チームとして一番怖いのは、「敗因を理解していない」ことなのです。 - 千葉ロッテマリーンズ・プロ野球

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 最新トラックバック 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

チームとして一番怖いのは、「敗因を理解していない」ことなのです。

「千葉ロッテマリーンズの開幕スタメンオーダーについて思うこと」


私がイルミナティ悪魔勢力やその末端の手先である安倍を批判しているのは
皆さんご存知のとおりですが、
私はそういった巨悪のみならず、小さい悪も許すことができません。
「そのぐらい別にええやん」と思われるかもしれませんが、許すことはできません。
何故なら、その物事に対して、真剣に考えているからです。
どーでもよかったら、別に腹も立たないでしょう。
どーでもよくないから、腹が立つんです。

こんなことを書くと、「堅物」のように思われてしまうかもしれませんが、
「素の私」は「堅物」とは正反対の人間でもあります。
最近でこそ飲み会に参加することもめっきり少なくなりましたが、
サラリーマンだった頃は、「宴会男」で周囲ではメチャ有名でした。
自分では意識していないんですが、気が付いたら場を盛り上げていました。
このような「お調子者」「宴会男」の面を持ち合わせている私ですが、
“その場その場を適当に生きていく”ことは苦手でした。
苦手どころか、釣りバカ日誌の浜ちゃんのような人物が近くにいたら、
ムカッとしていたでしょう。
宴会になったら浜ちゃん顔負けの「道化者」となるくせに、
仕事中にいい加減に手を抜く奴は許せませんでした。
「堅物」と「宴会男」の相反する二面性を持つ天然記念物、
これが「素の私」なのかもしれません(爆)

前置きが長くなりました(笑)
今回私が書こうとしているのは、千葉ロッテマリーンズの開幕スタメンオーダーについてです。
何? 「そんなん、どーでもええやん」て?
いや、「どーでもええ」ことありません。
千葉ロッテマリーンズの真剣なファンであるからこそ、不満があるのです。
千葉ロッテの開幕スタメンオーダー及びその結果は、このようなものでした

私が腹を立てたのは、ズバリ「一番、岡田」の起用です
ちなみに見てないでしょうが、もし岡田さん、このブログを見ていたとしたら、
気を悪くしないでください。
私は、別に岡田選手が嫌いなわけではありません。
あなたの守備は素晴らしいと思います。
恐らく12球団一の名外野手でしょう。
千葉ロッテマリーンズの大ファンの私は、
マリーンズの選手なら全員自分のことのように愛していますし応援しています。
ただ全員が一軍に残れるわけではありませんし、
開幕スタメンオーダーに起用されるのはごく一部の選手に限られます。
だから、誰もが平等に、その実力で、残した結果で、
栄えある開幕スタメンオーダーの座を勝ち取ってほしいと思うのです。
周囲の誰もが「アイツはあれだけ実績を残したんだから開幕スタメンオーダーに名を連ねるのは当然だ」と思うような選手起用をしてほしいのです。
昨年度も、オープン戦も、岡田選手の打撃成績は、たいしたことありませんでした。
伊志嶺選手は昨年全くダメでしたが、オープン戦で3割を残しました。
清田選手は昨年度はダメでしたが、一昨年は好成績を残しました。
この二人を押しのけて開幕スタメンに起用された岡田選手は、3打数ノーヒットの結果でした。
結果論ではありませんが、プロなんですから判断の良し悪しは結果でしか判定できません。
伊藤監督は敗因を後半に投手が打たれたことや、
“たまたま”打線が打てなかったことを挙げるのかもしれませんが、
「開幕スタメンオーダーの判断ミス」を挙げることはないでしょう。
他の選手も、本音では、この開幕スタメンオーダーに疑問を持ってることでしょう。
声を上げると監督批判・首脳陣批判になってしまうので、選手は黙るしかありません。
だから、代わりに私が声を上げているのです。
監督は「長いシーズンの一試合に過ぎない」と思っているのかもしれませんが、
こういった「疑問に残る開幕スタメンオーダー」がもたらした敗戦が“たかが1敗”では済まなくなり、
シーズン終了時には「取り返しのつかない結果」を招いてしまうかもしれないのです。
敗因を単に選手のせいにして、自らの「開幕スタメンオーダーミス」にあることを認めず、
コーチ陣もそのことを指摘しないで放置している限り、“同じ過ち”を繰り返してしまうでしょう。

チームとして一番怖いのは、「敗因を理解していない」ことなのです。

やるだけやって負けたのなら諦めもつきますが、
やるべき手を打たずに負けたのなら、後悔が残るだけです。

千葉ロッテマリーンズの応援は、12球団1だと思います。
私も、あの一糸乱れぬ纏まった肉声のみの応援が大好きです。
しかし、この素晴らしい応援の裏に、「ファシズム性」を感じることもあります。
それは、あまりに優等生的な応援であるがために、
監督や選手に対する批判が厳禁となっていることです。
球場でそういった批判の声を上げようものなら、白い目で見られる雰囲気があるのです。
「お前は本当に千葉ロッテマリーンズのファンなのか!」といった・・・
どこかの球団のファンのように汚いヤジだらけなのも問題ですが、
優等生すぎるのも問題だと思います。

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。