ショッカーを創ったのは、仮面ライダーなのだ。ショッカーと仮面ライダーは、グルなのだ。 - 戦争

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

ショッカーを創ったのは、仮面ライダーなのだ。ショッカーと仮面ライダーは、グルなのだ。

「地球支配階級が仕掛けた悪魔の世界戦争ビジネス」鈴木啓巧


2011年の書である。
以下、一部引用する。



*1950年6月、朝鮮戦争が勃発した。あれはいったいなんだったのか。極東地域を動揺させた朝鮮戦争は、米軍事産業の在庫処分戦争だった。
朝鮮戦争は韓国と北朝鮮の戦いだが、実体的には米国と北朝鮮の戦いである(北朝鮮の背後には中国が存在するが、中国内部に米国のスパイが存在することは先に述べた)。
当時、米国政府は韓国軍への兵器・軍事物資の支援を惜しまなかった。米国はトルーマン大統領の時代で、国務長官はディーン・アチソンだった。
ところで国務長官ディーン・アチソンは米国プライス・ウォーターハウス・クーパーズ社と親密だった。米国プライス・ウォーターハウス・クーパーズ社は表面的には経営コンサルティング会社だが、実体的には米軍の軍事戦略策定のブレーン組織であり、同時に米軍の諜報組織でもある。同社は北朝鮮が建国されたときから平壌に入りこみ、ビジネスを展開していた。つまり同社と北朝鮮は関係がある。国務長官ディーン・アチソンはプライス・ウォーターハウス・クーパーズ社を使って、北朝鮮へも兵器・軍事物資を支援した。
要するに米国は、韓国と北朝鮮に兵器(軍事物資)を売っていたのである。朝鮮戦争が韓国と北朝鮮の戦争(米国と北朝鮮の戦争)というのはウソなのだ。あれは朝鮮人同士を戦わせ、米国軍事産業が儲けるための芝居だった。
1945年8月、第二次世界大戦が終わって米国の産業界は大不況に陥っていた。戦争ビジネスを展開する米国軍事産業はなおさらのことである。さらに彼らの手元には在庫兵器があふれていた。それで彼らは朝鮮戦争を作りだしたのである。
だから朝鮮戦争の目的は、米国(韓国)が北朝鮮に勝つことではない。ダラダラと戦争をやって米国軍事産業が大儲けすることだ。それゆえ戦争は3年にも及んだ。日米戦争(大東亜戦争)でも4年である。朝鮮戦争の3年がどれほど長いかはわかるだろう。これでは死んだ朝鮮人は浮かばれないが、彼らはそんなことは気にしない。

第4回十字軍ではヴェネチア市が主導権を握った。これはどういうことだったのか。
当時の十字軍は、地中海の海上輸送をヴェネチア市が担当していた。第4回十字軍ではそのヴェネチア市が主導権を握り、自らの商業圏拡大のために東ローマ帝国の首都コンスタンティノープルを占領・略奪、同地に「ラテン帝国」を樹立したのである。つまり、この動きは十字軍でもなんでもない。商業都市ヴェネチアによるキリスト教徒略奪なのだ。
これはいったいなんだろうか。当時、商業都市ヴェネチアを支配していたのはユダヤ人(ユダヤ金権勢力)だった。彼らにしてみれば十字軍などはどうでもいいことなのだ。
●十字軍の背後で「黒い貴族」(ユダヤ人集団)がキリスト教徒を略奪した
彼らの目的は、自分たちが儲けることである。それで彼らは聖地エルサレムに向かう代わりに東ローマ帝国の首都コンスタンティノープルを占領、帝国の富を略奪した。そして「ラテン帝国」(ユダヤ金権勢力が支配する国家)を樹立した。同帝国はそれから半世紀以上も存在した。だが、1261年、東ローマ帝国に反撃されて滅亡する。
ならばヴェネチア(ユダヤ金権勢力が支配する国家)とはなんなのか。
8世紀、ヴェネチアは地中海に向けて発展した。東方貿易が主力だったが、東方には東ローマ帝国、さらにはイスラム帝国が存在した。彼らにとって両者は邪魔な存在だった。それで彼らは十字軍を仕掛けたのだ。十字軍の背後には「ユダヤ金権勢力」が存在したのである。
そのような十字軍が、3回続いた。そして彼らが前面に出てきた。それが第4回十字軍だ。このとき彼らは本性を剝きだしにした。聖地奪還などどうでもいい、彼らの目的は東方の富である。以降、彼らは地中海東部各地に領土を獲得し、アジア貿易を幅広く展開。ヴェネチアは「東方の窓」と呼ばれた。この窓の正体は「黒い貴族」だったのだ。

