選手の気持ちを理解しない監督~国民の気持ちを理解しようとしない首相 - 千葉ロッテマリーンズ・プロ野球
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

選手の気持ちを理解しない監督~国民の気持ちを理解しようとしない首相

「WBC日本の敗因について思うこと」


WBCで日本がアメリカに負けた。
日本の敗因は、守備のミスもあったけど、基本的に1点しか取れなかった打線にあるのだ。
「セリーグ中心の野手選考」が原因なのだ!
「侍ジャパンでなく侍セリーグである」ことが原因なのだ!

http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1907.html
これでは侍ジャパンではなく侍セリーグである
「WBC選手選考について思うこと」



ところで、問題発言をしている人物がいた。


http://www.nikkansports.com/baseball/news/1796102.html
ロッテ伊東監督、侍ねぎらう「野球界のために」
[2017年3月22日18時30分]
ロッテ伊東勤監督(54)が22日、準決勝で惜敗したWBC日本代表をねぎらった。
 この日の中日戦(ZOZOマリン)後、戦いを終えた侍ジャパンについて口を開いた。
 「世界一になるには、いかに難しいことか。今回、他の国のメンツを見ても、かなり強力なメンバーが出ていた。でも、1次、2次予選を日本でやって、盛り上げてくれたことは、我々としてもありがたかった。できれば決勝に行って欲しかったけど、接戦でよく頑張った。勝ち負けはあること。一発勝負ができた選手は、良い経験をした。日本に戻ってきて、NPBで活躍すれば、ファンもまた球場に足を運んでくれる。野球界のために頑張ってくれた」
 自らは、09年の第2回大会で総合コーチを務めた。「僕は運良く優勝できたけど、それ以上に得る物がある大会。個人的には、ロッテから代表に選ばれる選手がもっと出てくればと思います」と願った。今回、ロッテから代表入りしたのは、投手の石川1人だけだった。





「なんでパリーグ・ダントツトップの首位打者であるうちの角中を選ばないんだ!」と言わないんだ!
そのような発言があれば、角中も男気を感じ、「この人のために優勝するぞ」という気になるだろう。
自分が預かったチームの選手の気持ちも理解できていなくて、評論家ぶった発言をしているようじゃ選手はついていかないよ。

私は千葉ロッテマリーンズのファンであるからこそ、伊藤監督のこの発言は看過できないものであった。
伊藤さん、昨年度千葉ロッテが3位になったことを周囲から「監督の力によるものが大きい」と評価されているのかもしれないが、「角中の活躍がなかったら3位どころか最下位になっていたかもしれない」ことを、理解されていますか。
その大殊勲者である角中のWBC選考漏れに一言も文句を言うこともなく、「ロッテから代表に選ばれる選手がもっと出てくればと思います」なんて、他人行儀な発言がよくできたもんですナ!

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント