私物国家、私物球団・・・ - 千葉ロッテマリーンズ・プロ野球

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック

私物国家、私物球団・・・

「千葉ロッテマリーンズ・伊東監督の選手起用について思うこと」


今回は、千葉ロッテマリーンズのことについて書く。
興味のない方はスルーしてほしい。

私のいやな予感が当たってしまった。
以前「千葉ロッテマリーンズの開幕スタメンオーダー」に関する疑問記事を書いた私だが、
そこで書いたいやな予感が当たってしまったのだ。
「たかが長いペナントレースの一試合」と伊東が思っていたのかどうかは知らないが、
一試合を軽く見ていたツケがここまでたまってしまうとは・・・
誰がどう考えてもおかしい「一番、岡田」の開幕スタメンオーダー。
このような“おかしい”選手起用を見た他の選手が、「真面目に野球に取り組んでいても阿保らしい」「やってられない」と、やる気をなくしてしまったとしか思えないのである。

今のロッテのほとんどの選手の打率が一割台なのだ。
今のロッテで二割の打率であれば、他チームの三割バッター並みの存在なのだ・・・
打てない打線の責任を選手のみに押し付ける伊東監督。
私はもう伊東の疑問だらけの選手起用には黙っていられない。
はっきり言って「責任とって今すぐ辞めろ!」と、言いたい。
「選手起用を私物化するな!」と、言いたい。
オーナーに気に入られたのが理由で監督に採用されたのかどうかは知らないが、ロッテに対する愛着もさほど感じられない外様大名のアンタの選手起用にはもうウンザリだ。
堀を監督にしてほしい。ロッテOBの村田や黒木や初芝をコーチに呼び戻してほしい。

伊東の選手起用で一番腹が立つのは、
「選手に対する好き嫌いが激しい」と感じることだ。
気に入らない選手は先発をさせないか、させても打たれたら即座に二軍落ちを命じる。
オープン戦で好投していた大嶺兄はいまだに先発起用されていない。
西野は一度打たれただけで即二軍降格だ。
昨年大活躍した石川でさえ二軍降格させ、五月末までは一軍に上げないつもりらしい。石川が打たれたのは事実だが、ケガもしていない実質上のエースをそこまで二軍に置いておく必要がどこにあるのだ。
松永は貴重なサウスポーであるにもかかわらず敗戦処理のような展開でしか起用しようとしない。

伊東が気に入っていると思われる選手の名前を出そう。
何故か伊東は、これらの選手が「打たれても」「打たなくても」二軍に降格させないようである。他の選手は「打たれたら」「打てなければ」即二軍降格させるくせに。
投手では涌井、益田、野手では岡田、田村である。

涌井はFAでロッテに加入した際に伊東が貢献したこともあり、優遇されているようだ。

益田はクローザーを任されておるが、球速、コントロールともにクローザーが務まるレベルではない。昨日は1対1の試合をぶちこわした。前にも、二木が好投していた試合を西武のメヒアに逆転2ランを打たれてぶちこわした。であるにもかかわらず、二軍降格どころかクローザー失格の評価も伊東は下そうとしない。このままでは同じ失敗を繰り返してしまうだろう。好投している先発投手が可哀想だ。「打線は打たない。好投しても抑えが打たれてしまう。監督はわけのわからない采配をしている。こんなチームにいても損をするだけだから、早いとこFAをして他チームに移籍しよう。」と、先発投手に思われても仕方ないのかもしれない。言っておくが、私は益田を責めているのではない。益田だって好きで打たれたわけじゃないんだ。真剣に打者を抑えようとしたのだが、実力のなさが原因で打たれただけなのだ。非難すべきは、選手が持つ能力の判断を見誤っている伊東にあるのだ。本来ならクローザーは内に任せるべきだろうが、内はケガの多い選手なので無理もあるだろう。西野をクローザーに戻すなり、南やルーキーの有吉や酒居に任せるのも、一つの手だろう。

岡田はいまだに25打数でヒットが出ていない。0割である・・・。荻野や清田は打撃不振で二軍降格させられたが、岡田は一軍のままである。昨日の試合では、いくら荻野や清田が打撃不振だと言っても、一割は打っているのである。0割の岡田よりはマシだろう。昨日の試合で伊東は、一死から三木にバントを命じた。次のバッターのタイムリーに期待したようである。次のバッターは岡田である。三木は送りバントを失敗したが、腹も立たなかった。どちらにしても結果は予想がつくからである。予想通り、岡田は凡退した。改めて言っておくが、私は岡田を責めているのではないのである。岡田もなんとかヒットが打ちたいと思っているはずである。責めるべきは、チャンスで一番タイムリーが期待できる選手を起用しようとしない伊東の采配にあるのだ。

田村は当初バッティングが全然ダメだったが、昨年急成長した。ずっと使い続ければ、さすがに慣れてくるのだろう。ある意味では、伊東の我慢強い選手起用が田村を育てたのだろう。その一方で冷遇されているのが吉田である。吉田は強肩捕手であるのにもかかわらず、田村と比べて極端にゲームに出してもらっていない。今年は、少し起用されている。結果、投手を好リードしてチームの勝利に貢献したのにもかかわらず、すぐに田村に戻されてしまった。伊東はプレー云々で選手起用しているのではなく、ひょっとして風貌が自分に似た田村を気に入り、イケメンの吉田を嫌っているのではないのだろうか(笑) 吉田も“対策”を考えて(?)、髭を生やしイケメンに見えないようにすることで伊東に気に入られようとしているのだろうか? もし本当にそうであるのなら、可哀想になってくる(苦笑)・・・

プロ野球は「結果でナンボ」の世界である。問題はあるだろうが、結果が出ていたら、少々のえこ贔屓は許されるのかもしれない。しかし結果が出なければ、責任者である監督は責任を取らなければならない。最悪の結果しか出ていないのに、好き勝手な疑問だらけの選手起用をすることは許されないのだ。チームの敗因の責任を、選手のみに押し付けてはならない。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。