「I'm Sorry About That」WILSON PICKETT - ウィルソン・ピケット
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

「I'm Sorry About That」WILSON PICKETT

今日の一曲は、ウィルソン・ピケットの「アイム・ソーリー・アバウト・ダット」です。
以前、忌野清志郎がラジオでこの曲を紹介し、「タイトルがかっこいい」と言っていたことを覚えています。








サウンド・オブ・ウィルソン・ピケットサウンド・オブ・ウィルソン・ピケット
(2012/10/03)
ウィルソン・ピケット

商品詳細を見る

COMMENT

NoTitle

初めまして。

お邪魔してちょくちょく聞かせて頂いています。
中でもこの曲、とても好きになりました。

ジャンルもよくわからない音楽音痴ですがとても好きな曲に
出会えて嬉しいです。
感動のあまりコメントを残したくなりました。
ありがとうございます。

Re: NoTitle

> 初めまして。
>
> お邪魔してちょくちょく聞かせて頂いています。
> 中でもこの曲、とても好きになりました。
>
> ジャンルもよくわからない音楽音痴ですがとても好きな曲に
> 出会えて嬉しいです。
> 感動のあまりコメントを残したくなりました。
> ありがとうございます。

こちらこそ、初めまして。

大阪弁であれば、「すんまへん、それのことやで」と、たわいもない歌詞なんですが、
英語であれば、歌詞の重みが全く違ってくるのが不思議ですね(笑)

これからも、ちょくちょくご訪問くださいm(__)m

EDIT COMMENT

非公開コメント