1979年から1989年のソ連占領期を通じて百万人のアフガン人の生命が犠牲となったが、そのような影響についてブレジンスキーは一向に気にしていない。

ブレジンスキーの「自由の戦士」たちは、ムジャヒディンとして知られるようになり、後にタリバン、アルカイーダといわれるものになった。これが「反戦」オバマの背後にいる男である。カーター大統領は、こと外交政策に関しては、カーターを大統領に「選んだ」三極委員会の共同設立者であるブレジンスキーの了解なくしては、何もやろうとしなかったことは周知の通りである。

三極委員会と、フォード基金のようなイルミナティの前線組織を含むブレジンスキーの広いネットワークは、いま、オバマを選んだ。状況は同じである。発射命令はブレジンスキーがやる。オバマはそれを人々に売り込むだけである。ブレジンスキーがロシアと中国を巻き込む戦争を仕掛けたがっていることを考えれば、これはかなり危険な状態である。

オバマの政策は、ブレジンスキーの著作から直接来ている。一つブレジンスキーの本から引用してみるのでわかってもらえるだろう。これはオバマが大統領選に出る前に書かれている。

「社会の見直しが必要である。それは、利己的なものでなく、より高尚な目的に奉仕するという考え方を重視した、計画的な市民教育によって実現されるであろう。このような対策が緊急に必要であるとすでに指摘している人もいるが、この方向性に沿った具体策として、中心となるのは、すべての若者を対象に強制的に国のサービスに従事させる期間を設けることであろう。それには議会で承認される国内外の慈善活動も含まれるであろう」

どこかで聞いたことがあるような・・・?

イルミナティの工作員であるブレジンスキーの目的は、世界政府をつくり、世界中央銀行、世界通貨、世界軍を創設し、地球規模のコンピュータと衛星システムに接続されたマイクロチップ埋め込み人間によって支えられた地球規模の独裁体制を築くことにある。 ブレジンスキーは1970年に『二つの時代の間に:情報ネットワーク技術時代の米国の役割 Between Two Ages: America’s Role in the Technetronic Era』という本を書いた。その中で、彼と彼のご主人たちが押し付けようとしている地球社会の計画について述べている。

「情報ネットワーク技術時代では次第に社会の管理は強化されていくことになる。伝統的な価値にとらわれないエリートによって支配される社会になるだろう。やがて全ての市民には絶え間ない監視が行き届くようになり、市民の個人情報の大半は常に最新状態の完全なデータとして保たれることになるだろう。こうしたデータは、政府によって瞬時に検索される状態となる」

同じ本であるが、四十年近くも前にこんなことも書いている。

「現在、我々はまたしても超国家的なエリートの出現を目の当たりにしている……その結束は国境を越える……やがて、発展した諸国の社会的エリート達の多くは、外見も中身も極めて国際主義、地球主義者になることであろう…民族国家は次第に主権を明け渡しつつある……今後一層の進展にはより多くの米国の犠牲が求められる。今日の比較的良好な米国の地位に対して必然的にリスクをもたらすことになるが、より懸命な努力によって、新しい世界の金融構造が形成されなければならない」

そして彼の傀儡人形であるオバマは、今、「変化」をもたらすためにアメリカ人が何をしなければならないと言っているのか? 「犠牲になること」である。 ミセス・デマゴーグ(煽動者)のミッシェルは言った。

「われわれの精神は壊れているから、今までとは違うリーダーシップが必要です。われわれにはインスピレーションが必要なのです。今までとは違う場所を目指して、われわれの背中を後押しするために犠牲を引き受けなければならないのです」

この犠牲というのは、ブレジンスキーが何十年も描いてきた地球独裁支配への道のりにおいて、主権と自由が犠牲になるという意味を間違いなく含んでいる。

ブレジンスキーの息子のマークは、オバマの選挙キャンペーンの「助言者」であった(父親に言われた通りのことをした)。一党支配国家のアメリカであるから、ブレジンスキーのもう一人の息子イアンはマケインの選挙キャンペーンの外交政策の助言者であった(父親に言われた通りのことをした)。ブレジンスキーの娘ミカは、MSNBCテレビで選挙キャンペーンを報道した。

オバマは長い時間をかけて選ばれた人物であるが、この事実は深奥の内部関係者の数人しか知らない。オバマとブレジンスキーの関係は、およそ1980年代初頭にまで遡る。その頃、オバマはアイビーリーグであり、一流のイルミナティ学校であるコロンビア大学に通っており、ブレジンスキーはそこで共産主義問題研究所長をしていた。オバマはこの当時のことを絶対に話そうとしない。

ここで質問してみたい。「人民の男」が何もないところからひょいと出現し、アメリカ史上もっとも巨額の資金を注ぎ込み、手の込んだ技術を使った大統領選挙に出馬することができると、本当に思っている人はいるだろうか? オバマは、そのオバマが「自由」にしたいと言っているまさにその人々を奴隷化するという願望を持った人々によってはるか昔に選ばれたのである。





http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1162.html
オバマはユダヤシオニストの悲願である「世界最終聖戦争」に世界を誘導する為に選ばれた?
「改めてオバマの正体を探る、嘘八百の情報操作に騙されるな」





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。