*だがここで一点だけ。ケネディを実際に狙撃したのはだれなのか。映像を見るとケネディは、明らかに前方から頭部を撃ち抜かれている。頭部が後ろに向かってのけぞっているからだ。だがFBIは、クルマの斜め後方に位置していた教科書会社倉庫を捜査した。そのためFBIの捜査は、最初からデタラメだったといわれている。それは正しい。
しかし、映像通り前方から狙撃したとするとかなり遠距離から狙ったはずで、狙撃手はかなりの腕前の持ち主ということになる。実はケネディを狙撃したのは、目の前にいた運転手なのである。運転手はケネディのすぐ前にいた。彼は拳銃を左手に持ち、右肩越しに狙撃したのだ。驚いた妻ジャクリーンは、それで後部トランクに逃げようとしたのである。




(管理人)
知ってか知らないでかは分からないが、著者は相変わらず「ロックフェラーとロスチャイルドが対立している」という嘘を書いている。
このことについては以前書いたので、ここでは触れない。
このことだけは残念だが、著者は本書のタイトルにもあるように、基本的に「戦争が「彼ら」によって仕組まれた八百長(=ビジネス)である」ことを理解されている。
このことは重要なことなので、素直に評価したい。

著者はここに紹介したこと以外にも、広く多岐にわたってこの世界の嘘八百を書いている。
ここでは朝鮮戦争及び北朝鮮という国家自体に絞って書いてみたい。
朝鮮戦争は、数限りなく存在する八百長戦争の一例に過ぎない。
「すべての戦争が八百長である」ことを、我々は明確に理解しなければならない。
朝鮮戦争が八百長であるという以前に、朝鮮半島が韓国と北朝鮮に分断されたこと自体が、「彼ら」の計画によるものなのだ。

「イムジン河」の歌詞に「誰が祖国をわけてしまったの」とあるが、
その犯人は「彼ら」なのだ。


北朝鮮というお化け国家を創ったのも、「彼ら」なのである。
「彼ら」が偽りの緊張状態を作り出すために、
武器兵器を売るために、
八百長戦争をしかけるために、
人口削減を成し遂げるために、
お化け国家・独裁国家が必要なのだ。
戦争を創作するには、敵が必要なのだ。
共産主義国家、テロ国家・テロリスト、独裁国家、
これらの「敵」は、すべて「彼ら」が創り出したものなのだ。

「敵」が存在しなければ、「彼ら」は戦争ができないのだ。
ショッカーがいなければ、仮面ライダーは“正義の戦い”ができないのだ。

ショッカーを創ったのは、仮面ライダーなのだ。

ショッカーと仮面ライダーは、グルなのだ。

「彼ら」が創作した「敵」が、ソ連でありヒトラーでありイスラム国であり北朝鮮なのだ。


「彼ら」が本気で北朝鮮を倒そうと思えば、簡単に倒せるのだ。
しかし、「彼ら」はそうしない。
「彼ら」の目的が戦争に勝つことではないからだ。
自分たちが創り出したお化け国家を倒しても仕方ないのだ。
「偽りの緊張状態」「偽りの戦争」が「偶然」発生したかのように見せかけるために、
マスゴミが存在しているのである。

国民を騙すためにマスゴミ(ダマスゴミ)が存在しているのだ。

トランプが語る「大手メディアは国民の敵である」ということは、このことなのだ。





評点:60点

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。