この肉体から俺を解き放ってくれ 俺と一緒に動いているこの大きな塊からこの肉体を遠く離れたところに行かせてくれ LOU REED - ルー・リード、ヴェルベッド・アンダーグラウンド

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック

この肉体から俺を解き放ってくれ 俺と一緒に動いているこの大きな塊からこの肉体を遠く離れたところに行かせてくれ LOU REED

「MAGIC AND LOSS」LOU REED


1992年のアルバムである。
ルーの親友であるドク・ポーマス(ブルース歌手)とリタが、二人とも癌で死去したことに触発されたとのことである。私は当初このアルバムがこういった趣旨で作られたことを知らなかったのだが、歌詞の内容を見て、「どう考えても親しい人物の死がテーマになっているな」と感じたのだが、やはり、そういうことだった。
一つのテーマを題材として、これだけ歌詞の世界を膨らませていけるルーという男は、只者ではない。
そして、友人の死にここまで想いを込めることのできるルーという男は、実に優しい人物であるとも感じた。
特に印象に残った曲に、少し触れておく。

「ドリタ」
物語の始まりを知らせるファンファーレのようなインストである。

「ホワッツ・グッド」
「人生はマヨネーズ・ソーダのよう 人生は狭っ苦しい空間のようだし
ベーコンとアイスクリームを合わせたよう それが君のいない人生なんだ」
いかにもルーらしい人生観である。

「パワー・アンド・グローリー」
幻覚性物質を摂取して見た光景を記したような歌詞である。実際にルーは、この光景を見ていたのではないのだろうか。ジミー・スコットのバック・ヴォーカルが効果的である。

「マジシャン」
「この肉体から俺を解き放ってくれ 俺と一緒に動いているこの大きな塊からこの肉体を遠く離れたところに行かせてくれ」と歌う、内省的な曲である。恐らく、友人の癌で思うようにならない身体に対するもどかしい想いを推察して書いたのではないのだろうか。

「スウォード・オブ・ダモクレス」
癌治療のウソを、暗に歌っているような気がする。放射線治療や抗がん剤のウソを、当然、ルーは知っていたと思われる。

「ウォーリア・キング」
本作の中では数少ないロックである。
しかし、その歌詞は単純明快でないことを付け加えておく。








評点:80点

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。