「100%Cotton」を、100%堪能あれ!  JAMES COTTON - ブルース
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

「100%Cotton」を、100%堪能あれ!  JAMES COTTON

「100%Cotton」JAMES COTTON


先日、他界したジェイムズ・コットンの1974年の代表作である。
ジェイムズ・コットンは、あのサニー・ボーイ・ウィリアムソンⅡにブルース・ハープの手ほどきを受けた男であり、リトル・ウォルターの後任としてマディ・ウォーターズのバンドでハーピストとして活躍した男である。

本作を聴けば、コットンが只者ではないことがご理解いただけるだろう。
本作でコットンは、ブルース・ハープだけでなくヴォーカルでも活躍している。
ヴォーカルとしての最高のナンバーは、やはり「Rocket88」だろう。
パワフルかつソウルフルな、ご機嫌なナンバーである。

本作は、ブルースというジャンルに収まり切れない。
ソウルフルであり、ファンキーであり、リズム&ブルースの雰囲気も漂っている。

コットンは、プレイヤーのみならず作曲家としても超一流だ。
10曲中5曲がコットンの自作である。
特に、「Creeper Creeps Again」「How Long Can A Fool Go Wrong」は秀逸だ。
コットンのハープが縦横無尽に暴れまくっている。

本作には、ブルース・ギターの名手マット・マフィーが参加している。
マフィーは、映画「ブルース・ブラザーズ」でアリサ・フランクリンの尻に敷かれる亭主役を演じたことでも有名である。
マフィーが作曲した曲が2曲収められている。
特に「Burner」は秀逸だ。これまた、コットンのハープが炸裂している。

とにかく理屈抜きに楽しめるアルバムである。
プレミア故に少々値は張るが、是非、購入して聴かれることをお勧めする。

「100%Cotton」を、100%堪能あれ!






評点:100点





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT COMMENT

非公開コメント